碧落の砂時計 アンケート入れ替え。&今年もエントリしました。&拍手お返事

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
アンケートを第5回のものに入れ替えました。
第4回にご協力くださった皆様、本当に本当にありがとうございました!参考になるご意見から、温かい励ましのお言葉まで全部ありがたく拝見し今後の力にできればと思っています。
今日まで546件のご回答をいただきましたこと、拙サイトへの温かいご協力、平に感謝御礼申し上げます。結果につきましては、以前ブログで発表させていただきましたので今回は割愛いたします。

アンケートお礼のSSも入れ替えをしました。新作は2作品のSS+おまけの全3本です。えろえろ(…)とほのぼのです。
長らくお読みいただいた、第1、2回の時のお礼「もしかしたらの神様。」と「刺身のつまにもなりゃしねえ。」の後日談ですが、もしかしたら~の方は今後「かみさまのて。」の内容に統合するよう、小説内に書き入れることにしました。時間軸としてはまだ先の更新になってしまうのですが、お風呂のエピソードは意外と早い段階で書いてしまうかもしれません?
大根の方の後日談は、裏部屋の方に置くことにしました…。花火の後のエピソードでもありますので。もしものもしもで行為の内容を書くことがありましたら、こちらも一度下げて書き直したいと思います。
その結果、お礼SSがよりマイナーな作品の後日談ばかりとなってしまいお礼になっているのか分かりませんが、どれもわずかなりともリクエストを頂戴していたので書かせていただきました。私自身も書きたかったのでその後のらぶらぶな様子が書けてほっとしております。

今までのものと違い、今回は多くの作品を読んでくださった方向けのアンケートかなと思いますので、お時間ありましたらこちらより答えてやってくださいませ(サイトTOPにもリンクがあります)。結果は今後の作品づくりの参考とさせていただきます!


そして2月になりました。はい、今年も細々とエントリーしてます…。アルファポリスさんの恋愛小説大賞
今回は今更ながらの「ネムリヒメ。」にて参加しています。まあ応援してやろう、という場合は、作品目次へとお越しいただき、最下部にあります投票ボタンをよろしければぽちりとしてやってくださいませ(投票には市民登録(無料)が必要になりますので、ほんと、よろしければ…)。
1ヶ月間の開催になりますので、トップページの赤字リンクも1ヶ月間貼らせていただきますが、何卒ご承知おきくださいませ。

こちらへのエントリーは、ある程度の長さの完結作、と自分で決めているので「もしかしたらの神様。」「幻影金魚」ときて、3回目の参加となります。毎回参加するだけに終わっていますが、色々な方にお読みいただけたり、自分も学ぶところがあったりするのでエントリーを続けています。
今年もお一人でも多くの方にお話を読んでいただけましたら嬉しく思います。そして自分も様々な素敵作品、サイト様から学ばせていただこうと思います!

ちなみにエントリーに伴い、この作品の全文改稿を現在しております。こちら2年前に書いた作品のため文章がとにかく読みにくく酷かったものを、数々のありがたいご感想から「もっと読みやすいものにしたい!」と一念発起し、以前から進めていたものです(これでも2回目の改稿なんですが、どれだけ修正してもし足りませんね;)。
長編のため中々作業が終わらずまだあと少しかかりそうですが、2月中旬に改稿終了予定ですので、内容は変わりませんが興味のある方はまた読んでやってくださいませ。
初稿よりも少しでもまともになっていましたら幸いです。以前のもっと読みづらかったものを最後まで読んでくださり、温かいメッセージやアドバイス等をくださった多くの皆様に、改めまして感謝申し上げます。

2月中に続編第2弾の続きもちゃんと更新しますので!次回もやっぱりしもねた方面です。
あとすみません、裏部屋と言えばカマクラの続きも書かねばですよね。できる限りがんばります!

長くなってすみませんが、以下拍手お返事です。いつもありがとうございます~!↓

サイトTOPへ
 
>1/30に「ハルハナノミ。」にご感想くださったO様
主人公、なんだかどんどんキャラが崩れていってますが、可愛いとおっしゃっていただきありがとうございますー!(涙)彼はどこへゆくのでしょう…次回はさらに何やってんだか、みたいなエピソードが入ります。
今回たまたま公民館をテーマにしましたが、きっと私が知らないだけで色々な身近なものにそれぞれの歴史があるのでしょうね。そしてほとんどの地区でシニア層が使っていることと思います。なのでこのお話はある意味、ありえない=ファンタジーですし自分でもライトノベルのつもりで書いています。
でも確かにありがたいお言葉のとおり、学園ものやアクションものとはまた違った人間関係を書きたい、と筆力不足ながら思ったところはあります(需要とか関係なく;)。
O様の大胆な素敵作品と違い、自分は平凡な人間なのでどうしてもこういう地味なものしか書けないのですが、それでも薀蓄部分も引かないでくださって更新にお付き合いいただき本当に嬉しく思います!これからも更新がんばります!(メールまでご丁寧にありがとうございました!)
 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/272-baa569d1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。