碧落の砂時計 拙作をご紹介くださったサイト様のご紹介。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
先日、拙作「幻影金魚」をブログ「椰子の実ライブラリー」様にて、ふじやましのぶ様にご紹介いただいてしまいました…!!本当に勿体無いことです。誠に誠に×∞ありがとうございました。
ブログ記事を拝見した時は、正直、鼻血吹いて倒れましたよ~。だってすごい憧れの作者様だったものですから…。自分は感想とか恐くて残せない方ですが、こっそり読んでは憧れているネット作者様は大勢いらっしゃいます。そのうちの一人の方でした!

すごい人気の作者様でいらっしゃるので、こんな辺境サイトで語る必要もなくご存知の方も多いかと思いますが、簡単なご紹介をさせていただきますと…。
女性向け18禁作品をムーンライトノベルズにて(こちらではフクロモモンガ様というPNで)、
「王都の冒険者たち」
「山間の城の物語」
「魔女とコヨーテ」
と連載されておりますが、どれもこれもめちゃくちゃ素晴らしい作品なのです!(大変すみませんが、18禁作品のため直リンクを控えさせていただきました。ふじやま様のブログよりぜひぜひジャンプしてくださいませ!)

ランキング上位であられるのも頷けます。まずは、文章力。もう何も申し上げることはありません。参考にさせていただきたいです!
次に官能的な内容。女性向けでソフトですが、「官能」と言うのにふさわしい背徳感と甘美な性にどきどきする世界が広がっております!(ストーリー重視のため行為中心ではありませんが)
あとは人間ドラマ。この作者様が書かれるのは、単純な惚れたはれたのらぶえち作品ではありません(私の作品が恥ずかしくなるくらい;)。愛のない性描写も多々あります。
RPG風と作者様自身も紹介しておいでですが、そういった異世界ジャンルなのに、情景描写が巧みであることもあり、女性の生き方とか葛藤とか、愛がなくても(あっても)快楽に負けてしまう様とか、そういったものを見事にリアルに書かれておいでなのです。
「心を書いてこその小説」と拙作の紹介記事に書いてくださいましたが、まさにそのとおりなのです。くどくどした心理描写じゃないのに、心の機微が伝わってくるんですよね。

とにもかくにも、どの要素をとっても素晴らしいです。上手く言葉にできませんが、ぶっちゃけ自分の18禁作品を全デリートしたくなったくらい、すんばらしい!!読者としてももう、ヨダレの海に溺れるくらい、すんばらしい!!
こんなご紹介しかできずに本当にすみませんが、あとは皆様の方で読んで身悶えてくださいませ…!
なおいずれの作品も西洋を舞台にしたもの、シリアス、長編(だからこそ濡れ場が何度も…v←おい;)となります。

いやだから、拙作を読んでくださった上にわざわざご紹介記事を書いてくださるだなんて、今でもよろしかったのかと震えているのですが…。執筆でお忙しい中、本当に本当にありがとうございました!これからも素晴らしい作品を世に送り出してくださいませ。
ご紹介サイト様から拙作を読みに来てくださった皆様にも、この場にて心より御礼申し上げます!

サイトTOPへ
 
スポンサーサイト

こんにちは。

記事を割いてご紹介していただいて、ありがとうございます! 
しかも私のR18話までご紹介していただき、勿体無いお話ですm(_ _)m

初期の話は読み返すだに恥ずかしいですし、近作も時間かけた割には、要領を得ない文体になっているので、本当にここのところ、力不足を痛感しています。
takaoさんのように、丁寧に繊細な心情を描けたら…と思うのですが…。
一朝一夕で力はつきませんが、修行していきたいと思います。

takaoさんも、今後も頑張ってください~!
「青竹迷風」、少しずつ読ませていただいています。
男性主人公の恋愛ものって、ちょっと苦手だったのですが、こちらは相変わらず共感できるリアルな心情と情景の描写を噛みしめながら楽しませていただいています。
連載中の「緋色の檸檬水~」の方も応援しています!

2009.11.09 13:55 URL | ふじやま #ncVW9ZjY [ 編集 ]

>ふじやまさま
こちらこそ勿体無さすぎるほどの紹介文に対し、あこがれております割に上手い紹介文が書けずに大変心苦しく思いますが、ご確認いただいたうえに、あたたかいお言葉ありがとうございます!コメントまで残してくださり感激です!
こちらにしてみれば初期作品から存じておりますが、最初から「すげー!!」の一言だったのですが。毎回長文のお話をよどみなく書かれておられて、見習いたいなあとずっと思っておりました。
私もおっしゃっていただけた身に余る言葉に少しでも近づけるよう、精進したいと思います。

「青竹迷風」も読み返すと恥ずかしい文章なのですが(だからこその書き直しなのですが;)、お目をとおしていただき恐縮&光栄です!男性主人公は苦手だったのですね!それなのにすみません~。
でも共感とリアルは私自身苦手で課題としているところですので、少しでもそう思っていただけたのでしたらとてもとても嬉しいです。書き直しバージョンの方までもお読みいただき、応援のお言葉まで…!
またメールの方も後日返信させていただきますが、本当に色々とお世話になり感謝してもし足りないほどです。改めて深く御礼申し上げますと共に、今後のご活動も影ながら応援しております!
 

2009.11.10 07:29 URL | takao #KVcJ/2wY [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/244-4f40c483

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。