碧落の砂時計 くだらない妄想。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 昨日は「かみさまのて。」、今日は「ハルハナノミ。」第14話を更新しましたー。
 ネット落ちが続きましたが、しばらくはなさそうです。でも通常生活に戻るだけなので(特に再来週から)、時間ができたかと言えばそうでもないのですが;でも来週はのんびりできるので、なんとかあのR指定なしシリアス新作の下書きを完成させたいです!あと2話!

 で、前にぶつぶつ言ってました、ネ落ちでお出かけした際に自キャラで妄想したくだらないこと…。
 大したことではないですが、下ネタ警報ですので隠します。苦手な方はご注意ください!!↓
 
 先日、とある国の首都、しかも中央駅の近くに泊まって、中央街(おみやげ屋がいっぱいの、観光名所に続く歩行者天国)をぶらぶらしていた時のことなのですが。
 その国は性や薬物に対して、日本ほど規制が厳しくない国なんですよね。で、前者についてはそういったお国柄か、多くのおみやげ屋さんの誰もが通るところに、普通ーに下ネタグッズが置いてあったりしました。具体的にはそういうことに使うものだけでなく、おみやげ屋さんですから有名な建物や土産ものをP―に模したものや、P―に模したものや、そのまんまP―じゃねえかとか(適当に想像してください;日本のそういうものと同じ感じか、ちょっとあからさまな感じです)。
 そういうのが8割方のお土産屋さんに置いてありました(もちろん、一般的なグッズがメインのお店で。それ専門店もいくつかありましたが、それは流石に外装からそうなってます)。なお裏路地とかではなくマップにも載ってる、子供も歩く一番のメインストリートです。
 すみませんが、それについての是非はここでは論じず、そこでくだらねえ妄想をするのがこのどあほう下ネタ作者;

「もしチューリップの2人が此処へ(有名な観光地ですからね)新婚旅行に来たら……」

 うーんそれだけで小話が1本書けそうです。夜のことも含めて(おいおいおいお)。
 もしくは、椿の2人でもいいなあと思いました。こっちはまだ実現可能そう??(ロリポップが完結して、ロマンスの続きを書いてからですが;)。
 目を逸らしても次のお店やウィンドウにもそれがあるため、どうにも視界に入ってくるので、女性陣はどうすりゃいいのか、あわあわと照れて焦って慌てそうです。それを無口な彼がどうフォローするのか、それとも逆手にとるのか…(失笑)。
 カマクラ嬢とかは指さして触って喜んで、買う羽目になって相方に怒られそうなので、えろ的には前者を書きたいところですが。

 ……ほんと、くだらないこと考えてますね、ごめんなさいーっ(逃)

 サイトTOPへor即バック;
 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/404-84ba6732

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。