碧落の砂時計 2014年01月

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
※コメント返信は追記部分にありますので、返信をご確認にきてくださった方は、ずずいとスクロールしてくださいませ。

 某所へのプロット提出も終わりまして、今は幻創文庫様に出す作品を書いています。今週中に入稿予定ですので、今しばらくお待ちくださいませ。更新が遅くて、来てくださる方には毎度申し訳ないです…。(追記:1/31UPしました。
 今回は新作ということで、でも長期連載の前にひとつ書いておきたいものがありまして、前後編の短編をお届けします。短編なので今までの例のように、ただやるだけの(身も蓋もないな;)ものですがさっくりとお楽しみいただけましたら幸いです。

 でもここで短編を書いた理由ですが、今回、ぶっちゃけ近親ものでして…。昔々このサイトができた約10年前と、なろうさんに登録したての6年くらい前に、禁断の関係(現代が舞台の、親子と姉弟もの)を2本書いたのですが、内容と文章に自分が納得いかず作品を削除してしまったことがありました。その頃の読者様はもうほとんどいらっしゃらないとは思うのですが、復活させてほしいというありがたいお声を複数頂戴しました。
 結局、現代舞台で、近しい関係で、というものはやっぱり今の自分には書けなかったので、ファンタジー舞台で叔父×姪を(昔の日本にもそういう婚姻の例はあったので、そういうタブーがないという設定で(なので禁断要素は薄いです))書くことにしました。
 そういう決着のつけ方ですが、もし興味持っていただけましたらお読みいただけましたら幸いです。過去作品を好きになってくださった方には申し訳ありませんが、復活についてはこういうことでご了承くださいませ。

 こちら、シリアス風味ですが、ハッピーエンドです。ラブコメは難しいです;次の長編連載はラブコメみたいな明るいものにしたいのですが。
 とある方から、ぶっきらぼうでわたわたする女の子(一夜や祇園みたいな)が好みvと言っていただけて、そういう女の子もまた書きたいなあと思うのですが、どうにも可憐な女の子風味とか、ちょっとじめっとした子とか、ちっちゃな子犬タイプとか、そういうのが書きやすいのか、前者の女の子の方が人気はあるけどあんまり書けないでいて、書きたいのになあと思う次第です;
 あと「じびじび」の言葉の意味も聞いていただいたので、そのうちぶつぶつと語ります(笑)某様、いつもメールありがとうございます!

 それでは続きはいただいた拍手メッセージへの返信です↓

>>INDEXへ
スポンサーサイト
 なんだかもう1ヶ月もブログすら更新していないような状態ですみませんが、執筆活動だけはもそもそと日々(ほんと短い時間ですが…)しておりますです。かような管理人ですが、本年もよろしくお願いいたします!
 最近更にサイトの更新が減っておりますが(滝汗)、「恋走情流」月1連載の最新話、今夜あたりにUPいたします。前半部分はあと2~3話で終わるかな、といった感じです。後半はR18らぶらぶモードになりますので、焦らした分がんばりたいです。
 幻創文庫様の方は今月中に何か短編の新作が書けるようにがんばります。長期連載の方はもう少しお待ちくださいませ。

 サイト更新が止まっているひとつの理由ですが、いつもなら期間限定連載が始まるところですが、今回はプロットに力を入れており、現在作成中だからです。ですので、今の段階でお見せできるものは何もなく、下書きが始められるのがまだまだ先になりそうです。表には見えない活動の間はお読みくださる方が増えるわけでもなく、僅かな常連様にはつまらない気持ちにさせてしまい、歯痒いところがあるのですが、これも全部何かに繋がると思い、地道に、応援してくださった方々の思いを力に、がんばります。

 というわけで、アンケートの御礼小話も新作を書きたいけれどできていないとか、仕事だの生活だの勉強だので中々時間がとれませんが、今年もじびじびと自分なりのペースでやりたいことに向かってがんばります!
 こちらも遅くなってしまいましたが、続きは昨年末にアンケートからいただいたメッセージへの返信です↓もし気付いてくださったら、お目をとおしてやってくださいませ~。

>>INDEXへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。