碧落の砂時計 脳内妄想メモ&9/11-12拍手お返事。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」第30話UPしました。前半も佳境に入ってきました。タイトルを変えた理由がほんのりとでも伝わりましたら幸いに存じます(それぞれ書きたいことが違うので、どちらがいいとか自分の中ではなく)。
 遅ればせながら「ハルハナノミ。」第18話もUP済みですー。た、たとえ少しでも拍手くださった方、ありがとうございます。微妙な展開ですみませんとか冷や汗流したりしてますが、プロットがもう決まっているのでこのまま最後まで突っ走ります~;

 ちょっと長くなりますが、ついったーで今後の作品の脳内メモを垂れ流したので、+αを添えてこちらにも…。

・R指定なしの新作(期間限定連載みたいな商業に送るためのもの)もぼちぼちと脳内で考え中。次はファンタジーとか書いてみたいなあ、とも。
・「失われた一枚」の続編リクをいただいているのですが、こちらをどうするか…。申し訳ないところもあるのですが、前回の期間限定連載や、今のハルハ~の主人公にこの作品で書きたかったことを被せてしまったので、同じようなお話を書くよりも、ファンタジック路線で最初から書き直しできないかなあと、妄想したりしてます。社会人、男性年上とCPとしては気に入っているので…。でも、それじゃリクになってないかなあ。でも今のまま続きを書くならば、秋からの連載はきびしいかもしれず…すみません!><
・20代CPとかいっそ夫婦ものとか、そういったちょいと年齢高めの人々のファンタジーを書いてみたいと思う今日この頃。というか、大根がその路線ですよね。ほのぼの系、また書いてみたいなあ。でも自分の現代らぶえちは十二分にふぁんたじーなのですが。
・と言っても10代現代ものもまだまだネタがあったり…。こちらも今度こそほのぼの青春ものとか書きたいっす。これからもずうっと書いていくつもりなので、まずは今の連載を完結させてから考えよう…。
・幻創文庫様ネタでは前も言いましたが現在の連載が終わりましたら、オジサン×少女もの、年下で経験ありの男子×経験のない20代女子もの(こちらはリクもの)を考えてます。もちろんR18のらぶらぶもので。こちらもこれまでの連載と被らないよう、ファンタジーなどの突飛な設定になるかもしれません。ファンタジーの場合は、和風でv
・ようするに、設定をもうちょっとこねくったものにしたいなあと。それで昔書いていたファンタジーを、という思いつきに。自分の場合、こねくりだすと現代ものよりもそっちの方面に妄想が傾いていくので…。大根みたいな日常の一場面なのに、不思議な感じになるような。もしくはカマクラみたいによく分からない世界を舞台にするか。

 長々とすみませんが、続きはいただいた拍手コメントへのお返事です!↓

 サイトTOPへ
 
>9/11 2時に別館の「もしかしたらの神様。」に拍手コメントくださったN様
 別館の方にも書かせていただきましたが、コメントありがとうございました!こちらをご覧になってくださればお分かりかもしれませんが、別館は投稿サイト様で一度書いたものが、万が一にも消えてしまわないようバックアップしている場所になります。
 なので別館は更新が非常に遅く申し訳ありませんが、投稿サイトバージョンの「神様」は既に完結しており、続編も連載が始まっておりますので、よろしければこちらのサイトもよろしくしてやっていただけますと幸いです。ランキングサイト様から探してお読みくださったうえに温かいコメントまで、本当に本当にありがとうございました!!

>9/11 23時にブログ記事に「ハルハナノミ。」へのリクエストをくださったe様
 いつも「ハルハナノミ。」を読んでくださって、ありがとうございます!このようなお話でいいのかと心配もしていますので、こうしてコメントをいただけてほっとしております…。
 R指定でなくてごめんなさい、と言いますか、寧ろR指定でもないのに微えろ路線にしてしまいすみません(汗)そういう展開も楽しみにしてくださって、作者としては密かに嬉しく思いますvいただいたリクエストにも、シチュだけでもえもえしてしまいましたー(笑/確かに日向は甘えん坊ですね)。
 ですのでできれば連載終了後に、おまけにもならないですが二人のR指定SSをちらっと書けたらなあと、個人的にはかなり前向きに考えています。まだまだ先の話になりますが、その時にはe様にも読んでいただけたら嬉しく思います。本当に連載の方、いつも応援してくださりありがとうございます!

>9/12 15時に「かみさまのて。」にご感想くださったK様
 いつもいつもご感想ありがとうぎざいます!そうですよね、実際そういった(同棲等の)経験のない方の方が多いですよね…それにも関わらずお付き合いくださり、温かく見守っていただきありがとうございます!
 微笑みも引っ込むほどのRシーン!?では、一体K様がどういった表情をされておいでか気になります(笑)ですが引かれてはいないとのお言葉にほっとしました~。ちなみに作者は恥ずかしくて読み返すことすら出来ないほどです(苦笑)
 またR指定シーンがあってもなくても、とのお言葉にも安堵いたしました。恋愛の過程としての行為や、その前後の心の動きを書くのが好きなので、よろしければまた一緒に楽しんでやってくださいませv
 それでは次回も更新がんばります!ほんと健康、オフの仕事の方を優先させなきゃですよね。気持ち的には創作ばかりしていたいところですが、心に刻み、そしてお言葉に甘えさせていただき、心に余裕を持って更新していきたいと思います。
 コメント、いつも励みにさせていただいてます!どうかご自愛をばっ。

>9/12 23時に「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」に拍手ご感想くださったM様
 再びの、そして早速のコメント、誠にありがとうございます!いつも楽しみにしてくださったり、励ましていただけること、心より感謝しております。
 少しずつ少しずつ、関係を深めていく様子を今作では書けたらなと思ってここまでのんびり書いてきました。た、確かに次の段階は大きなものになりますよね…(汗)じれじれ好きの作者ですので1歩ずつ進めて、最終章最終話で、どどんと7、8歩くらい進んじゃうのでしょうか(汗2)
 ご期待に添えるものにできるのか不安でいっぱいですが、精一杯執筆がんばります!

 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/436-715a2d09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。