碧落の砂時計 2012年03月

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 引越しのごたごたで、今週は更新できずにすみませんでした。このようなサイトですが、よろしければまたよろしくしてやってくださいませ。今のところ体調はばっちりです。やっぱり慣れた気候、慣れた食事は体に馴染んでるんだなーと思いました。
 現在は伊達~の推敲中です。どうにか来週中にUPのはこびとなるよう、がんばります!連載お待ちくださっている方々、本当にありがとうございます><
 それが終わったら金魚最終回を書きます。毎日こつこつとがんばりますー。

 それでは遅くなってしまいすみませんが、拍手返信です↓

 サイトTOPへ
スポンサーサイト
 「ほなかにゆれて。」後編UPしていただきましたー。読みきり短編ですので、これでおしまいです。お読みくださった方々、ありがとうございました!
 伊達~の連載をお待ちくださっている方々には申し訳ありませんが、続きをできるだけ早く、と思っています。新章でもらぶらぶしますので(ひたすらえろですが…;)、今しばらくお待ちくださいませ。
 金魚も最終回のほう、頑張ります!完結1回前ということで、複数のコメントをありがとうございました。このようなキャラで、話で、自分は楽しいけど…と迷うこともありましたが、皆様のお言葉がとても励みになりました。書きたいものを書き終えるため、とにかく最後まで突っ走ります!

 …ただ前から申し上げていたとおり、今後はリアル事情で執筆時間がしばらく確保できなさそうです…くすん。なので今までは週2回何かしら更新することが多かったのですが、しばらくは週1回のペースになりそうです。それもできない時もあるかもですが、どうにか時間を捻出したいですっ。それでもお付き合いくださる皆様には深く感謝申し上げます。
 ちなみに宣伝ですが、有料ものはスマフォでない携帯電話からのみですが、毎週連載を続けていただいておりますので、興味のある方はよろしければどうぞです~。>こちら

 というわけでしばらくの間、私生活の方で余裕がなくなることから、あやとりうた企画様の方の下書きを済ませました。1万5千字くらいのお話で、同人誌でも素敵な装丁の本にしていただけるので、推敲もがんばらなきゃです…紙だと書き直せないしっ。
 オフ本熱が燃えているのも、企画様の影響もあり、昔趣味で漫画作ってたなーなんて思い出してしまったのもあり。まだ3/8頁しか進んでいなくて夏までにできるのかと不安もありますが、自己満足でもじびじびとがんばりますっ。ゲスト様からの素敵イラストも頂戴しましたv
 あと誰得でもないのですが;、更新が滞ったら制作途中の絵でもブログにUPするかもです~。

 それからこっそりお問い合わせをいただいたのですが、「ネムリヒメ。のそしてそれから」へのリンクですが、第1話ということで最新話への小さなリンクは作りませんでした。R指定作品ですので初回は注意書きを読んでいただいてからと思い、あのようなリンクとなっています。探しづらくて申し訳ありませんが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。続きは4月中には書きたいですっ。

 それでは続きはいただいた拍手メッセージへの返信です↓携帯から送ってくださった方から先に、返信させていただいています。

 サイトTOPへ
 「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」第68話UPしましたー。あとがきと重複しますが、リアルの方が引越し直前なのもありUPが遅れてごめんなさい!3月中に完結させたかったけど、4月になるかもしれません…。予想に違わないラストですが、最初から結婚編を書こうと決めたうえでのリメイクでしたので、ここまで諦めずに書けてよかったです。とにもかくにも、次回更新で完結ですのでよろしければ最後までお見届けくださいませ。
 今週中に「ほなかにゆれて。」後編を入稿予定です。それから引越しをして、新居に入ってから伊達~の新章続きと金魚最終回を書くつもりです。ネムリ~の寸止め続きは4月には…と考えています。ゆっくり更新ですがじびじびと書き続けていきますので、どうか今後ともよろしくお願いいたします。

 さて、続きは久々にアンケートにいただいたご質問等への回答です。なおご質問、ご意見は文章の方を全文(長い場合は一部)掲載させていただいています(同じ疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんので…)。
 これまでにいただいた質問、ご意見、リクエストへの回答はこちらから順番に読めます。ご質問等の形ではない応援メッセージへは、拍手返信と同様、追記部分で返信していますv

 ※本日いただいた拍手ご感想への返信は、また後日させていただきます!

<キャラ作りへの質問>
 キャラを設定する時、参考にしていることがあるんでしょうか。


→ご質問ありがとうございます!自分のキャラの作り方についてつらつらと語らせていただきますと、恋愛ものばかり書いていますので、最初に主役級をどういうカップリング(組み合わせ/関係性)にしたいか、から入ります。どんな設定にしたいか、どういう風に両想いにさせていきたいか。これは私が萌える(ときめく)かどうかで決まるため、昔読んだ作品の影響を受けているかもしれません(たとえば、ネムリヒメの2人は古事記で読んだエピソードも元になってたり…)。
 それから個々のキャラクターを作り上げていきますが、個々の萌え要素を加えたり、物語の展開上、こういう設定が必要だとか、ストーリーと一緒に楽しく作っていきますが、私の場合はそこに無意識のうちに、実際に出会った人、その人から聞いたこと、自分が経験したことなどを加えてしまいます。だからどこか似通ったキャラになってしまうかもしれず、少し反省なのですが…この方法がよいかどうか分からず、自分が書きたいもの、とか、モノカキとは、等の間で葛藤しているところです;
 脇役については主役級の次に考えまして、どうすれば主役CPが引き立つかの対照性や、主役に助言をしたり、物語を引っ張る役にするにはなど、ストーリー展開上の役割が最初に来て、次に例によって萌えとかこういう人物を書いてみたいとか、脇役の過去やこんな恋人がいたらいいなとか、実体験やら妄想やらが細かく付け足されていきます。
 あと漫画を頭に描いてお話を考えてしまうので、漫画で描くならこんな顔、みたいな感じでどうしてもアニメや漫画みたいなキャラ像になってしまいますね(汗)
 答えになっているといいのですが…。いつもこんな感じでキャラを作っていますv

<作品へのご意見>
 会話が面白いのですが、意外に少ないですよね。深層心理が中心というか。もう少し増やして下さい!


 →次にこちらのご意見もありがとうございます!拙作をお読みくださって、会話部分が面白いと思っていただけたこと、とても嬉しくありがたく思います。上記のとおり漫画を頭に思い浮かべて書いているため、漫画の台詞の掛け合いみたいなものを考えていますので、小説なのにいいのかなーと心配になってしまうこともよくあるので;
 なのでご意見、とても参考になりました。私も会話が多めの作品は既存のものでもネット小説でも好きで読んでいます。また自分の作品は文学とは言いがたいし、逆に既存の文学作品でも台詞の多いものをよく目にするので、台詞の量、役割をもっと考えるべきかなと考えています。私の場合、文章量を削ろうとした時に会話や動きのあるエピソードをやめて、地の文や心理描写で説明してしまいがちですが、それも表現やストーリーを工夫すればいいことなので…。
 ただ個人的には台詞の全然無いような文章も大好きなので、わざとそうする、といった場面もあります。そうは言っても会話の掛け合いを書くのも好きでして、一定でないんですよね。もっと文体の方向性を決めた方がと迷ったり、自分の文章や内容ならもっとラノベちっくにした方が好まれるのかなと悩んだり…でもラノベは実はほとんど読んでなかったり…;と、迷いや悩みがつきない問題であったりします。読者様にもそれが伝わっているようで申し訳なく思います。
 すぐに読みやすく改善できるか自信はないのですが、ご意見を参考にさせていただき、どういった表現をしていこうかこれからも模索し、精進していきたいです。拙作をお読みくださったうえに、貴重なご意見まで添えていただきありがとうございました!

 サイトTOPへ
 
 繰り返しのアナウンスになりますが、幻創文庫様の方に読み切り短編の前編を上げていただきました。さっくり読める1歳差の従兄妹同士の甘らぶものですので、よろしければどうぞ~。後編は来週にはUPできるよう頑張ります。伊達~も3月中に続きを、と目標にしています。あと今週の目標は期間限定の推敲を最後まで終わらせることと、金魚最終回1回前の下書きをすることです。目標いっぱいですが頑張りますー。
 オフ本は気が付いたら引越しまで10日足らずで、向こうではしばらく画像ソフトが使えないため、本当に夏までに終わるんかいと自分でも突っ込み、お待ちくださっている方には誠に申し訳ないのですが><、2/8頁分のイラストが完成しました。ひのみの胸部分のトーンとか、伊達の筋肉もどきのトーンとか気合入れすぎだろという感じです(苦笑)丁寧にやりすぎてるのかもしれませんが(それでもしょぼ絵なのが寧ろ痛々しく;)、じびじびと頑張ります。

 というわけでこれだけで終わるのもつまらないので、今更ながらの昔のアンケート「お気に入りのシーン&セリフ」結果発表第3回目をっ。
(アンケートと拍手からいただいたメッセージには追記にて返信していますので、くださった方はずずいと下までスクロールしてご確認願います~↓)

 今回は「失われた一枚」よりです。短編でしたが意外とたくさん頂戴していました。今でも楽しみにしてくださっている方がみえるかは分かりませんが、過去のリクエスト結果をふまえて金魚の連載後に短~中編で続編を書いてファイナルにしたいと思っています。でも最初からリメイクにするか、いっそ宮森視点にするか、続編とし話を繋げるか…悩み中です(元作品が企画もので文字数制限があり、そこから続けるのもためらわれて。)
 なお未読の方へのネタバレにならないよう配慮して掲載しましたが、予告編としても避けたい、という方は以下はご覧にならないようご注意ください~。主に最終話に寄せていただいてました。

◎「ことば。言の葉。内から湧き上がり、外からひらりと落ちてくるもの。」
 →第1話冒頭より、ですね。日頃あまり意識していなくていけませんが、作品の最初の一文、導入部分ってものすごく大切なものですよね。そこを気に入っていただけてとても嬉しかったです!企画様のテーマであった「ことば」について自分なりに考えたものでもあったので。

◎うつむいて髪がこぼれるところ
 →最終話で百葉が本当の気持ちを打ち明けて、顔を隠すシーン。こうした細かいところまで読み込んでいただけて、ありがたいです…!

◎「引きちぎる」シーン
◎「黒沢百葉の~聞きたい」(by宮森)

 →クライマックスシーンでネタバレ防止のため、言葉を伏せさせていただきましたが、ここは複数の方から票を頂戴しました。宮森の行動や言葉から、百葉の心の変化が伝わったというコメントを頂戴し、とても嬉しかったです!静と動を意識したなあということを思い出しました。続編でもこの空気を出せるか、すごく心配ですが…;

◎「人として生きていくために、今日も明日も言葉は必要になる。~それでも本当の言葉を叫びたくて、そうできる相手と場所を人は常に探している。」
 →今度はラストの一文より。五行まるっと共感してくださったというお言葉に感激です!

◎百葉に自分を重ねてしまいちょっと切なくなってしまいました。本当に言葉は難しいです。音にしてしまうと取り返しができませんしね。
 →作品全体についてのコメントも。こういうテイストの物語はあまり書かないのですが、何か感じていただけたことがあったようで作者としては幸せです。ありがとうございました!

 あと残すところは、神様シリーズとネムリヒメシリーズです。答えがたくさんなので、まとめるのに時間がかかりそうです;
 それでは続きはメッセージへの返信ですー↓

 サイトTOPへ
 2/27-3/1までにいただいたご感想メッセージへはこちらの記事で返信していますので、くださった方はご確認くださいませ~。
 今日は内容の間違いについてのご指摘を頂戴したので、修正の報告をします。

>3/2 14時に「かみさまのて。」の矛盾についてご指摘くださった方へ
 長いお話にも関わらず、続編の途中までお読みくださりありがとうございます!
 ご指摘いただいた祇園の生活費について、仰るとおり私の方の表現間違いでしたので早速訂正させていただきました。お詫びと御礼を申し上げます。
 本編第4話のものが正しく、続編第7話の方が間違いでしたので(早海のそれとごっちゃになってしまっていました)、後者を前者と同じような表現になるよう直しておきました。
 読む手を止めさせてしまってすみませんでした。できるだけ気をつけているものの、こちらでは気付かない間違いがどうしてもありますので、こうしてご報告いただけて深く感謝申し上げます。特に長編ですので話数など該当箇所を詳しく教えていただけたのは助かりました。これからも執筆頑張ります!

 サイトTOPへ
 
 幻創様の作品、入稿しましたー。読みきり甘甘R18の前編です。UPしていただけたら、この記事内に宣伝を追記いたします!→3/5追記 UPしていただけました。「ほなかにゆれて。」、高校を卒業する男の子と一つ年下の従妹のさっくり読める甘らぶ短編です。続きも推敲途中ですので、今週中に仕上げたいです。

 現在はちょっと新規文書が書けていない状況で、やっぱり引越し前なので体調も時間もちょっと融通がきかず、3月4月は更新がゆっくりになりそうですがどうかご了承くださいませ。かようなサイトを見捨てないでいてくださる皆様にはどれほど感謝してもし足りません…。

 それでは今日はメッセージの返信のみとなります。1年ぶりのネムリヒメにたくさんの(当サイト比…ほんとにすごく久しぶりだったことを思えば、数としては十分なほどでしてっ)アクセスや拍手、コメント、誠にありがとうございました!その他の作品への拍手やランキングぽちり、ご評価などもありがたく受け取っております~。

 先に返信不要にチェックをくださった方に、ここで御礼のみ言わせてください。
 >2/28にネムリヒメ新作読んでくださったY様(2人が変わらないと言っていただけてほっとしました~)、>2/29にメルフォから勿体無いお言葉を残してくださったM様(アンケートの方と同じでしょうか?アンケのコメントの方は下記にてお返事させていただいてますっ)、ありがとうございました!
 その他の方には続きに返信をさせていただきました。返信は日付順になっていますが、長文メッセージの方は一番最後にレスさせていただきました。申し訳ありませんが、ずずいとスクロールお願いいたします。

 サイトTOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。