碧落の砂時計 更新報告とアンケートへのお礼と3/31~4/1拍手お返事。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 サイトTOPなどからリンクしてます、ついったーですがいつの間にか携帯から見られるようになってたんですね。(え?見られなかったのうちの携帯だけ?)
 今までPC推奨していましたが、家で執筆しているときは必ずその日の作業進捗情報を書いているので、興味のある方、今日は更新ないんかい、とありがたくも日参してくださる方は、ちらりと覗いてやってくださいませ。日常の愚痴や創作以外のことも、たまーに呟いていますので。

 報告遅れましたが「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」、本日「かみさまのて。」UPしましたー。
 金魚は現在、元作品と同じ台詞を言わせていますが、次回以降ちょっと違う展開になりますので、また別物としてお読みいただけますと幸いです!何度も言っていますが(アンケートの好きなシーンで複数回答をいただいたので)、神社のシーンはのちほど必ず持ってきますので…。コメントへのお返事はこの記事の追記↓にていたしますね。ありがとうございます!

 アンケートで励ましのお言葉を添えてくださった方々や、「カマクラ番外編」にリクエストくださった方、ありがとうございました!カマクラの方もいつかまた書きたいなと思っていますので、今しばらくお時間くださいませ~。
 やはり複数回答をいただくと、書きたいなという気持ちになってしまう単純野郎ですvただ新作も書きたいので、そのあたりの兼ね合いが難しいのですが;

 各記事や作品への温かい拍手もありがとうございます~!
 新「ハルハナノミ。」を今後どれくらいの方に読んでいただけるか分かりませんが(携帯ではとても読みづらいですし、目次にある事情により大々的に公開、宣伝もできませんし…)、パスにてわざわざアクセスくださった方、更新中止した旧作の方に拍手くださった方々、本当に本当にありがとうございます!
 改めて予告しますと、旧作のこのあと書く予定だった重要エピソードは新作にも取り入れる予定ですので。公民館ネタが減り、恋愛ネタが増える感じで考えていただければと思います。

 以下はいただいたメッセージへのお返事になります。下さった方々はご確認くださいませv
 A様、T様には長くなりましたので、メール等にてお返事させていただきました。作品読んでくださってありがとうございましたー!↓

 サイトTOPへ
 
>3/31 0時に改稿版「ハルハナノミ。」にコメントくださったM様
 執筆でお忙しい中、こちらのシリーズ、早速読んでくださったのですね~!ありがとうございます~(涙)記憶に残るものが書けないのは、ひとえに私の筆力がないから、ですので(汗)
 >あれ?付き合ってたんだっけ、告白したんだっけ?
 この辺は商業版の方のエピソードになるため、詳しくは書けないのですが、関係が始まったばかりというのは、旧作も新作も変わりませんので、多分そこは分からなくても読めるかとv逆に前作を読まれていない方にも、面白く感じていただけるようなお話を書けるよう、頑張ります!
 自分も作品移動して元の作品を消すだけの作業でもとてもさみしかったです;それでも大した活動は全くしていなくて、執筆暦に関係なく見事な筆力をお持ちのM様の文章力構成力を少しでも見習えれば……とサイトを拝見しては思う日々です。これからも細々とですががんばります!

>3/31 5時に旧「ハルハナノミ。」にコメントくださったO様
 お忙しい中、お越しいただき恐縮です。あれだけの作品を書かれるO様に、拙作を読んでいただくのも恐れ多く、申し訳ないのですが…ですがお気遣い、大変嬉しく思います(礼)日進月歩、少しずつですが精進したいと思います!
 旧作の公民館ネタでもかまわないと激励くださったのに、結局、方向転換してしまいすみません…。何はともあれ、新しいものも私自身が楽しんで書きたいな、とそう思っています。温かいお言葉、ありがとうございました!

>3/31 17時に「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」にコメントくださったm様
 某所にもメッセ送らせていただきましたが、改めてありがとうございました!1章の最後は、元作品とあえて違う展開にするつもりです。自分もどきどきですが、R指定のない恋愛ものとして、そうした方がまた違うドキドキ感があるかな、と思いましたので…。お忙しい日々の合間に、少しでもお楽しみいただけることを願っております><
 いつもいつもご親切に、ありがとうございます!毎回のご声援、大変元気づけられております。

>4/1に「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」にコメントくださったU様
 何度も何度も読み返してくださったとのお言葉に感激しております!あさぎと清矢郎はある意味これでもか、というほど対比して書いています。漫画ちっくと言えばそうですがそれが楽しかったりするので、そこをお楽しみいただけたうえに、長い会話シーンも「きれい」と言っていただけて光栄です~。
 こちらこそとても元気の出てくる励ましのお言葉、ありがとうございました!これからも更新頑張ります!
 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/328-213bb248

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。