碧落の砂時計 2014年12月

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 無事に脱稿&(公募的な某所に)原稿提出できましたー。その後、風邪でぶっ倒れ、治ったと同時に年末年始でいろいろと&資格の勉強の再開で大急ぎとか。でも、でも、書くです。書くですよ!
 久々のブログで支離滅裂ですみませんが、というわけで「恋走情流」、ひとまずここで筆を置かせていただきます。
 年上の男、を書くのが正直いつもこんなんでいいのかなーと、かーなーりー心配しつつ書いているのですが(その…魅力みたいなものを書くのが難しくて…)、走輔もまた皆様に受け入れていただき、ほっとしております。今回の主人公女子は、名前も男みたいな感じにしましたが、いつもの自キャラ女子的なところがありつつも(奥手とか/苦笑)、ちょっぴり爽やか&さっぱり目になったかなと。男の子っぽいキャラって書くの好きなんだなあと改めて。
 イメージ的には森の中の水の色みたいな緑がかったようなイメージの2人でした。といいつつ、最後は単なるえろえろになりましたが…;あ、個人的には親カップルも気に入っていました。お父さんはお母さんに頭が上がりません。最後のシーンはきっと、いちゃこらした後かと(おい)。

 今回ものんびり連載で申し訳ありませんでしたが、毎回の更新のたびに拍手やご感想などたくさんのご声援をいただきました。温かく励ましていただき、力をいただき、おかげをもちまして無事に完結できました。
 お付き合いくださった皆様、応援してくださった皆様、本当に本当にありがとうございました!

 次の連載はまだ時期未定ですが、書きたいものがいくつかあるので過去作品の続編&番外編を単発や連載で書こうかなあと考えています。…でも人気作品でないやつは、アンケートを取ろうか、需要なくても個人的な好みでいっちゃおうか悩んでます。新作は幻創文庫さんの方も完結するので、そちらに投稿したいなあと思っているのですが…これもまだ未定です。
 まずは先に「あまらぼ。」を完結させたいな、と。恋走も完結したし、ムーンの方に転載する予定でいます。
 新年明けたら、これまた最終回を前に滞ってしまったFake~完結編を書きます。少し早いですが、皆様よいお年を!

 続きはアンケートからいただいたメッセージへの返信です↓遅くなってごめんなさい。

>>INDEXへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。