碧落の砂時計 拍手お返事&「もしかしたらの神様。」と「博愛チューリップ。」の続編情報。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
現在「Lollipop!」の続き、下書き中です~。アンケートでご声援くださった方、ありがとうございます!そのほかの作品へのコールもありがたく頂戴しております。

さて本日は書きたいと言ってからすごく時間がかかりましたが、お気に入りネット小説のブログ記事を更新しましたので、興味持っていただけたらこちらからご確認くださいませ。今回携帯からも読める作品です。
(以前オススメ記事を読みたい、と仰ってくださった方、今頃になってしまい本当に申し訳なく思います…)

「月姫異聞」もラスト1話前、UPしました。ランキングサイトから読みに来てくださった方々、ご投票くださった方々、誠にありがとうございます!
>本日月姫に拍手コメントくださったG様へ
応援、誠にありがとうございます!竹親父、ぬるく活躍中?です。あと1話ですので、よろしければ最後まで見届けてやってくださいませ…!

次回最終回です。以前UPしていたものより、密かにらぶらぶ度をあげようかなあとちょっぴり加筆予定ですv

1週間後が引越しなので、8月上旬頃まで連載を書くのが遅滞してしまいそうですが、 「ワスレヤハスル。」は既にラストまでできているので、サイト自体は何かしら動いているかと思います。
そしてその期間にUPできるよう――はい、リクの一番多かった「もしかしたらの神様。」続編、ようやく連載開始に向けて、下書きをちびちびと始めました。(待っていてくださった方、ありがとうございます!)

というか!アンケートでもネムリヒメを超えるくらいすごくたくさん(当辺境サイト比)のリクを頂戴したのに、こんな内容でいいのかしら;
今のところ本編を読まれた方全員に読んでいただけるようR15になっていますが、しょっぱなからエロ全開です(苦笑)本編はエロシーン以外にも主人公が自分を振り返るような場面もありましたが、ネムリヒメ。以上に、単なるらぶらぶえろえろな続編になってしまいそうです。
がっかりされる方もいらっしゃるかもしれませんが、今の私の限界&こんなんでも楽しんで書けるものですので、どうかお許しくださいませ…。

早くしろ!と仰ってくださる方へ。推敲途中の冒頭をちょっぴり、公開…。サービスにもならないサービスでごめんなさい↓

 よく恋のたとえに甘い炭酸飲料の泡が弾けるような言い方をされているが、今の祇園の心境はまさにそれだった。
 大学に入学した時から一人暮らしをしているアパートの一室で、何度目ともないため息をつくと、肌触りの良いお気に入りのクッションを、抱く。胸の中でしゅわしゅわと沸き起こる想いから生まれるその吐息には、最早甘い香りや淡い色でもついていそうなほどである。

 いわゆる「乙女モード」というやつだ。


…まあこんな感じで、ラストの旅館での初えちの次の日という設定から、お話が始まります、はい。
他の連載がありますのでおそらく月1連載になってしまいますが、2話目以降、早海視点も入れたり、今お礼SSにしているものもこっちの続編に組み込めたらなあと思います。
(これ以降はまだ全然推敲していないので、公開できなくてごめんなさい!)

「博愛チューリップ。」続編も構想中です。待ってますコールいつもくださった方、秋くらいには始められるようにがんばりますので~(ここ見てらっしゃるかな;)。
本編のイメージを壊してしまうかもしれませんが、読者様からヒントもいただき、新連載では主人公2人のキャラがもっと立つよう、続編というよりはやっぱり最初から書き直しにしようかなあと思ったりもしています。
でも折角本編や続編を読んでいただいたので、そちらのエピソードも生きるようにしたいのですが…。
ぶっちゃけ具体的にどうするかといいますと、

1、脇キャラを増やす(ちょっとラノベ、漫画的、ギャグ要因なキャラになってしまうかもしれないけど)

2、小学生時代の日向×高校生(or中学生)時代の千景など、子供時代のエピソードを増やし、「子供だった彼が成長して年上のおねーさんと立場が逆転して惚れ合っちゃう」みたいな、コテコテ恋愛要素を強化したい!(他人同士なのでネムリヒメとはまた違った感じで)+前作以降のらぶ甘な関係も書きたい!(もちろんらぶしんありで)

3、恋愛以外のストーリーも膨らませたい。久々の20万字超えの長編…になるといいなあ(相変わらず公民館ネタ&兄弟ネタですが…)

という具合です。ラノベ的長編恋愛ものを最近書いていないので、アンケ結果も踏まえて書こうかなという次第です。
もちろんシリアスなプロットなら、まだまだいっぱいあるのでそういう内容のもまた別に書いていこうと思います。

あと余談ですが、某様に「幻影金魚」のイメージソング的な詩を作っていただけることになりました…!(S様、ほんとすみませんありがとうございます~)
途中までのものを見せていただいたのですが…、すごい!私の書いたブツ以上の表現でドキドキする世界が繰り広げられていて、創作意欲をかきたてられております!長編はさすがにむずかしいのですが、2人のえちシーンがまた書きたくなりました(笑)…いえ、ただの官能目的よりは、男と女の間に横たわる深いものを、もっと掘り下げて情熱的(←ポイントv)にしてみたいなとか。
次回のお礼SSはとりあえずこの2人で!

サイトTOPへ
 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/199-ddfb2afc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。