碧落の砂時計 半ネ落ちのお知らせ&新アンケート設置&うくがき楽しい。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 9月中に更新したかったものを目標どおり終わらせたところで、9/29~10/3頃まで再び半ネット落ちをさせていただきます。半というのは外出先も一応ネットに繋げられる環境はあるものの、無事繋がるか、ネットを使う時間がとれるかどうか分からないからです。
 そのため、この間にいただいたご要望やパスワードなどのお問い合わせ、メッセージのお返事などは遅れることがありますので、予めご了解ください。

 携帯電話は使えると思うので、ついったーではたまにつぶやいています。よろしければ覗いてやってください~。

 というわけで、更新をいくつかしていきますー。「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」第31話UPしましたー。予告なく、相手役視点でお送りしました。び、微妙ですみませんでした…。でも竹のことを調べてたら楽しくてしょうがありませんでしたv竹の白い粉はプラントオパールというそうです。竹を丈夫にするんだそうです。
 「銀糸」第14話は、前記事のとおりあとはUPしていただけるのを待つだけです。よろしくお願いいたします。

 それともうひとつ…、新アンケートを設置いたしました。と共に、そちらに「カマクラ」の続編SSを置かせていただきましたのでお知らせします。SSの内容はR15…としていますが描写自体はありません。子作りネタでイホク×こゆると玄次×カマクラとなりますので、苦手な方はご注意願います。
 非常に遅くなりましたが、こちらは以前にいただいたリクエストを受けて書いたものになります。アンケートは無回答でも送信できますので、お話だけ読むことも可能です(もちろんご回答いただけたらとても嬉しいですが)。興味持っていただけましたら、上記リンクかサイトのTOPページよりお越しください。
 また一時的にですが、「失われた一枚」の続編SSも復活させました。こちらはすみませんが新作ではなく、前に書いたものそのままです。今後この作品続編を連載することになりましたら(こちらも最初からのリメイクになりますが)、再び非公開にさせていただきますのでご了解くださいませ。

 「ハルハナノミ。」ほか最新更新分に拍手ありがとうございました!
 こちら下記の理由で10/1のUPは厳しそうですが、その分美麗イラストを拝める期間が長くなるということですので、まだの方でパスワードをお持ちの方は、最新話のあとがきをご覧くださいませ。

 さて余談ですが、先日15分ほどの短い時間がとれ、気分転換に、つい……約3年ぶりにイラスト、というほどのものではないですが、鉛筆でらくがきをしてみました。
 お、面白いほど劣化していませんでした=それだけ元がアレだということで;ほら、描ける方って劣化したーとか手が動かないーとか感じると思うんですよ。皆さんそう仰っていたので。筆致が全く変わっていない自分が情けなかったです;
 が、小学生からついこの間まで、下手なりに描き続けていたイラスト(主に小説のキャラ設定時や、同人誌原稿などで)。やっぱり好きなんだなあ、描いていて楽しいなあと思いましたv
 でも構図が思いつかないうえにセンスもなく、描くのもすごく遅いので、練習するにしても描くにしても時間がかかりまくり、執筆にすごい影響が…それが描くのをやめたひとつの理由です(本当に創作にとれる時間がなくなってしまったので)。もちろん絵よりも言葉で表現したい、と思うようになったから、というのもあります。
 でも埃被っている同人時代のペンタブたちが勿体無いので、このイラストくらいはブログに上げてみようかしら。本当にらくがき…未満の「うくがき」(自分造語/「ら」すら下手に書いて「う」に見えることと、「浮く」に掛けている)ですが、デフォルメ絵だったら作品イメージにそんなに影響しないと思うし。
 UPまでにも時間が掛かりそうですが、気分転換とペンタブ&スキャナの3年ぶりの動作確認のために(おい)。

 描いたのはデフォルメあさぎ&せいしろ+シリアスあさぎ。どうしてこの2人かと言うと、この2人は今から5年?前、オフラインの同人サークル用に描いたカットが元となったのです。昔は仲良かったけど喋れなくなった幼馴染同士の2人という、名前もなく同い年設定で。それが脳内妄想を進めるうちに、2つ違いになり、従兄妹同士になり、短編漫画ネタになり、R15ネタになり…今に至るという具合です。
 早海や祇園、千景や日向も最初は15年以上前に描いた、脳内妄想デフォルメカットから生まれたキャラだったのですが、彼らにもどうしても命を吹き込みたくて今に至っているわけですから、イラストって自分の発想にとっては切り離せないものかもしれません…。
 っても、描くのを止めたもうひとつの理由は、あまりの下手P-さに恥ずかしくなったからですが;


 サイトTOPへ
 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/444-159f93c9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。