碧落の砂時計 2012年10月

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 ネットのお話も書きます、がオフラインも趣味で引き続き活動していくつもりです。1月関西イベント用新刊のプロットができました。元々同人誌は漫画、と何となく決めてて、その割に腕もなく遅筆なのですが、短編漫画考えるの大好きなので(10年以上前はそっちも趣味で描いてた)8P漫画のプロットを立てました。
 実は小説用に考えたネタではなく、短編漫画用プロットから生まれていたという代表的な作品は、神様、金魚、大根。(例えば言の葉~はキャラ絵がなく、最初から小説用として考えた。)そっちのがラブコメ色が強くなるのは、画力的にキャラを動かせず、ほのぼの短編になるからかな。R指定なんて絵ではもちろん、無理;
 何が言いたいかというと、そんなわけで1月新作はそういうプロットからできたお話なので、ほのぼの、R指定なし、らぶしんもなし、です。でもすきって言葉使わないで、らっぶらぶのあっまあまの空気にでけたと思う。そういうの考えるのも、すきなのです。あとR指定なし、は同人誌として書く際は何故かそっちの方が好みでして(読むのと別。電子の方にR指定つけてない理由に似てるかも?)。
 今回は時間がないのでそれを文章にすると思うけど、言葉と絵じゃ表現方法が全然違うから同じ空気にはできないので、内容含めて細部を変えることになりそう。CPはツンデレをお題にした高校生、幼馴染ネタ…好きだね、自分も;こちらは相方さんと一緒に楽しく、イベントでサイト関係なく一見様にお配りすることが第一の目的なので、被ってもそのままに。かような内容でもよろしければ、またサイトのお客様にもお手にとっていただければと思います。送料未定ですが無料です。

 繰り返しですみませんが、更新をお待ちくださる方には本当に心苦しく申し訳なく思っていますし、創作上の自分の立場において他にすべきことはあるだろうと思います。単に描きたいという欲に負けてるだけですが、それでも完全に趣味な活動もしたいと考えています(在庫0からだったので立て続けに発行しましたが、ある程度在庫ができればもっと間隔を置くかもしれません)。
 リアル仕事ももうすぐ変わりますが、今度は専門性が強くなり、日に日に勉強すべき内容が増えていきます。資格もとるかもだし、実質の労働時間も増えるかも…。そんな中、あれこれ手出してちゃ作品が中々仕上がらないじゃんとか、自分でも葛藤はしますがゆっくりでも1作品1作品を大事に書いていきたいものです。

 そんな自分にも関わらず作品をお読みくださる方々、拍手等で応援くださる方々、本当に本当にありがとうございます!
 アンケートのお答えもありがたく拝見しております。随分先になりそうですが回答がいくらか集まったら、結果を公表させていただきたいですv
 期間限定は第9話まで下書きできました。起承転結の転部分です。2人がいよいよ(やっと?)…です♪
 次の更新は言葉攻めの後編を考えています。

 それでは続きはいただいた拍手メッセージへの返信です↓

 サイトTOPへ
スポンサーサイト
 だめだめなりにがんばるです。リアル生活は相変わらずびみょーな環境でモノカキをしているし、リアル仕事はもうすぐ転職なのでお勉強が必要だったり、気持ち的に揺れたりするし、モノカキ活動はそもそもびみょーな筆力なのですが、それでも書きたいのでがんばるです。

 と弱音を吐いたところで、前にブログでぶつぶつゆってた幻創文庫様の新作、始まりましたー。「共鳴箱」というお話で短期連載になります(ROMANCEみたいな読み切り連作を考えてます)。どうかよろしくしてやってくださいませ。
 次は来週頭に言の葉~をUPできるよう、推敲に入ります。
 期間限定は第5話までUPしましたー。下書きもぼちぼちと進めて、半分まできました。

 またリンクも1件追加しましたー。私が大好きなネット作者様のおひとり、桐原草様の「草迷宮」様です(携帯様はこちらからお話が読めるかと)。クマさんシリーズの石川教授ことクマさんは、最近、私が最もハマった二次元キャラのうちのひとりとなっておりますv

 オフライン本のほうはぼちぼちとご感想を頂戴し、本当にありがたく思います。ま、また(ありがたい)お叱りをいただくかもですが、1月に大阪でイベントがあるので、懲りずに2人サークルの方で薄い本でも出したいなあとか無謀にも考えています。あと2ヶ月で原稿しなきゃなので、もしかしたらまた更新があやしくなるかもだけど…いやいやいや期間限定だけは定期連載しますのでっ;
 4コマ楽しんでいただけたようで、とっても嬉しかったです。個人的にはいつかまた短い漫画を描いてみたいです。これもすんごい時間かかるので中々できないのですが;

 それでは続きは拍手返信です↓作品、ブログ共に拍手だけの方もありがとうございます!

 サイトTOPへ
 アンケートの方、突然ですみませんが入れ替えをしました。
 前から予告していましたように、先日UPした神様と金魚のSSはアンケート御礼SSに組み込ませていただきました。当初はアンケートに答えなくても読めるようにしようかと思いましたが、今のところ回答後のみ読める仕様にしています。何卒、ご了承お願いします。ネムリヒメのスノボ小話も、今の連載ではなく御礼SSの方に組み込みました。
 また今回の入れ替え&整理で、「失われた一枚」の後日談は今の連載に組み込むよう削除し、名前を抜いて書いた某作品の後日談も削除いたしました。
 なお質問内容は以前と同じものに戻しましたので、一度お答えくださった方に特にもう一度回答をお願いするものではありません(無回答でも御礼SSは読めます)。

 第7回のアンケートにお答えくださった皆様、本当にありがとうございました!(最後に神様シリーズお読みくださったご新規様も、メッセージありがとうございました。またお時間のある時にお越しくださいませv)

 前回のブログ記事にも拍手ありがとうございます!幻創様での新作、無事に入稿しましたのでUPまであと数日お待ちくださいませ。
 ではでは、期間限定のUP準備と言の葉~のUP準備に入ります。こんだけ時間ないですが、1月には大阪のイベントに出たいなーとか、またサークルの方で短編で新刊出したいなーとか目論んでます。

 サイトTOPへ
 
 期間限定第4話までUPしましたー。完全R指定なしを目標にがんばってますっ。でもちょっぴりらぶしーんも書きたいのです(おい)

 次は幻創文庫様の新作をUP予定です。テーマ特集「言葉攻め」のための作品ですが、辺境サイトではゆるく募集してもシチュ等のリクエストがなかったため;、自分で考えてみました…というわけで、ベタベタですみませんが自作では初めてとなります、教育係の青年(敬語)×18歳お嬢様でいってみますっ。
 でも色気のある主従関係も敬語青年もお嬢様キャラも上手く書けないので、すごい微妙な雰囲気です(涙)しかも色々自分の中で考えた結果、女の子一人称としたため、なおさら微妙…ははは。
 なのでロマンティックにならないならいっそ、とプロットではラブコメ(カマクラみたいなフザけた感じ)にしたんですよね。でもらぶしーんメインで短編にしたかったので、コメディ要素がすっかり消えてしまいました;脇役まで考えたので、いつか登場させてやりたいなあ。
 とにもかくにも、あっまあまです。読み切りではなく冬くらいまでの連作となります。こういったお話ですが来週中にどうにかUPしていただけるよう推敲がんばりますので、またよろしくお願いします。

 その後はようやく言の葉~の更新作業です。とにかく毎日あっぷあっぷのリアル生活で、疲れもあって執筆速度が遅くて申し訳ありませんが、毎日少しずつでも作業しています。これからもがんばります。
 それでは続きはいただいた拍手メッセージへの返信です。こちらも遅れがちで申し訳ありません…!

 サイトTOPへ
 「ネムリヒメ。のそしてそれから」更新しましたー。あとがきにも書きましたがこちらはリクエストにお応えし何か思いついたら書く、という形式のためがっつりストーリーが書けず、ネタ小話ばかりで申し訳ありません。というわけで、今回は×××××しているだけ編、です。すみません;趣味です(ぇ)オフライン本の4コマネタの影響ですとこっそりつぶやいてみます。
 そしてまた2ヶ月後以降の更新となりそうで、重ねて申し訳ありません。しょぼくてもモノカキとして、他の作品もがんばっていきたいです!

 今週はPW付期間限定連載の続きUPや下書きを行います。パスについても驚かせてしまったようですみませんが、何卒ご理解ご協力をお願い申し上げます(理由はPW発行メールにてお知らせしてます)。
 なおPC用のブログ壁紙が変わったのは、恒例の期間限定連載仕様にしたためです。でも元からのブログ掲載作品もあるため、なるべくどのお話も読みやすいように…といつもテンプレを選んでいます。シンプルなのがいいんだろうけど、イラストも写真も展示してないブログなので写真かイラストは欲しいんですよね~。

 幻創文庫様のテーマ企画「言葉攻め」原稿(短編の新連載)も10月上旬には上げたいところですが…新作へのリクエスト(キャラやシチュエーションなど)は引き続きゆるく募集中です><。

 あと、たまには更新情報以外のお話も。久々に本をまともに1冊、文字数は少な目ですが2日で読みました。
 仕事で見かけたんですがなんか気になってて、もう一度出会ってやっぱり気になって読むことに。表紙の予想からと全然違う内容でしたが、面白かったー。でもやっぱり小説でも漫画でもないあたり、私はもう;
 でも直感で興味持っただけあって、文学に直接関係のない本だったのに描写のヒントになることがいーっぱいありました。これは自分が「そういう」描き方をする人だから、なんだろうけど。今後どういう風にキャラやお話を作ってみるかの参考だけでなく、自分が今まで書いてきたものの特徴、みたいなのも浮き上がってきました。上手く言えないのですが、時々いただく複数の方で共通したご感想(作品から感じる空気?みたいな)は、そういうことかな、と前よりは見えてきたような気がします。
 また別にリアル本業でも勉強会があり、これまた面白かったー。2つの共通点は人間の心理に繋がるところ、でしょうか。だから「人」(キャラ)を描写するのにどっちも参考になったなあ、と。自分の拙い描写でちゃんと生かせるかは難しいですが;
 今週からは来月からの仕事関係の本を読まなきゃいけないのですが、こちらも創作に関係はなくとも初めて学ぶ分野で自分の糧になるので楽しみでもあり。でも芸術的表現もどっかで感じ取らなければ…。というか創作のことばっか考えてないで、リアル本業もがんばるよ、私っっ!

 というわけで創作もリアル仕事も本業もがんばりますー。続きはいただいた拍手コメントへの返信です↓

 サイトTOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。