碧落の砂時計 第6回アンケートの結果報告&拍手お返事。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 「ハルハナノミ。」第22話UPしましたー。こちら遂に、あと4話です。11月末か12月までの公開になるかもしれませんので、予めご了承くださいませ。パスを…とお考えの方は、所定の場所よりご連絡くださいませ。
 「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」第32話も、同日UPしました。こちらも前半の佳境に入ってきましたので頑張ります!
 「ROMANCE」は下書きに入るところで、今月中には入稿します!作品内容と同様に気長なお話となってしまいましたが、お待ちくださる方々、本当に申し訳ありません&ありがとうございます!今後は完結まで1~2ヶ月に1話ずつUPしますので、ご安心くださいませ。

 あと申し訳ありませんが事情により、ムーンライトさんの方で検索除外しています昔書いたあるR18作品を削除いたしました。好きになってくださった方々には本当に申し訳ありませんが、何卒ご理解くださいませ。

 さて9/28から実施しております、第6回アンケートにご回答くださった方々、御礼SSを読んでくださった方々、本当にありがとうございます!
 アンケートはまだこれからも続きますが、ご意見を少しいただいたので、これまでのお返事をこちらの記事で、そして簡単な結果報告を以下にさせていただきます(アンケート御礼SSが「カマクラ」のみであることと、アンケートに興味を持たれた方という前提などを考慮し、必ずしもアクセス数に対して正確な数値とは言えないので、全部の数値はお問い合わせがない限り公開しませんが、ご了解くださいませ。)
 拍手等レスは更にその下にありますので、くださったM様、S様は、お手数ですがずずいとスクロールお願いします…!(すみません!)

 さて、アンケートの方ですが、現在までに112件(重複、無回答除く)のご回答を頂戴しております。たくさんの方にサイトにご協力いただき、本当にありがたく思います。
 上記の条件の影響が少ない部分についての簡単な集計ですが、いつも性別や年齢を参考までにお尋ねしていますが、今回その差が顕著に出る結果であったことが驚きでした!
 自分の今のオフ生活では、それほどたくさんの方に出会えたり、創作談義ができるような環境ではありません。ですので、確かに拙サイトに訪れてくださる方、という条件はあるものの、様々な年齢、性別の方の嗜好がわかるのは、作品やキャラづくりにおいても刺激になりました!
 たとえば、Q1でしたらついったーの利用率が男性の方のほうが高いとか、Q2のカップリングで男性女性、年代で一番人気のあるカップリングが全部異なったとか…。いやはや大変興味深かったです。
 サイト運営の面では、たとえば小説家になろう様の活動報告について、ブログ的なものもたくさん掛け持ちしているので更新が遅れていてすみませんが、こちらを読んでくださる方が意外と多かったことにびっくりでした!逆にこのブログを読んでくださる方が、自分が思っていた以上に少なかったことも。もちろんどちらかを閉鎖すれば、どちらかのみを読んでいただけるのでしょうが、このことはお知らせがあった時の周知方法について参考になりました。ありがとうございました!
 更には有料版など電子書籍の方を応援してくださる方の存在もわかり、本当に励みになりました。皆様応援、ありがとうございます~(涙)

 もう少し数字の動向を見させていただきたいので、しばらくの間アンケートは続けさせていただきます。また、質問内容が変わることがあるかもしれません。その時は興味持っていただけましたらご協力をお願いいたしますv
 そして添えていただいた応援のお言葉の数々に深く深く感謝申し上げます!いただいたご意見についてのお返事は長くなってしまいましたので、こちらの記事をご確認ください!

 ここまでお読みいただきありがとうございました。
 それでは続きは、作品にいただいた拍手とメルフォメッセージへのお返事です↓お返事遅くなってごめんなさい!

 サイトTOPへ
 
>10/7に「もしかしたらの神様。」にご感想くださったM様
 長編シリーズをたくさんお読みくださったうえに、いつもいつもご感想までありがとうございます!そうなんです!早海は最も昔に考えたキャラということもあり(作品内で最古のキャラが祇園と早海になります)、少しタイプが違うためこのシリーズも違う意味で愛着があります。2人、というか普通の男の人が恥ずかしがるようなことを嬉々としてやるタイプ、として書いてます(笑)でもそれだとただの変な人ですので、その分ダーク面を増やしたという裏話が…。
 とにもかくにもそんな早海も気に入っていただけましたようで、本当にもうありがたくてどうしてよいやら…。続編はまだ甘甘モードが続いていますが、最後にはトラウマを乗り越えるところも書ければなと構想しています。よろしければご賞味くださいませ~。
 それではこれからも執筆頑張ります!本当にありがとうございました。

>10/6-7にメッセージくださったS様
 お返事不要とのことでしたが、御礼だけでも…!素敵なサイト様がたくさんある中、拙作のアンケート御礼SSまで読みに来てくださったうえに、過分なお言葉までいただき、更にはご紹介まで…と大変恐縮しております!
 全然ネタバレなんてしてませんよ~。ご紹介いただいた部分は自分のブログ等で公表していたところですし。本当にお気遣いありがとうございました。
 誤字報告も助かりました。シリアスシーンなのにお恥ずかしいです;これからも気をつけます!

 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/453-f5a3e51d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。