碧落の砂時計 2009年11月

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
二日酔いで折角の休日を丸一日寝てつぶしやがった大馬鹿野郎です。でも二晩経った今も、いまだに調子が悪い…これが噂の三日酔い?というか最早別の要因か?;
年齢か疲れか分かりませんが、とにかくもう1日半以上しんどいです。起き上がっていられないのだから、ある意味風邪以上にやばい。一人絶賛反省中です。
(時々起きてPCだけちょっといじってはまた寝ています。書き溜めも若干しています。今日はそろそろ起きたいな…てか嫌でも起きねばいけないんだけど)

というわけで書きあがってはいましたので、「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」UPしました。
ちょっとはお話が動いた……?ことにしてやってください。
前回の素敵イラストに拍手くださった皆様、ありがとうございました!

それにしても、頭痛い…気持ち悪い…ふらふらする…。
以下は11/26、29にいただいた拍手メッセのお返事です!↓

サイトTOPへ
  
スポンサーサイト
なななんと、このたび恐れ多くも「博愛チューリップ。」に素敵すぎるイラストをいただいてしまいました…!(※「初恋ガーデン」「ハルハナノミ。」の元となる作品です)ucd様、お忙しいところ本当に本当にありがとうございました!
あくまで描いてくださった方のイメージとのことですが、興味のある方ぜひぜひご覧くださいませ。美麗です。
画像(PCはサムネイル画像)をクリックしていただくと、いただいたイラストが表示されます。あまり画像を潰したくなかったため、大き目の画像で表れますがご了承くださいませ。

本編最終話の2人
↑「博愛チューリップ。」本編最終話より日向と千景。「花言葉、教えてもらっていい?」のシーンとのこと…ちょっと!このままちゅーでもしちまうんじゃねえか!と鼻血を吹いたのは内緒です。

御礼SSの2人
↑こちらも以前公開していた、アンケート御礼SSのシーンより。ブログの仕様上、画像サイズに上限があるようでつぶれてしまいすみません!
日向のでっかい肩掛けカバンにモエてしまった私です…;彼は1本、千景は花束のチューリップを後ろ手に持っています。

本当に自分は幸せ者だなあと思います…。これからもがんばります(号泣)ucd様、本当に本当に私などのために貴重なお時間をありがとうございました。

サイトTOPへ
 
「ハルハナノミ。」UPしましたー。だんだん地味~な方向へ話は転がっていきますが、この環境で2人は愛を育んでいくに違いない!(??)自分的には思ったよりもらぶらぶモードに出来そうでほっとしております。
これもそれも全て2人を描いてくださった、素敵イラストのおかげ…あれでラブパワーが光臨しました!そんな噂の?お宝イラストですが、次のブログ更新でUPいたしますので、あと数日ほどお待ちくださいませ。

「銀糸」も今夜か明日には掲載申請に出せそうです。今週中にはUPされると思うのでしばしお待ちくださいませ。こちらはようやく!官能シーンです。金魚で書けなかったシーンをもっと濃厚に書いてみました…。

さてなろうさんの方でいっぱい企画に参加させていただきましたが、幻創さんの方でも来年は特集企画をパワーアップされるとのことで、自分もがんばって参加しよう!と思っています。
今のところ書きたいなあと思っているのは、ひとつめは編集様に宿題?をいただいた、式部×苑子のバレンタインとかのイベントもの(笑)じゅ、需要ありますかねえ…。
もうひとつは以前から書きたかった、和風ファンタジーネタでひとつ。今度こそラブコメ目指してます!もちろんR18です;
年下×年上リクもちゃんと書きますのでね、こちらもしばしお待ちくださいませ。少なくとも特集ネタは来年1月以降の話になりますので、ご了承ください。

あと、出来心でついったーなどを始めてしまいました…。サイトTOPやブログのリンクに貼ってありますので、興味のある方はのぞいてやってくださいませ&フォロー大歓迎でっす。
私がPCの前に座るときは99%創作の時なので、創作のことばかりつぶやいていますが、ブログよりも早いリアルタイムの創作情報がわかるはずです(というか執筆、更新途中のひとりごとを打っているだけなのですが;)。

長くなりましたが、以下は11/21~22にいただいた拍手ご感想のお返事です↓
拍手ぽちやアンケートご回答なども、誠にありがとうございます!
 
サイトTOPへ
 
先に更新報告からです。 「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」UPしました~。
あとがきにも書きましたが、諸々の事情で更新予告を守れずにすみませんでした!
次はハルハナノミの続きのUP、銀糸の下書き!、あとは某様からいただいたイラストのブログへのUP(UPしたらメールしますね~)を近日中に行いたいです。
やりたいことが多すぎてすみませんな自分ですが、各作品への拍手、ランキングぽちり、そしてアンケートでの温かいお言葉やご感想、本当に本当にありがとうございます~!ひとつひとつが執筆の元気の源になります。
さて以下ですが、リンク先の銀様からいただいたありがたいバトンの回答です。いつも回してくださってありがとうございます!今回ははりきって答えさせていただきますね!

【オリキャラの地味にいたね・あったねを今一度探すバトン】だそうです。キャラ語りがお嫌いでない方、特にファンタジー方面の語りがお嫌いでない方はよろしければご覧くださいませ!

↓↓↓
 
「かみさまのて。」更新しました!最近、更新ペースがいい感じ(いえ、一連載だけを見れば更新間隔あきすぎなんですが…すみません…)とか思っていますが、オフの方が…ひたひたと私を追い詰めてくれてます。またペースが落ちてしまうかなあ。いやだな~。

各作品への拍手等、お気に入り登録など本当にありがとうございます!
アンケートでのご感想、お言葉も大切に大切に受け取らせていただいています。

次は近日中に金魚の続きを更新します。金魚にしろ花にしろ1話書き溜めてから次の話を上げないと、すぐにストックがなくなるのでがんばらねば…。

以下は11/17にいただいた拍手ご感想へのお返事です!↓

サイトTOPへ
 
 
えー、新連載、「ハルハナノミ。」に、早速の拍手およびご感想およびお気に入り登録までくださった皆様……誠に誠にありがとうございました。
え、え、まだプロローグなのに、大丈夫ですか!??と感激以上に不安でいっぱいになっちゃってる小心者です;
いや、ほんと、あの、この先の展開はなんか変なキャラとかいっぱい出てくるし、切なさとかロマンスとかとは無縁の公民館なんてもんが舞台だし…(その設定でらぶらぶさせるあたりが、私もめちゃくちゃですが)。
ほんと、普通の切ない胸きゅん恋愛ものとか書けない人なんで、リクくださった方とかはご期待くださっていたかもしれないのに、と正直心配しております>_<
でも自分でも変な嗜好だと思うけど、だからうだつがあがらないんだとは分かっていますが、ある意味受けなくてもどこでも読めないちょっとおかしならぶ(時にらぶえち)話が書きたい人なので、ほんと、リクエストやご期待に添えないのは申し訳なく思いますが、このまま突き進ませていただきます…。
もちろんどんな変な展開になろうとも、日向のもどかしさとか2人のらぶらぶとかは、もう、しっかり書く予定ですので!

さて今週のUP予定ですが、近日中に「かみさまのて。」と「幻影の金魚は~」の続きをUPします。
あとは「銀糸」下書きと、金魚、花の下書きと推敲を続行。

続きは「ハルハナノミ。」に早速いただいた拍手ご感想のお返事です!本当にありがとうございます↓

サイトTOPへ
 

各作品、ランキング等にぽちりと押してくださる皆様、誠にありがとうございます。
アンケートにて、>時々ページエラーになって小説が読めません…とのご意見を頂戴しました。投稿サイトに作品を置かせていただいているため、あちらのサーバーが(特に夜間)不安定になることがあるためかと思います。こちらではどうすることもできず、誠に申し訳ありません。(それなのに嬉しいお言葉までいただき、ありがとうございました!)

さて毎度毎度、続編はこんなんでいいのかと迷いつつ…、新連載をもういっちょう始めました。

「ハルハナノミ。」

一応、「博愛チューリップ。」の続編です…。ただ続編としてしまうと、新規の読者様が読みづらくなってしまうので、単体でも読めるよう本編の内容、表現が重複して出てくることがありますが、何卒ご了承ください。また内容上、本編と雰囲気が異なるかもしれませんが、こちらもご了承いただける方のみご覧くださいませ。

すごく迷いがあるのですが、最近似たような作品が続きましたので、今回はあえて胸きゅん系のらぶえちではなく、青春プラトニックな、それでいて老人ばっかりの公民館が舞台という恋愛以外の側面をコミカルさも交えて書こうということで考えています(誰が読むんだという感じですが、そういったら感じのものが元々好きでしたので…)。
らぶらぶをご期待されていた方には申し訳なく思いますが、今はこういうものが書きたいんです…!と、本当にすみません。もちろん、2人の仲は進展しますし、R指定のない範囲でらぶしーんもちょっと書く予定ですのでvそれ以上のらぶらぶはいつかR指定番外部屋で…(ぇ)

さてこちら予定よりも公開が遅れましてすみませんでした。というのも、スムーズに連載が出来るよう6話まで下書きを済ませてあったのですが、公開直前に冒頭から全て書き直すことにしたからです。現在2話まで書き直しをしましたが、更新はゆっくりめになりそうですみません。
というのも冒頭部分はこの先のお話を決めてしまうものだし、皆様に読んでいただけるかが決まってしまうので、下書き段階で初稿をボツにして全く違う内容に書き直しすることはよく行っております。というのも、下書きはプロット段階といえるからかもしれません。かなり簡単なプロットしか立てないので、実際文字にしてみて勝手に物語が動き出したり、想像と違ってきたりとするところを修正するといいますか…。
(たとえば、「幻影金魚」は初稿では国語教師があやしげな雑貨屋の店主だったり、「博愛チューリップ。」では新連載で新キャラとして出てくる男勝りの女性が、最初千景のポジションだったり(その場合、恋愛関係にはしないつもりでした)…と全然違うものだったのですが、これでは物語の世界に入りづらいな、と思い現在の内容に変更した次第です。)

で、今回どうして直前に改稿しようと思ったか、ですが、第1回の初稿では千景は登場せず、恋愛描写はゼロでした。なんか本編を説明するような文章ばっかりで。6話まで書きつつもずっとそれに疑問がありました。
それが何故急遽書き直しを決断したかと言いますと……ななななんと、ありがたくも博愛チューリップの2人のらぶらぶ素敵イラストをいただいてしまったからなのです!!!
本編や御礼SSの一場面を絵にしていただいたのですが、もうほんと、某様ありがとうございました!!自分のキャラじゃないみたいに美男美女で色っぽくて、どきどきさせていただきました。ご許可をいただけたら後日ブログなどに掲載させていただきたいなあと思っていますv
ほんと、そちらのイラストの2人の視線から何といいますか、2人は今、こういう感情を抱いてるんだろうなあと改めて作者の方が思い知らされ、もう少しらぶ描写を増やして2人の関係を描こう!と思った次第です。
でもまだ迷いがあって、この設定ならもっと切ない系の展開にしたほうが好んでいただけるかなあと汚いことを考えつつ、ここで人様をときめかせられる内容が思いつかないのが私がちっともうだつが上がらない所以でして;、オッサンオバサン年寄りだらけの公民館ネタに流れる予定なのです(需要ゼロの方向にそこで行くという…)。
こんなお話になりますが、どうか興味のある方、お付き合いくださいませ~。目指せ、プラトニック!(苦笑)

そんなわけで予定が遅れてすみませんが、次は「かみさまのて。」の下書きに入ります。金魚の方は今のところ予定通り、週に1度ほどの更新が続けられると思います。

さて以下は、11/10にいただいた拍手ご感想へのお返事です。P様、遅くなってごめんなさい!↓

サイトTOPへ
 
「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」第2話UPしました。
今思えば本編は企画参加もののため連載期間が決まっていたので展開を早くしましたが、こちらはもう完結編ということで期限なしで書きたいだけ書くつもりなので、これでいいのかわかりませんが、とにかくじわりじわりと展開させていただいております。
微妙な出だしに拍手くださった方、拍手やアンケート等で応援メッセージくださった方、ありがとうございました…!

あと今週こそ、チューリップの続編連載開始を…!でもこちらもnot恋愛方向に趣味全開ですので、内容についてご期待は決してなさらないでやってください(涙)

椿の続編(最終話)も即日UPしたいただけました!ほんと、本編がシリアスでしたので単なる甘甘な時間が書きたいなあと思って書きました。
逆に幻創さんでは続編よりも、官能シーンのある新作を常に発表して挑戦していく場にしたいと考えていますので、これより前にお話した生徒×先生もののプロットに入ります。

さてさてアンケートにお答えくださる皆様、メッセージくださる皆様、本当にありがとうございます!ご要望とも違う内容かもしれませんが、少しお返事を書かせていただきます。

>全体に言葉が過剰なところや、時系をずらした構成の処理にもたつきが見られるところが気になりました。
作品への温かいご感想並びに改善点をご指摘くださり、ありがとうございました!いつも課題にしていながら中々直らないのがお恥ずかしいですが、具体的に示してくださってありがとうございます。今後の作品作りの参考にさせていただきたいと思います。(こちらこそイラストが描けないので、ぜ、ぜひ描いていただきたいとか思ってしまいました~。すみません!)

また「ネムリヒメ。」について、
>早く続きが気になるけれど、終わっちゃうのも寂しく感じるので、
のメッセージくださった方もありがとうございました(ご心配のお言葉まで添えていただき感謝申し上げます!)。作者自身も早く続きを書くべきと思いつつ、だーっと書き上げて終わってしまうのも寂しいところがあります。あのシリーズもどこまで続けようか、少なくとも日々是好日はどこで終わらせるべきか、今悩んでいるところだったりします…。

こちらも「ネムリヒメ。」からお読みくださった方からですが、
>出来れば紙面でいつでも読める状態に…!
自作品などにとても勿体無いお言葉、誠にありがとうございます!短編ばかりでしたら、いっそ同人活動時代のノウハウも生かせるのですが(笑/イベント合わせ締め切り直前に徹夜でPCでまんが描いて印刷屋さんにデータ入稿したり、イベント会場で友人とコピー本製本したり…懐かしいです←遠い目)、長編ばかりですのでおっしゃるとおりコピー本というわけにもいかずに、かといってお金も実力もなくてごめんなさい!
でもお言葉すごくすごく嬉しかったです!執筆の励みとさせていただきますね。作品全体への温かいお言葉もありがとうございました。

そのほかの泣けるほどの応援メッセージのほども、誠に誠にありがとうございました!

さて件名につきまして…相変わらず自分探しの旅は続きます。こんな自分でごめんなさい。
というのも、先日思うところあって「刺身のつまにもなりゃしねえ。」を全文修正いたしました(内容は変わらず文章のみをですが)。それでもあまり変わり映えしないかと思いますが、過去に今よりも読みにくいものを読んでくださったうえに、よかったと言ってくださった皆様には心からお詫びとお礼を申し上げます。
何のための改稿かと言いますと、ちょっぴりもぞもぞと新規投稿サイト様に投稿する関係でして…(汗)もしどこかで見かけましたら、生ぬるい目で見守ってやってください…。
時間などの関係上、まだ継続的に投稿するかは決めていませんが、そちらにはサイト様のカラーから、過去作品のうち男性主人公のものや、ラブコメなものを全年齢版にリメイクして投稿してもいいかなあと考えています。まだ様子見の段階ですが、新作を書くことがありましたらまたこのサイトからリンクしようと思ってます。

リメイクばっかじゃねえか!という感じですが、一応過去作品はあれでも時間を掛けて書き、作者にとっては勝手に思い入れがあったりします。そんな作品に「よかった」とか「ここはこうすればいいと思う」とかご親切に言っていただけると、もう一度最初から書いてよりよくしてみたくなってしまうのですよ~(金魚がいい例です)。
というわけで、特に初期の作品は文章作法を今以上に知らなかったこともあり、最初から全部書き直したくなるんですよね。というわけで生産力のない作者ですみませんが、これが自分にとって少しでも何か力になっていればいいなあと主t増す。

リメイクだけでなく続編をよく書いてしまうのも、作品への愛着やいただくご感想がありがたすぎて(続編設定リクとかいただいたあかつきにゃあ、もう…!)、という理由からですかね。
趣味だったらこれでいいと言えばいいのかなあ…。

サイトTOPへ
  
先日、拙作「幻影金魚」をブログ「椰子の実ライブラリー」様にて、ふじやましのぶ様にご紹介いただいてしまいました…!!本当に勿体無いことです。誠に誠に×∞ありがとうございました。
ブログ記事を拝見した時は、正直、鼻血吹いて倒れましたよ~。だってすごい憧れの作者様だったものですから…。自分は感想とか恐くて残せない方ですが、こっそり読んでは憧れているネット作者様は大勢いらっしゃいます。そのうちの一人の方でした!

すごい人気の作者様でいらっしゃるので、こんな辺境サイトで語る必要もなくご存知の方も多いかと思いますが、簡単なご紹介をさせていただきますと…。
女性向け18禁作品をムーンライトノベルズにて(こちらではフクロモモンガ様というPNで)、
「王都の冒険者たち」
「山間の城の物語」
「魔女とコヨーテ」
と連載されておりますが、どれもこれもめちゃくちゃ素晴らしい作品なのです!(大変すみませんが、18禁作品のため直リンクを控えさせていただきました。ふじやま様のブログよりぜひぜひジャンプしてくださいませ!)

ランキング上位であられるのも頷けます。まずは、文章力。もう何も申し上げることはありません。参考にさせていただきたいです!
次に官能的な内容。女性向けでソフトですが、「官能」と言うのにふさわしい背徳感と甘美な性にどきどきする世界が広がっております!(ストーリー重視のため行為中心ではありませんが)
あとは人間ドラマ。この作者様が書かれるのは、単純な惚れたはれたのらぶえち作品ではありません(私の作品が恥ずかしくなるくらい;)。愛のない性描写も多々あります。
RPG風と作者様自身も紹介しておいでですが、そういった異世界ジャンルなのに、情景描写が巧みであることもあり、女性の生き方とか葛藤とか、愛がなくても(あっても)快楽に負けてしまう様とか、そういったものを見事にリアルに書かれておいでなのです。
「心を書いてこその小説」と拙作の紹介記事に書いてくださいましたが、まさにそのとおりなのです。くどくどした心理描写じゃないのに、心の機微が伝わってくるんですよね。

とにもかくにも、どの要素をとっても素晴らしいです。上手く言葉にできませんが、ぶっちゃけ自分の18禁作品を全デリートしたくなったくらい、すんばらしい!!読者としてももう、ヨダレの海に溺れるくらい、すんばらしい!!
こんなご紹介しかできずに本当にすみませんが、あとは皆様の方で読んで身悶えてくださいませ…!
なおいずれの作品も西洋を舞台にしたもの、シリアス、長編(だからこそ濡れ場が何度も…v←おい;)となります。

いやだから、拙作を読んでくださった上にわざわざご紹介記事を書いてくださるだなんて、今でもよろしかったのかと震えているのですが…。執筆でお忙しい中、本当に本当にありがとうございました!これからも素晴らしい作品を世に送り出してくださいませ。
ご紹介サイト様から拙作を読みに来てくださった皆様にも、この場にて心より御礼申し上げます!

サイトTOPへ
 
実はまたひとつ原稿を脱稿したのですが、今はまだ公開できないものとなります。さて、今から椿の続きを書きます~。ほんとすみません。急げ、自分っ!その後がチューリップの続編で、その後がもしかしたらの続編を掲載する予定です。

というわけで、「ネムリヒメ。」続編UPしました。
ううーん。これはこれで、続編と言うよりは単独のお話として成り立っているのかなあどうなんでしょう。次回はえろネタなしですのでご了承くださいませ…。

近いうちに、金魚リターンズの続きをUPします。早速第1回を読んでくださった方々、暖かい拍手を押してくださった皆様、誠に誠にありがとうございました!!(号泣)すごく緊張していたので、少々ほっといたしました。
あさぎの清矢郎への想い、清矢郎のあさぎへの想い、それを本編とはまた少し違った描写で追っていきたいと思っています。恋愛感情や性的関心以外にもういっちょ、多面性を持たせたいと言いますか…。
何度も言っていますが、そういったものを乗り越えて2人が「恋愛」をする過程をこちらの作品では書けたらな、と思っています。
なので一番の変更点は初えっちまでのエピソードが大きく変わります。もうちょっと言いますと、あさぎと清矢郎が久々に口をきくシーンなども全く別のものになります(本編でボツったけど書きたかったシーンに変更…第7話くらいまで引っ張りますが;)。

逆に2人が「恋愛」をする前に性への興味に戸惑いながらもおぼれてしまったのが本編で、出来栄えは別として、これはこれで「官能」をテーマにしたお話として気に入っているのですが…。
そこで、なななななんと、その「幻影金魚」(本編)を某素敵作者様にご紹介いただいてしまいましたー!お礼にもなりませんが、憧れていた作者様ですのでこちらからも簡単にご紹介させていただきましたvとても有名な方なのでご存知の方も多いと思いますが、ご存知でない方はこちらへどうぞ!↓
【ふじやましのぶ様の作品紹介記事へ】(お気に入り作品&サイトカテ内の記事になります。)

こんな自分メに温かいお言葉をかけてくださる皆様、誠にありがとうございます!
アンケートにて、ありがたすぎるコメントや、作品への温かい感想コメントをくださった方々にも深く御礼申し上げます(アンケートの場合、メッセージの数が多いためお返事が個々にできずに本当に本当にごめんなさい!どれも涙して受け取らせていただいてます)

それでは以下は、11/3~5にいただいた拍手ご感想へのお返事となります↓

サイトTOPへ
  
というわけで……新連載、始めちゃいました……。くだんの、金魚の全面リメイクバージョン&続編要素あり、です。

「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」

タイトルは本編とは別物だよーという意味をこめて長くなりました;
ほんと微妙だなあとか、本当にこの大長編(予定)を書ききれるのかとか、不安もいっぱいありますが、ここまできたらいくっきゃないでしょう(がくがく)。
よろしければ、興味のある方は読んでやってくださいませ…。前書きは初見の方や当ブログを知らない方向けに長めになっておりますので、ご了承くださいませ。なお更新は1週間~10日に一度の予定をしています。
この連載に至るまでに、振り返れば自分メには勿体無いほどたくさんのリクエストやご意見、ご声援を頂戴してまいりました。改めましてご意見くださった皆様には深く感謝申し上げます。色々あるとは思いますが、一度決めたことですので書きたいものを今ある精一杯の力で書いていこうと思います。

さて……というわけで、来週は……「博愛チューリップ。」の続編連載開始、といきますかね。ここまできたら、こちらもいくっきゃないでしょう。
本当は、続編とかっていつも始めるのすごく恐いんです。小心者ですし読者様少ないから、折角前作を気に入ってくださった方に見捨てられるんじゃないかとか、醜いことを正直考えております。でも誰に書けと言われたのではなく、「私」が書きたいという欲望の方が勝ったわけですので、腹くくります~!(←腰引けてる)

次回更新は、「ネムリヒメ。」続編の続き(後半部分)となります。その後は椿の続きを書く予定です!
それから前回の記事に、拍手たくさんありがとうございました!!や、やっぱ、生徒×先生には需要があるのでしょうか…??それとも斯波×奥さん=教授×生徒へのリクですか?(それはない;)とか色々と邪推してしまいました、すみません。

というわけで、以下は11/1までの拍手メッセージへのお返事になります!↓

サイトTOPへ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。