碧落の砂時計 書いてますー&2/24-27拍手お返事。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 「はつかだいこんで刺身のつま!」第6話UPしました。こちらはメイン連載ではなく、気が向いた時に…という更新ですが、楽しみにしてくださっている方、本当に本当にありがとうございます。次のUPもまた数ヵ月後に行います。じれったくてすみませんが、諸事情により、何卒ご了承願います。
 「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」第42話も明日UP予定です。ちょっと長くなったので半分に分け、43話は来週UPします(今回、相手役が出てこないので…)。
 ようやく続編部分に入りました。1学期+夏休みで40話使いましたが、ここからはエピソードごとにさくさくと時間も流れる予定です。いきなり1年とんだりとか。今回のように恋愛にプラスした部分まで書ければと思いますので、まったりとお付き合いくださいませ。
 「かみさまのて。」に早速拍手くださった方々もありがとうございました!
 「銀糸」の最終回も入稿済みですので、UPまで今しばらくお待ちくださいませ。

 さて3月の予定ですが、月末にまたぷちネ落ちがあるものの、新作の執筆をしたいと考えてます(オフ仕事の合間にですので、時間とれるか心配ですが;)。
 幻創様の方ではメルマガにもありましたように、また特集が開催されるもようです。そちらに参加できるよう、R18の新作短~中編をなんとか3~4月に完成させたいです!まだ先のことですが、その時はお読みいただけましたらありがたいです。
 内容はなんちゃって和風ファンタジー、明るめだけどシリアス甘甘、年上男性×少女(男の子っぽい子)の予定です。久々のファンタジーに、今からわくわくしております。年の差えろもさることながら、脇を固めるのほほん男性陣を書きたくて仕方ありません(笑)早速プロットと下書きにとりかかろうと思います。
 PWつき新連載の方も今度は中編くらいの長さになるかもしれないので、期間限定には変わりありませんが、短期間での執筆~UPではなく、できれば3月下旬から週1くらいで数ヶ月にわたって連載し、じっくり執筆しようと考えています。

 というわけで、今日も悩みつつも元気に書いております。書くことでパワーを得ているのかもしれません。
 来週から春スキーに臨もうかと思っております。たまには運動、しないと…。

 それでは続きはいただいた拍手メッセージへのお返事です↓

 サイトTOPへ
 
>2/24に「かみさまのて。」にご感想くださったw様
 今でも拙作をお読みくださっているとのお言葉に、感激です!ついったの方でも「銀糸」に応援コール&お相手してくださって、感謝申し上げます。そう言えば、w様もお話を書かれるとお聞きした気がするのですが…自分のものなど参考にもなりませんが、もしご縁があってどこかで拝見させていただけることがありましたら嬉しく思いますv
 さてそのうえ、嬉しすぎるご感想までありがとうございましたー!早海は何度も言っているように、過去はああだし今もああだし、と作者としてはこんなヒーローでええんかしらと心配しておりますので、そう思っていただけて大変ほっとしております。また祇園も女性の方から可愛いと言ってもらえてこれまた嬉しいです。
 どの作品もほのぼのを目指しては撃沈しておりますので、かわいいカップルと思っていただけてよかったです。最後はもっとらぶらぶになる2人をお届けする予定ですので、よろしければお付き合いくださいませ!お言葉を励みに最後まで執筆頑張ります。

>2/27 4時に「かみさまのて。」にご感想くださったN様
 N様におかれましても、今でもこのシリーズ追いかけてくださってありがとうございます!雨降って地固まる、ではないですが、やっぱり毎日一緒にいる仲良しカプでも多少の波風はあるかと思うので、2人の関係の変化を受け入れていただけて嬉しく思います。
 祇園のこと、ちょっと変わった、でもある意味生々しい女性として書いてしまっていますが、N様にも微笑ましく思っていただけてほっとしております。作者としても基本ラブコメ&ほのぼのを目指していますので、和んでいただいて結構です~。痛い中に温かさとか救いとか、その逆とか、色々交錯した感情を書ければなと思ってます。
 早海の三週間の忍耐(笑)、確かに肉食っぽいし祇園の家にも来てたはずなのに、笑顔の裏でよく耐えたものです…。これも彼のひとつの彼女への想いや個性・人柄(祇園には絶対的に優しい、甘いという)として書いたつもりですので、そんな彼のこといいな、と思っていただけてこれまた安堵しております。
 今回もメッセージにて執筆の元気をたくさんいただきました!この続きですが、あとはもう最終回に向けてもっとらぶらぶになるだけですので、お楽しみいただけましたら幸いです。

>2/27 10時に「かみさまのて。」にご感想くださったM様
 今回もらぶらぶーな最新更新分に温かいお言葉ありがとうございます!書く方としても、どうしてでしょうか、心が繋がっただけじゃ物足りなくて、からだの方まで書いてしまうんですよね…;
 そ、それはさておき、今回のエピソードで一歩進展させたつもりですので、この先はどーんとご安心ください…と言いつつ、最後にもう一事件起きるのですが、今回の件の後なので二人の絆も強く、対応も違うかなと自分では思ってます。というより、そう書けるよう頑張ります!
 1話1話は当初のらぶらぶ編の倍近い文量でがっつり書くつもりですので、毎回のご丁寧な励ましの御礼になるか分かりませんが、少しでも楽しんでいただけましたら幸いです。

 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/513-49736b59

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。