碧落の砂時計 アンケートご感想へのお返事(自分語り入ってます…)

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
いつもアンケートにお答えくださる皆様、誠にありがとうございます。温かい応援のお言葉も励みにさせていただいております!
さて、8/29にご意見いただいたアンケートへのご意見について、自分の作品や自分自身そのものを見直すきっかけになりましたので、ご要望へのお返事のような自分語りのようなものを思わず書いてしまいました。

ご意見くださった方、興味のある方はよろしければ以下をのぞいてやってください…(作者語りとか反省をつらねるものが苦手でしたらバックでお願いします、すみません!)

↓↓↓
 
 
いただいたご意見の方、かいつまんで掲載したかったのですが、私自身が全部を理解していないかもしれませんので、申し訳ないですが一部を掲載させていただきます。

>ただ一点感じた事として主要な登場人物が全般的に凄く真直ぐな人物が多く、相手本位にし過ぎた結果、若干世界観が狭いかなと言う気がします。
単純に鞘当て人物を増やして欲しいと言う訳では無いのですが、助言出来る友人・知人等、彼(彼女)らの掘り下げをもう少し行って頂いた方が、より幅が出来て良いのではないかなと感じましたので、お願い致します。


ご丁寧で、かつ鋭く具体的なご指摘のほど誠に誠にありがとうございました!拙作にも関わらずもたくさんの長編を読んでくださったこと、そちらへの温かいお言葉も感激いたしました。
いただいたご意見については、自分でも前から気になっていてどうにかしなくては、と思っていたことでしたので、特に胸にずしんときました。

登場人物を最小限にすることや、主役級が相手に対して一途過ぎること(互いしか見えていないような閉鎖的な人間関係)は、そこをあえて書きたくて創作活動としてやってきたことですが、それは逆を返せば登場人物や作品そのものに広がりがなくなり、作品にこめたメッセージも作者本位の狭いものになってしまい(かつ似通ったお話ばかりになってしまい)、読み手様にとっても物足りないお話になってしまうかもしれない、と自分なりに考えました。
正直、筆力がないのと文字数の関係からキャラを少なくし自己完結をさせてしまうことと、「私」という人間自身の視野が狭く、知りうる範囲の世界や持論しか書けないという弱点がそこにはあります。更には情けないですが私の視野の狭さは、行動力のなさ、人とのコミュニケーションが下手で億劫がるところなどの性格上の欠点からもきているため、それが広い世界観や多様な人間関係を描けないという結果に繋がっているのではないかと思います(オフでの対人関係も反映されていそうです…)。

素敵なネット小説に出会ってスランプに陥る時が同じネット作者としてよくあるのですが、やはり他の方の作品では第三者の存在が(端役でも悪役でも設定や人間性が)しっかりとできていて、その人と人との関わりにより事件を巻き起こしたり主人公に何かを学ばせていらっしゃるんですよね。そういうのを読むとすごいなあ、今の自分には書けないなあとずーんと落ち込むわけです。それでも書くことをやめられないのですが。
趣味のスタンスで書いているので書きたいことを楽しく書くのが一番なのですが、ランキングに登録したり何かの賞に応募したりと多くの方に読んでいただこうとしている以上、自分も少しでも面白いと思ってもらえるものを書きたいと願う気持ちがあります。なので面白い作品に出会えば感動と共にショックも受けるわけですし、少しずつでもどうしたらよくなるのか考えていきたいです。

私自身も変わっていかなければならないことなので(もういい年なのですが、未熟でお恥ずかしいです…;)、改善には時間がかかるかと思いますが、自分をなんとか磨き作品もよりよくなるよう努力していきますので、もし今後もお付き合いいただけることがありましたら、また気長に見守っていただけたら幸いに存じます。
なお近日中に、「幻影金魚」や「博愛チューリップ。」の続編について、また現在までに構想していることをブログに書きますが、こうしたことにも注意しながら構成していきたいと思います(他の連載中作品についても同様に…すぐには劇的に変わらないかもしれませんが…)。

こうした拙い自己主張が混じったような作品を公開し、それでも貴重なお時間を割いて読んでいただけているうえに、とてもご丁寧なお言葉で温かいご感想をくださる皆様に出会えていることは、自分には勿体無いほどの幸せだと思いますし、だからネット小説がやめられないのだと思います。こうしてお気持ちを伝えてくださる方をはじめ、今まで支えてくださった皆様には心より御礼申し上げます。

ひとりよがりでもまだまだ書きたいことがいっぱいありますので、少しでも読みやすくなるよう、折角のお時間を読んでよかったと思っていただけるよう、精進していけたらと思います。辺境サイトのしがないモノカキですが、ほそぼそとがんばります!
長文語りになりましたが、ご意見くださった方、ここまで読んでくださった方、誠に誠にありがとうございました。

サイトTOPへ
  
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/219-8880e265

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。