碧落の砂時計 金魚はどうして空を飛ぶのか。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
現在椿の下書き中です。深夜~明日には掲載申請しますので、また水曜日UPでしょうか、といった感じです。
今週末またちょっと不在かもしれないので、金魚の続きも水曜日頃にUPされると思います~。早速番外編を読んでくださり、拍手くださった皆様、励みになります。本当にありがとうございますっ!!

ブロともでリンク先の廣瀬さんにも、番外編のことを素敵ブログで紹介していただき、誠にありがたいことです(涙)
ほんと営業がんばんなきゃいけない、弱小サイトなので…。

昨日はかなた様のサイトもリンク追加させていただきましたしv胸キュンの恋愛小説サイト様です。皆様、ぜひにどうぞ!

さて、金魚の番外編を書いていて思うのですが・・・
ありがたくも金魚の話は好評をいただいており、中でもやはり性欲が金魚として見える女の子、という設定を気に入っていただけるのですが…これ、今思い出しても、なんでそうしたか思い出せないんです;

いやほんと、「金魚をモチーフに使いたい」「従兄妹同士の危うくてHな関係が書きたい」「ロリもの書いてみたい(おい!)」のみっつの願望に、

過去に書いた「鬼闇」に見られるように、現実と妄想、そしてファンタジーの境があやふやな世界観が好きなので、当時参加していた企画の趣旨から、18禁にならないためにはそういうぼやかした雰囲気でいこう!というのが合わさって、

気が付いたらああなっていました。

あと金魚=「赤」=血=生理とか処女喪失というイメージは、「赤いおとしもの」とかのようにそれも元々「性」をテーマとする時に使っていたものなので(生理ネタはネットを始めるもう十年以上前に書いたような、別のネタもあるほどで…苦手な方、ほんとすみません!)

でもそれらがどう化学融合したのか。自分でも分からず気が付いたら、あの設定で書き始めていました。
だからもう一度、ああいうお話を書こうと思っても書けないんです(涙2)
まあ、今思いつくものをのんびりと書いていきたいなあと思いますが…。中々思い通りのネタは出てこないものです;

あ、椿が椿という名前なのも、「赤」=上記の解釈で女性の象徴、からの連想かもしれません。桜も好きですが椿の花も好きですよv金魚と言えば金魚草、大好きvvvかわゆい。
でも一番好きな色は、サイトイメージのとおり青なんですがね;


ブログTOPへ
 
スポンサーサイト

更新、お疲れ様です。
わたしも青が好きなんですよw
で、相方が赤。
持ち物もみんなそうだから、逆だろって言われちゃいます。

アタクシの稚拙な話をそんな風に紹介してくださって、本当にありがとうございます♪
こんなところに図々しく並んで、大変申し訳なく思っております・・・。

『青竹~』の続き、楽しみにしてますね♪

2008.09.27 20:54 URL | kanata #- [ 編集 ]

>kanataさん

こちらこそ、リンクの許可いただきありがとうございました!貼っただけで誠に申し訳ありませんが><
また続編の方も読んでいただき、誠に誠にありがとうございます…!!かなたさんも連載頑張ってくださいませねvまた読ませていただきます!

かなたさんも青がお好きなんですね♪確かに小説ブログのイメージはそんな感じですね~。
うちは相方も姉も青が好きなんですよ。昔からそういう色に囲まれてます。でも逆に、たまーにオレンジとか反対色を選んでみたくなるんですよね。金魚も青とのコントラストですきなのかもv

あ、ちなみに青が好きな人は完璧主義なのだと何かで聞いたことがあります…。

2008.09.27 22:43 URL | たかお #KVcJ/2wY [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/17-2111ff3f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。