碧落の砂時計 アンケートちょっぴりお返事&迷走迷走。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」第2話UPしました。
今思えば本編は企画参加もののため連載期間が決まっていたので展開を早くしましたが、こちらはもう完結編ということで期限なしで書きたいだけ書くつもりなので、これでいいのかわかりませんが、とにかくじわりじわりと展開させていただいております。
微妙な出だしに拍手くださった方、拍手やアンケート等で応援メッセージくださった方、ありがとうございました…!

あと今週こそ、チューリップの続編連載開始を…!でもこちらもnot恋愛方向に趣味全開ですので、内容についてご期待は決してなさらないでやってください(涙)

椿の続編(最終話)も即日UPしたいただけました!ほんと、本編がシリアスでしたので単なる甘甘な時間が書きたいなあと思って書きました。
逆に幻創さんでは続編よりも、官能シーンのある新作を常に発表して挑戦していく場にしたいと考えていますので、これより前にお話した生徒×先生もののプロットに入ります。

さてさてアンケートにお答えくださる皆様、メッセージくださる皆様、本当にありがとうございます!ご要望とも違う内容かもしれませんが、少しお返事を書かせていただきます。

>全体に言葉が過剰なところや、時系をずらした構成の処理にもたつきが見られるところが気になりました。
作品への温かいご感想並びに改善点をご指摘くださり、ありがとうございました!いつも課題にしていながら中々直らないのがお恥ずかしいですが、具体的に示してくださってありがとうございます。今後の作品作りの参考にさせていただきたいと思います。(こちらこそイラストが描けないので、ぜ、ぜひ描いていただきたいとか思ってしまいました~。すみません!)

また「ネムリヒメ。」について、
>早く続きが気になるけれど、終わっちゃうのも寂しく感じるので、
のメッセージくださった方もありがとうございました(ご心配のお言葉まで添えていただき感謝申し上げます!)。作者自身も早く続きを書くべきと思いつつ、だーっと書き上げて終わってしまうのも寂しいところがあります。あのシリーズもどこまで続けようか、少なくとも日々是好日はどこで終わらせるべきか、今悩んでいるところだったりします…。

こちらも「ネムリヒメ。」からお読みくださった方からですが、
>出来れば紙面でいつでも読める状態に…!
自作品などにとても勿体無いお言葉、誠にありがとうございます!短編ばかりでしたら、いっそ同人活動時代のノウハウも生かせるのですが(笑/イベント合わせ締め切り直前に徹夜でPCでまんが描いて印刷屋さんにデータ入稿したり、イベント会場で友人とコピー本製本したり…懐かしいです←遠い目)、長編ばかりですのでおっしゃるとおりコピー本というわけにもいかずに、かといってお金も実力もなくてごめんなさい!
でもお言葉すごくすごく嬉しかったです!執筆の励みとさせていただきますね。作品全体への温かいお言葉もありがとうございました。

そのほかの泣けるほどの応援メッセージのほども、誠に誠にありがとうございました!

さて件名につきまして…相変わらず自分探しの旅は続きます。こんな自分でごめんなさい。
というのも、先日思うところあって「刺身のつまにもなりゃしねえ。」を全文修正いたしました(内容は変わらず文章のみをですが)。それでもあまり変わり映えしないかと思いますが、過去に今よりも読みにくいものを読んでくださったうえに、よかったと言ってくださった皆様には心からお詫びとお礼を申し上げます。
何のための改稿かと言いますと、ちょっぴりもぞもぞと新規投稿サイト様に投稿する関係でして…(汗)もしどこかで見かけましたら、生ぬるい目で見守ってやってください…。
時間などの関係上、まだ継続的に投稿するかは決めていませんが、そちらにはサイト様のカラーから、過去作品のうち男性主人公のものや、ラブコメなものを全年齢版にリメイクして投稿してもいいかなあと考えています。まだ様子見の段階ですが、新作を書くことがありましたらまたこのサイトからリンクしようと思ってます。

リメイクばっかじゃねえか!という感じですが、一応過去作品はあれでも時間を掛けて書き、作者にとっては勝手に思い入れがあったりします。そんな作品に「よかった」とか「ここはこうすればいいと思う」とかご親切に言っていただけると、もう一度最初から書いてよりよくしてみたくなってしまうのですよ~(金魚がいい例です)。
というわけで、特に初期の作品は文章作法を今以上に知らなかったこともあり、最初から全部書き直したくなるんですよね。というわけで生産力のない作者ですみませんが、これが自分にとって少しでも何か力になっていればいいなあと主t増す。

リメイクだけでなく続編をよく書いてしまうのも、作品への愛着やいただくご感想がありがたすぎて(続編設定リクとかいただいたあかつきにゃあ、もう…!)、という理由からですかね。
趣味だったらこれでいいと言えばいいのかなあ…。

サイトTOPへ
  
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/245-c2e3db5c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。