碧落の砂時計 幻影金魚の続編なんですけど…いっちょやってみるかどうするか。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「ワスレヤハスル。」今回ある意味クライマックス、でした(らぶしんという意味での;このあとはえろちっくなシーンはもうないですごめんなさい~)。あとは2人がどうなるか、何か大きな事件などは起きないお話ですが、よろしければお見届けくださいませ…。
ロリポップは現在下書き中です。来週頭にはUPしていただけるようがんばります!今回もえろえろでっす(苦笑)

以下は前回のブログと同様に頭の中で考えていることで、今回も長文ですので気が向きましたらお読みください~。幻影金魚の続編について、今の時点で考えていること、です。


「幻影金魚」続編第2弾……お礼SSの下書きをしながら、構想を練っています。青竹迷風の続きと言うことで、もう今度こそ結婚までの完結編を書こうかなあとかどうしようとか。
で、具体的に考えた時に、9月中にUP予定のどろ沼SSを読んでいただければわかるかと思うのですが、結局2人の乗り越えるべき困難を書くのが怖かったり筆力がなかったりして、今までの2作品はあそこで終わらせたんだなあと自分でも改めて思いました(結局、青竹も本編に含まれる時間軸で、付き合ってから1ヶ月足らずのところで切れてますもんね)。
これから続編を書くとなるとそうしたちょっと苦しい現実まで書くことになりそうなので、あくまでまだプロット案の段階なのですが、いっそのことそこを書くならば、R指定をせずに最初から時間を追って(幻影金魚+青竹迷風+これから書き足す未来の部分+過去のエピソードを加えたり削ったり)大長編として書き直すのもひとつの手かな、と思うようになってきました。……なんて、ありがたくもR指定続編をリクしてくださった方々に怒られてしまいそうなのですが。

R指定をせずに、と思った理由は2人の未来まで書きたいなと思った時に、本編のように官能をテーマにしたものよりも、恋愛を中心に書き直したほうが矛盾する部分もなくなり、ストーリー上すっきりと読みやすくなるかな(構成的にも1作の「作品」として完成されるかな)、と思ったからです。
でももちろん、このシリーズでは抗えない性欲=金魚がちらちく描写や、10代の性への目覚め、何より従兄妹同士の葛藤みたいなものが何よりも特徴的で重要なテーマですので、R指定をとったとしても危うさと官能的な空気が出せるよう書きたいと思っています(過激なR指定でないというだけで、PG12にはなってしまうでしょう)。逆に安易に性行為シーンを書くよりも、そっちに挑戦したいというか…。
またもちろん、官能をテーマに甘くえろく書いた元々のお話も気に入っておりますので、それはそれで1つの「完成作品」として削除することなくそのままにしておきます。それとは別に書き直しをリメイク作品として単独UPして、続きの部分はそちらに加えていく、といった感じなんですが…。

この方法がいいのか、折角このお話を気に入ってくださった方をがっかりさせてしまったり、比較されて不評に終わるかもしれませんが、私なりにこのお話が大切だからこそ、続きを真剣に考えた時にこのようにするのが一番納得のいくものが書けるかもしれない、と考えてみました。
過疎サイトですので、失望されてしまったらどうしようと正直すごく怖いのですが、やっぱり書きたいものとか、お話としてもっとよいものに挑戦してみたいという作者魂に負けてしまいます…。絶対にへこみそうですが、でもがんばります。

連載開始は、10月か11月か、12月か…わからないのですが冬には始められればなと考えています。もう少し悩んでみます。でも最初から書き直しならば、かなりの長編になってしまうので更新速度を速くしてそれ中心にするつもりです。
結局そこまで思い切れず、このままつぎはぎのように続編を書くかもしれませんが…未定ばかりですが、頭の中でぐるぐるしていることを整理するためにここに書かせていただきました。おかげさまで色々とすっきりしてきました。

「博愛チューリップ。」を書き直したいのも同じ理由なんですよね。こちらもR指定なしになってしまい、もっと登場人物が増えて、純な初恋を日向にさせつつも公民館のどたばたが起こるような、青春ちっくなものになりそうです。金魚とこっちとどっちを先にスタートするかは未定ですが。
前回のブログでも悩んでいましたように、最近R指定なしが多いのは、恋愛や性の誘惑に勝てずに悩みつつも、人として深みのあるようなものも書きたいというか、そんな背伸びをしたいお年頃なのかもしれません;
でも人に性欲がある限り、どのお話にも微えろまたは下ネタは標準装備されていますので、ご安心(??)ください!
もちろんR指定ものはこれからも、幻創さんのほうと番外編部屋やネムリヒメやもしかしたら~で甘くえろく展開していく所存です!

こんなところまで読んでくださった方、前回の長文日記への拍手くださった方もですが、本当に本当にありがとうございます。まじで愛しちゃいます(いらん)

サイトTOPへ
  
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/220-33ea8b7d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。