碧落の砂時計 金魚、ネムリヒメ、カマクラのリクエストお返事&5/30-31拍手お返事。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」UPしました。ネ落ち期間は一応終わりましたが、現在その間のしわ寄せがオンオフ共にありまして。しばらくまだあっぷあっぷしていそうですが、できる限りがんばります!
 ネ落ちの間に体調の件も色々とアップダウンがありましたが(ついったでつぶやいてました)、今は完全に元気です!ご心配くださった方々、ありがとうございました!今後とも今の元気な状態を保てるよう、これまたがんばります。
 ブログ記事の方にも拍手くださった皆様、ありがとうございました!もちろん作品の方にもありがたく頂戴しております。

 拍手メッセージくださった方々もありがとうございました!下記のアンケート等リクエストのお返事が長くなってしまったので、先に御礼を言わさせていただきます↓
 >5/30にメッセくださったN様。こちらの都合ですみませんが、「カマクラ」へのリクエストとして下記にて返事をさせていただいてますので、ぐぐっとスクロールしてご確認くださいませ。
 >5/31に「ネムリヒメ。の日々是好日」に再びの拍手応援くださったr様。本当にあと少しになりましたが、ご声援を励みに最後までがんばります!何度もありがとうございます。どうかまた続きも読みにきてやってくださいませv


 ではアンケート等、作品へのリクエストのお返事です。
>「幻影の金魚は~」の話の更新をスピード上げてもらって、続々編が読みたいです。親に挨拶するあたりの話。
 このシリーズを好きになってくださって、本当に本当にありがとうございます!お気持ち本当に嬉しいです。勿体無いほどです。
 …なのにこんな回答で誠に申し訳ありませんが、前作品の続々編となる「親に挨拶するあたりの話」をしっかりと書きたくて、このリメイクを書いている次第なのです。ですのでクライマックスのそこにたどり着くには、まだまだお待たせしてしまうことになるかと思います。本当にごめんなさい!
 そもそもリメイクせずに、そういった内容の適当な短編を書くこともできました。ただ勝手ながらそれでは自分が納得できず、また矛盾点なども出てきて気になってきたため、そこをきっちりと書くならいっそ最初から書き直したいと思うようになり、今の連載が始まりました(つまりは元々、続々編を書きたいがための現連載なのです)。
 元の作品を好きになってくださった方にとってはイライラする長い期間であると分かっていますが、今度こそ完結編として、「青竹迷風」のラストシーンに至るまでを書ききるつもりでいます。
 もちろん長くなりすぎるので、大人になるまでの全てを書くわけでなく、途中省略する時間区分もあります。逆に「青竹迷風」のラストが飛びすぎだというご意見もあったため、そこの空白の時間(大学生編)も少しは書こうと思っています。過去のリクエストを色々参考にさせていただき、現在の作品で少しでも補完できたらと考えています。
 そんなに長い時間待てない、とご期待、ご要望に添えないことを本当に心苦しく思いますが、こちらのわがままですみませんがご了承いただけましたらこのうえない幸いです。
 ご要望のとおり、出来るだけ更新頻度を上げるようがんばりたいと思いますが、この作品だけでなく他の作品も更新をお待ちいただいている状況です。私には書きたい作品に優先順位をつけることが出来ず、読者様がかえって離れてしまっている状況になっているかと思いますが、それも仕方ないと思っています。本当に本当に申し訳ありませんが、何があろうと最後まで、仰るような両親に挨拶をするエピソードまで書きたいと決めていることは確かです。
 読みたいと思ってくださったこと、そのお気持ちを励みに、自分は最後までがんばります。拙作へのご要望、誠に誠にありがとうございました!!

>やはり、「ネムリヒメ。」の一夜と源二の今後をすぐでなくてもいいので、見たいです。源二は、一夜と同じ職場で働こうかと考えてたみたいですが、そうなって欲しいし、同じ職場で働く様子や結婚までの二人を見てみたいです。いろんなことが起きながら・・・みたいな。
 ネムリヒメへのリクエストも、ありがとうございました!お言葉に甘え、今すぐでなくてすみませんが、これまでの回答どおり書こうと思っています。ただ源二の就職先については正直作者も悩んでいまして、それが社会人編をすぐに書けない理由でもあります。
 夫婦になるとわかっていて同じ就職先になるのも、確かに想像すると面白いんですが、リアリティを考えると迷うところでして…。ご期待に添えるか分からず申し訳ありませんが、また社会人になった彼や結婚までの様子など、書けるかどうかできるだけストーリーを練ってみたいと思います。ご要望、誠にありがとうございました!ネムリヒメや神様など、たくさんのお気に入りシーンや温かいコメントまで添えていただき、元気をいただきました(涙)重ねて感謝申し上げます!

>「ネムリヒメ。」と合わせてこっち(「カマクラ」)もずーと連載あったら嬉しいな♪など思います。
 こちらは拍手メッセからですが、N様、嬉しいお言葉誠にありがとうございました!「カマクラ」は前からリクエストを複数いただいていたことと、先日作品を紹介していただいたり、18禁続編を再UPしたことなどから、少なくとも次回拍手御礼として短いものを何かご用意できたらと考えています。
 続編を長編で、といったことはすみません考えておりませんが、主役や脇役のその後の様子をSSでお届けできるようにしますね!微妙なギャグありの作品にも関わらず、このお話を好きになってくださったうえに、応援のお言葉まで本当に本当にありがとうございました!

 サイトTOPへ
 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/355-655e41e7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。