碧落の砂時計 鬼の話についてとリクエストと拍手のお返事。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 「カマクラ」と「かみさまのて。」どうにか毎日更新中です。そのまんまUPというわけでもなく、文章がやっぱり気になるところがあり直しながらなので結構へばってますが、あと少しなのでがんばります!神様の方はR18シーンの加筆がようやく入ってきました~。
 あと現在、「ROMANCE」準備中です!お待ちくださる方は、今しばらくご辛抱?くださいませ。今度は官能シーンばりばり入っちゃいますので(汗)

 さて、まずはいただいたアンケートリクエストへのお返事です。この他にも温かいメッセージの数々、涙して受け取っております~!

>「Lolipop!」について、つきあい始めからどういう風に仲が深まっていったか知りたいなと思いますが、さかのぼることはできないですか?

 こちらのお話、気に入ってくださって誠にありがとうございますー!官能小説を目指して行為描写に力を入れてしまったうえに、ストーリーも絡めるものですから、本当に長くなってしまいました。
 さすがに長くなりすぎるのも…と思い、次回の第4部で一旦完結にするのがよいかなと思った次第です。そこで最後のまとめとして、数ヵ月~1年後を舞台に主人公たちの未来を書こうと思いました。
 でも確かに、付き合い始めから一気にそこまでお話がとぶのも、急な展開すぎますので(すみません、反省事項です…)、第4部ではできるだけそれまでの出来事にもさかのぼるよう、上手く(できるか不安ですが)組み込んでみたいと思います!エピソードが足りないようでしたら、また番外編なども書ければなと思っています。
 今後の作品ではそういった構成についても、もっともっとよく考えていきたいです。ご意見誠にありがとうございました!

 次に「鬼闇」という以前サイトに掲載していたお話について、ありがたくも今でも「もう一度読みたい」というコールを時々頂戴しますので、改めてご回答申し上げます。

 こちらはサイト掲載時にも、ありがたくもお気に入りコールを複数頂戴しておりました。ですが初期の作品ですので、作品数が増えてくるにつれ、文章の拙さが気になるようになり、一旦きちんと改稿しようとネットから下ろしました。
 ですが他のお話よりも熱いコールが多かったり、自分でも気に入っていたこともあったため、ただ改稿するだけでなく、どこかに挑戦できたら、と思うようになり、実のところ、先述の出版社様の方にこの「鬼闇」も電子書籍の候補作品としてお送りしました次第です。(→こちらの記事参照)

 また大変申し訳ないのですがその際に、姉弟の近親相姦ではなく同級生の従姉弟もの(「幻影金魚」の設定を足したもの)として書き直しもしました。近親相姦だからこそよかったのかもしれませんが、自分の中では「作品」として完成させたかったため、その設定がなしになってしまいました。
 ですのでもしものもしもで発刊していただいても、違う印象のお話になり、がっかりされてしまうかもしれません…。

 折角気に入ってくださったのに、有料版への投稿、そのうえ内容も書き直してしまい誠に申し訳なく思いますが、こうした皆様の応援があったからこそ、この作品(鬼が見える少女というテーマ)で商業の方で挑戦してみたいと思いました。
 このような回答で非常に心苦しく思います。お問い合わせくださった皆様、初期作品にも関わらず、本当にありがとうございました。そして本当にごめんなさい。
(でも原本の方にリクエストが多いので、発刊が決まるまではブログの方で再公開してもいいかなあとも思ったりしますが…また考えさせてください!)

 以下は拍手お返事です(D様、m様は某所にてレスさせていただきました。)↓

 サイトTOPへ
 
 >3/12に拍手メッセージくださったF様
 いえほんと、大したことではないのですが、小生には勿体にないお話でして;このような記事を見つけてくださり、温かいお言葉ありがとうございます!!(号泣)でもほんと、折角の機会ですので、少しでも「実」にできるよう、がんばりたいと思います!
 PNは会社様専用のものにせねばいけなかったので、それ以外(ネット等)で書くならPNも変えるようご指示があったためです。紛らわしいうえに、どちらかの活動に絞れなくていけないのですが、少しでも経験になればなと思います。
 お言葉を励みにこれからも精進します!F様のような人を魅了する文章が、少しでも書けるようになりたいものですv

 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/297-58d40ee3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。