碧落の砂時計 2011年05月

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 PN 高月ひおにて、電子書籍を刊行していただいております。こちらは有料作品となりますが、よろしければお手にとってやってくださいませv立ち読みできるサンプルもあります。
 こうした機会をいただけ、出版社様はじめ、応援してくださった読者の皆様、この作品が発行されるまでにお世話になった全ての皆様に心より深く感謝御礼申し上げます。細々とですがこちらの活動の方も頑張りますので、よろしくお願いいたします!
(※下記の他に無料で読める作品や、携帯電話だけで読める有料の長編作品もありますので、そちらの記事も併せてご覧いただけましたら幸いです。)

「初恋ガーデン」(携帯電話の方はこちら)/プティまり文庫

 大学デビューを目指して疲れてしまった地味でちょっぴり内気な女子大生が、お隣の4歳年下の無愛想高校生に告白されて……!
 R指定はありませんが、らぶらぶ甘甘の短編です(全10話)。以前企画作品として書いた「博愛チューリップ。」(←現在ネットから下げています)の千景と日向のお話で、そちらとは全く違ったストーリーと設定になります。※追記部分にイメージイラスト有。

「空」(携帯電話の方はこちら)/スイーツ文庫

 ――空が、降ってきたかと思った――。
 ちょっとおとなしめの女子高校生が、同じように人と話すことが苦手な同級生の朴訥とした大柄な柔道少年と、少しずつ心を通わせていく青春ものです。全10話の短編。甘さ控えめで全体的にしっとり、らぶしーんなし、の雰囲気に挑戦しました。
 美しい表紙は、内田イノハチ様に描いていただきました。

<①②商品について>
※R指定はありません。
※表紙画像はタイトルをクリックしてご確認ください。
※タイトルからはPC向けのパピレス様商品ページにリンクしていますのでXMDF形式でDLするか、MEDUSA形式でネット上で読むか、お選びください。いずれも1話ずつのDLではなく、全話一気に読むことができます。
※タブレット端末やスマフォの方、ネット上で読まれる方は、下記のRenta!様か、他にもこちらこちら他、複数の書店様で発売していただいているので、ご利用の電子書店サイト様にて作者名でご検索くださいませ。
※携帯電話の方もパピレス様の携帯用サイトからDL購入できます。
※商品はいずれも3チケット(300円+税)ですが、電子貸本Renta!様でも同じ価格で無期限レンタルでき、こちらには期限付きで読める1チケット(100円+税)コースもあります(気に入っていただければ追加料金で無期限になります)。



「Be lit up!」マリクロ連載文庫

 同級生のサッカー部の少年に専属の保健委員とされている、真面目が取り柄の女子高校生。彼が怪我をすれば手当てをするという奇妙な関係を続けていたけれど、やがてそんな2人にも変化が訪れ──。
(H13 9月現在、第2巻まで発売)

「星のさらさら」マリクロ連載文庫

 ある小さな村で、昔から行われている七夕の儀式。機織りの少女は、村の風習を嫌悪する幼馴染の少年を救うことができるのか。ほんのり和風ファンタジー風味。
 以前、投稿サイトの方の七夕企画に提出した同タイトルのお話を、若干(文章のみ)手直ししたものです。
(H13 9月現在 第1巻まで発売)

<③④商品について>
※ご紹介のみさせていただいていますが、続巻が出る見込みが少なくなってしまいました。続巻が出ましたら、またお知らせさせていただきます。続巻に関してのお問い合わせは、こちらまでお願いします。
※R指定はありません。
※タイトルからPC・タブレット端末・スマフォ向けのパピレス様商品ページにリンクしています。こちらはMEDUSA形式のみでDLをせず、ネット上で読む形になります。
※各巻100円+税で、連載という形での販売になります。
電子貸本Renta!様でも同じ価格で無期限レンタルできます。
※後に全話まとめて1冊の形で発売になる可能性も0ではありませんが、保証はありません…。大変申し訳ありませんが、ご購入いただける場合はその点、ご承知願います。 

☆更に別PNでもこっそり活動していますが、そちらは情報が載せられません…。どこかで見つけていただけることを願ってますv

>>INDEXへ戻る(①のいただきものイメージイラストはこちらにあります↓)
 
スポンサーサイト
2011.05.28 16:48 | 電子書籍作品 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」第48話UPしましたー。あとがきにも書きましたが、これにてあさぎ1年生、清矢郎高校生編は終了です。高校生の清の字をもう書けないのはちょっと寂しいものもありますが、もう1年半以上も連載してますし、いつかは2人も成長してしまうし、続編となれば、そのうえぷろぽーず編まで書くともなれば、大人になった2人がメインになるわけでして。
 そもそも高校生同士の幻想的な恋愛を描きたかった「幻影金魚」のその後の、現実的に大人になりゆく2人の姿を書きたくて、こうして前作品をリメイクすることに決めたわけです(この「その後」を書くためには、最初から書き直して表現や設定をいくらか修正した方が、「恋愛小説」として現実的な部分が書きやすくなると思ったためでした)。だからここからこそが、本腰入れて書かねばいけないわけで。でも相変わらず簡易プロットしかまだできていませんが;、新キャラも出てきたりちょっとした事件も起きる予定ですので、と言ってあまり長すぎる連載にもならないよう(せめて今の倍の量で終わるよう)、これからも頑張ります!引き続き応援くださる方々、ありがとうございます。

 期間限定第6話は、27日中にUP予定です(追記:28日にUPしましたー)。これから夏に向けてオフがもっとあっぷあっぷになりますが、この作品は8月までに完成させるよう優先的に書くつもりです。
 体調の方はまだなんかすっきりしないですが、熱は出ていないので休み休みやっていきたいです。皆様もお気をつけくださいませー。

 さてそして、今度はこちらの作品が別名義にて連載開始になりました!タイトルは「ほおずき姫」です。聞き覚えのある方もない方も、表紙の美麗さは一見の価値ありですので、タイトルの方クリックして、ぜひぜひ関連記事をご覧くださいませ!拙作の内容やキャラはさておき、表紙の兄と弟、かっこよすぎて私には選べません…(おい)。
 こちらの作品の方も応援してくださった方々、ありがとうございました。その他の作品も、「ワスレヤハスル。」など応援いただき感謝申し上げます。これからも頑張りますっ。

 それでは続きはいただいた拍手メッセージへのお返事です↓

 サイトTOPへ
 こちらは携帯電話(いわゆるガラケー)からしか読めないうえに、1話ごとのDL、コンテンツの方も有料となってしまいますが、1回の登録、お支払いで完結済の短~長編作品が複数読めますので、もし興味持っていただけましたらよろしくお願いします。
 同じくPN 高月ひおにて、電子書店パピレス様(携帯サイトはこちら)の、携帯電話専用有料コンテンツ「ポケットマガジンPOP」内でも、ありがたくも複数の作品を掲載していただいています。
 
<連載作品紹介>
※表紙画像はタイトルが作品紹介の公式ブログ記事にリンクしていますので、そちらをご確認ください。中身に対して勿体無いほど美しいです(全て同じイラストレーター様です)。PCからも携帯からも見られます。
※いずれも甘らぶですが、R指定描写はありません。
※現在連載中の作品はなく、全て完結済で「ラブストーリー」ジャンル下部の「バックナンバー」内にあります。

「こなたに、かえる。」(全28話)

 新人OLと兼業農家の寡黙な年上青年との、田舎を舞台にしたほんわかラブストーリー。
 紹介文がちょびっと違うバージョンは、こちらへ。

「初花の実」(全52話)

 お隣同士でこっそり付き合い始めた男子高校生と女子大生。16歳と20歳―未成年と成人の秘密の恋の行方は!?子供からオジサンまでキャラも大勢出てくる、ラブコメ調の雰囲気。一番の長編です。
 「初恋ガーデン」の続編ですが、以前投稿サイトの花言葉企画作品として書いた「博愛チューリップ。」(現在は削除済みです)のリメイク版&続きとしてもお楽しみいただけます。2人の甘甘じれじれなその後を書きましたので、よろしければご覧ください。(※「ハルハナノミ。」より改題しました)

「ほおずき姫」(全11話)

 子供の頃、「いけない遊び」をしてしまった年上の青年と、彼の弟である年下の少年。2人の幼馴染の間で揺れる高校三年生の少女の選択は。しっとりシリアスな短編。
 広告画像が多めですが、詳しいあらすじのバージョンは、こちらへ。

「星のさらさら」(全13話)

 ある小さな村で、昔から行われている七夕の儀式。機織りの少女は、村の風習を嫌悪する幼馴染の少年を救うことができるのか。ほんのり和風ファンタジー風味。
 以前、投稿サイトの方の七夕企画に提出した同タイトルのお話を、若干(文章のみ)手直ししたものです。
 ◆当作品はPCやスマフォなどから読めるものが発売になりました。⇒詳細はこちら

 ※なお、こうして連載いただいた後、1冊の電子書籍として発売していただいたものが、こちらの2作品になります(全文を一気にDLでき、携帯電話、PC両方から読めます)。

 それでは以下は、作品の読み方、有料コンテンツのご利用についての説明になります。パケット代、コンテンツにかかる月額使用料等は、作品を読まれる皆様の責任において購入していただきますよう、よろしくお願いいたします。

  ↓↓↓ 
2011.05.26 19:42 | 電子書籍作品 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 暑かったり涼しかったりするためか、風邪ではないのですがオフの疲れが何やら抜けず、体調があんまりよくないです;生活にあまり支障はないのですが、去年の二の舞にはならないよう休み休み執筆しようと思います。でも金魚と期間限定は今週中に予定通りUP予定なので、あと数日お待ちくださいませ。椿続編は6月までお待ちいただくことになります、すみません。

 前回の記事に拍手たくさん(例によって当ブログ比)ありがとうございました…!ご指摘いただき修正する中で、また少し自分自身の内面や自分の作品と向き合うことができました。お付き合いくださる読者様には本当にありがたく、創作ってすごいものだなあと改めて思いました。
 そんな中UPした「はつかだいこん~」。いやはや暴走中ですが、波限氏同様作者も走り出したら止められないようで、2人を甘い世界に浸らせて、このまま濃厚路線で突っ走ります。耐えられそうでしたら、最後まで見届けてやってくださいませ。この作品からアクセスくださった方々、ありがとうございます~。

 それでは続きは、いただいた拍手コメントへのお返事です↓拍手やランキングなどもぽちりとありがとうございます!
(S様からの2回目の拍手コメントは、ついったーのDMで、W様からのメッセージはご記入されていたメールアドレスの方へ、それぞれ返信させていただきましたー。)

 サイトTOPへ
 期間限定連載、第5話までUPしました。この作品は推敲のために一旦UPしているところもあり、今回のUPでありがたくもおかしな点をご指摘いただき早速修正させていただきました(どこを直したかは、第5話のあとがき時に追記しました)。この作品に限らず不完全な状態のものをお読みいただき申し訳ありませんが、それでも受け入れてくださり拍手くださった方々、ありがとうございました、そして申し訳ありませんでした。
 一人で作成している原稿なのでこうした、作品がより違和感なく読みやすくなるようなご指摘は本当に助かります。一語一語を大事にできていなかったり、読む手を止めさせてしまったり、お手数をかけたりして申し訳なく思いますが、皆様のご協力と応援に感謝し、これからもモノカキとしても人としてもじびじびと精進いたします。
 いつも同じ御礼とお詫びですみません。今後もこうしたことはあると思いますが、それでもよろしければどうかお付き合いくださいませ。

 「ROMANCE」も無事完結いたしました!応援くださった方々、ありがとうございました。
 「はつかだいこんで刺身のつま!」も早ければ日曜日までにUPするつもりで準備中です(追記:5/22UPしましたー)。月1連載しかできそうにありませんが、よろしければこちらも最後まで(本当に行為のみのお話ですが…)お付き合いくださいませ。

 それでは続きはいただいた拍手メッセージへのお返事です↓今回も携帯の方から先にお返事させていただきますー。

 サイトTOPへ
 「ROMANCE」最終回入稿しましたー。UPまで今しばらくお待ちくださいませ。こちらも最後はまったりさっくりと終わります。文量は短編なのに、1年半という長い連載になってしまいすみませんでした。連載の最初と終わりの時間軸は10年というほかの連載よりもずっと長いものですが;
 新連載は何を書こうかなー。その前に椿続編短編のプロットを立てないとっ。
 期間限定連載の方も、拍手等ありがとうございます!近日中に続きをUPします。平日は中々時間とれないうえに、土日も予定が入るようになり、更には夏の数週間にわたる(断続的ですが、合計するとそれくらい)ネット落ち予定と先を考えると、頭を抱えたくなりますが、がんばりますー;
 
 そんな中、当サイト碧落の砂時計は、本日で8周年を迎えました(ネットにお話を公開したのは、その1週間前に発行した(そしてすぐに廃刊した;)メルマガ「碧落の風見鶏」が最初になりますが)。
 と言っても途中、人生でただ二度のうち二度目の長期間に渡り執筆をしなかった時期があったり、二次創作をしていたこともあったため、これまでずっと今のペースのようにオリジナルを書き続けていたわけではないのですが(だから拙作をお読みくださる方にも、8年前からの方はいらっしゃらないかと思います。作者様としてのお付き合いは除いて)、「月姫異聞」は8年前にその幻のメルマガで配信していたものですし、「カマクラ」も第1話は7年前に公開したものですから、やはり作品をネット公開してから8年経ったもようです。ちなみにその前は、オフラインの文章サークル(一次創作中心)に複数所属していました。
 前半はそんな感じで開店休業の時期もありましたが、2007年のオリジナル&創作活動復活からは、投稿サイト様の存在を知ったことと、オフ生活的にも趣味にこれだけ時間を割いていることが心苦しくなってきたことから(もちろん自分自身の興味、勉強が最たる理由ですが)、執筆活動の幅を少し広げて現在に至ります。それにあたって、拙作には勿体無すぎるほどの数の方々に力を添えていただいていることを、深く深く感謝いたします。

 なんて感慨に耽っていますが、サイト&作者自体はしょぼいもので、作品数も多くないしジャンルは偏っているし、読んでくださる方の数も拍手数やコメント数を見れば分かるとおり、とても少ないちっさなサイトです。ただ何年か書き続け、様々な場所で書かせていただいていることなどから、時折、サイト初訪問の方だけでなく、何度も、何年もサイトに訪れてくださる方からも応援メッセージをいただき、本当に本当にもう読者の皆様にはどれだけ感謝してもしきれません!
 当然、一読者としての私自身もそうであるように、飽きれば読まなくなる、生活環境が変われば優先順位をつける、というお気持ちは分かりますので、どなたとの出会いも一期一会と考えておりますが、たとえば何年かした時にふっと拙作のことを思い出していただけたり、もしものもしもでどなたかに長年続けてお読みいただけるような作者になれたら、もうこれ以上の目指すものはないのかもしれません。

 と言っても一番は自分が楽しくてたまらないから、自分を解放できるから、そして創作をとおして色々な可能性を探りたいから、もそもそと書き続けているのですが、これからも長く長く活動できるようオンオフ共に地道に執筆環境を整え、これからも頑張ります!
 ちょっとこれまでのことを振り返ってみましたが、(続編リク等お待たせしているのもあり;)特別なことをするわけでもなく今日も明日も明後日も今書いているもの、これから書きたいものと向かい合ってこつこつと書いていきます。今後ともどうかよろしくお願いします。

 それでは続きはいただいた拍手コメントへのお返事です↓前書きが長くなってしまってごめんなさい!

 サイトTOPへ 
 短期連載「鬼桃」が無事最終回いたしました!昔話風和風FTということで、読んでくださる方いるのかなあ;と思っていましたが、何人かの方にお声を掛けていただきほっとしております~。また官能部分だけでなくストーリーの方も少なからず楽しんでいただけたようで、これも幻創文庫様では初めての試みでしたので大変嬉しく思います。読んでくださった方、ありがとうございました!
 ろまんしゅ最終回…下書きするすると言っていてまだまったくできていませんごめんなさい><週末こそなんとかしたい…ところ…ですが!

 色々な連載を相変わらずお待たせしていてすみませんが、宣言どおり期間限定連載の方を先にUPさせていただきます。第4話までUPいたしました。6~8月はまたカレンダーが埋まりまくっててネット落ち期間がたくさんあるのですが、この作品は8月の完成を目指してできるだけ書きためをしているので、こちらだけは定期的に連載できると思います。

 肩のほう、またびき…っとなりかけました。癖になっているようで、気をつけます;
 それでは続きはいただいた拍手メッセージへのお返事です↓なおお返事は、基本的にいただいた日付順になっていますが、私からのレスが長文のためスクロールが大変なことから(すみません)、レスの長さを見て携帯電話のかたからお返事を書いていることがあります(携帯の方が複数いらっしゃる時は、日付順になっています)。何卒ご了承くださいませ。

 サイトTOPへ
 「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」第47話UPしましたー。本当に季節外れなクリスマス&冬編ですが、よろしければお付き合いくださいませ。ここからはさくさくと物語を進ませられるように頑張ります!ただ1話あたりの文字数が、更新間隔が短かった当初よりも長くなってしまっているので読みにくいようでしたら申し訳ありません。
 今回の清矢郎視点は、読者様からのコメントから書くことに決めました。清矢郎がどう考えているのかは彼視点でないと分からないし、彼視点で書くならいっそ1エピソードまるっと進めてもらった方がお話のテンポもよく、マンネリ化しなくていいかなーということで。こ、このような文章でも、少しでもときめいていただけましたら幸いです。

 というわけで次は期間限定の執筆の続きと、前々から言ってた「ROMANCE」下書きしなきゃです~。各作品にも拍手等ありがとうございます!
 それでは続きはいただいた拍手コメントへのお返事です↓少しお返事遅れてごめんなさい><

 サイトTOPへ
 「鬼桃」全6回のうち、第5回までUPしていただいてますー。最終回も入稿済みです。最後は官能ではなくFT要素満載ですので、もしお好きな方見えましたらお楽しみくださいませ。書いている自分は久々なので楽しかったですvカマクラのクライマックスに似てる…というのはお見逃しください(おい!)お読みくださる方々、ありがとうございます!

 「かみさまのて。」最終回にあたり、評価ポイント入れてくださった方々、ありがとうございました!完結作の検索から拙サイトに訪れてくださった皆様もありがとうございます。いつか斯波研メンバーのお話を連載で書く(主役たちも出して)、ということで考えていますがネムリヒメのリクもいただいているのでいつになるやら…という感じですみません;

 また期間限定連載、第3回までUPしましたが、第2回に驚くほどの拍手(当ブログ比;)をいただき、ありがとうございました…!こんな泥臭い内容なのにーと、恐れ多くて挙動不審になっております。この先の展開で引かれないといいのですが…でも確かに後半の糖度はすごいことになる予定です。えへへ。
 前回のブログ記事で色々予告しましたが、続編等々楽しみにしてくださっている皆様、これまた嬉しく思います。今後も頑張ります!アンケートご協力、各作品への拍手、評価も励みになっております。
 それでは続きはいただいた評価メッセージへのお返事です↓

 サイトTOPへ
 肩の痛みもおかげさまで数日で治り、「かみさまのて。」遅れての報告ですみませんが、全39話最終回しましたー。早速お読みくださり、拍手やコメントくださった方々、ありがとうございました!(感涙)
 あとがきと重複しますが、本編連載開始から約3年、続編連載開始から約1年半、途中応援くださった方々、最後までお読みくださった方々、本当に本当に本当に…ありがとうございました。
 この作品についてはこれでひとまず筆を置き、また2人のらぶらぶな様子をSSにしたり、斯波研メンバーの恋ばなの方もいつか書きたいなーと思っています。他の作品の続編リクもあり、いつになるか分からず申し訳ありませんが、これからも色々な作品を書きたいと思いますので、また別の作品でお会いできましたら幸いです!

 さて今後ですが、まずは幻創文庫様の方で、現在は「鬼桃」最終話の入稿準備中、その後は「ROMANCE」の最終話を5月中に書くつもりです。その次は「椿18。」の夫婦編を短期連載して、その次は完全新作の新連載をしたいと考えています(また10代の少年少女にしようかなーとか…)。
 小説家になろう/ムーンライトさんの方は、ひとまず「はつかだいこん~」の続きを5月中に書いて、その後はあと少しですのでラストまで定期的に更新したいと思います。金魚はこれまでどおりの連載間隔になります。

 自分の都合やペースで執筆していてすみませんが、6月~8月はオフの方が非常に忙しいこともあり、今はまだ他の新連載は考えておらず、8月までに期間限定の蛙のお話がちゃんと完結できるよう、そちらに集中したいです!

 それでは続きはいただいた拍手メッセージへのお返事です↓

 サイトTOPへ
 期間限定連載第2話、時間がとれたので予告よりだいぶ早いですがUPしましたー。こちらの作品は優先的に仕上げたいので、前倒しUPできるようならしていくつもりです。PW申請や拍手の方ありがとうございます。第2話以降でがっかりされないといいのですが…;
 これより神様最終回下書きに入ります!…と言いたいところですが、下記理由で執筆を阻まれています(涙)
 オフライン合同本、あやりとうた企画様の方も空き時間に少しずつ下書きを進めています。こちらはオフライン記念本ということもあり、無愛想(でたよ;)大学生×恋を知らない女子高校生で、夏休み舞台の幼馴染設定という自分の好きなネタでいくつもりです。

 同じ姿勢で長時間作業をしていたら、肩がぎっくり腰のようにぐきっとなってしまい、身動きがとれません…(上下左右に首は向けられないし、動くのはおろか寝転ぶのも痛い)。肘から下は動くのでPCはできるのですが、この同じ姿勢が原因なので、してたらだめですよね;

 それでは続きはいただいた拍手メッセージやメルフォからのメッセージへのお返事です↓返信不要のS様も大変お世話になった方なので、どうしてもお礼が言いたく勝手ながらお返事させていただきましたー。

 サイトTOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。