碧落の砂時計 祈り、書き続けます&3/8、12拍手お返事。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 このたびの未曾有の大震災には、ただただ胸を痛め、謹んで追悼し祈ることしかできませんが、まずはオフ生活の責任を精一杯果たし、そしてこの災害に対して自分なりに向き合っていきたいと思います。
 オフの話を少ししますが日本人だけでなく当地の方々も、老若男女問わず日本の被災に心を痛め、できることをと具体的に力を貸してくれています。その力をお届けできるよう、精一杯のことをしていきます。

 それとは別に日常の諸々も立て込んで、ここ数日どうしても執筆する時間がとれません。更新をお待ちくださっている方、もしいらっしゃいましたら誠に申し訳ありませんが、1週間ほどお待ちくださいませ。ただ月末にまたネット落ち予定がありそこでも執筆が少し滞りそうなのですが、今の自分にできることのひとつとして力を振り絞って書きますので、よろしければまたいつでも読みに来てやってくださいませ。書くことで私自身も救われておりますし、どなたかお一人にでも、息抜きになりますことを願って…。
 「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」の最新更新分を読みに来てくださった方々、拙サイトに訪れてくださった方々、作品に拍手くださった方々、誠に誠にありがとうございます。それでは続きはいただいた拍手メッセージのお礼です↓
 
 サイトTOPへ
 
>3/8に「かみさまのて。」にご感想くださったA様
 はじめまして!この作品のことを気に入ってくださり、また温かいご感想まで頂戴しまして本当にありがとうございました。読み返していただくほどの内容と思っていただき大変光栄です!このようなシリアスな展開になっていますが、最終章クライマックスという時にご感想を頂戴することができ、こちらこそ書く励みをいただいております。最後まで執筆頑張ります。

>3/12に「かみさまのて。」にご感想くださったK様
 いつも変わらぬ温かい真心とご声援のほど、誠に誠にありがとうございます!お辛い時にも関わらず心温まるメッセージに、私の方が元気付けられております。父親との確執はどうしようかとも悩みましたが、前作でちょっと影が薄かったので思い切って書いてみようと思いました。なので作者こそきちんと書ききれるのかと緊張しています。でもやはり自分ですので、さほど…な展開に終わり、期待はずれになってしまったら申し訳ないのですが;
 「まだ」19歳、とも言える早海ですが、青年になる境目、一皮剥けてフィナーレにできるよう頑張ります!成長途中の主役2人へのご声援も、いつも感謝申し上げます。

>3/12に「かみさまのて。」にご感想くださったM様
 いつもいつも温かいお言葉をかけてくださり、心より恐縮しております。そして、またしても誤字報告、ありがとうございました。回数が多くてお恥ずかしい限りです。また読む手を止めさせてしまって、すみませんでした。気をつけてはいるのですが、やはり焦って更新してしまっているのかな、と反省するばかりです。
 そして本文につきましては、はい、最後の難関…です。本編では書かずに濁してしまった部分のため、ちゃんと書けるのかと不安もいっぱいです。私もハードルを乗り越えられるよう、頑張ります。主役2人のことも信じてくださって、ありがとうございます!
 早海の変化、いつもながらの鋭いご指摘に感謝申し上げます。確かにあっさりと祇園に話したり、一緒についてくることをOKしたりしてますよね…このあたりの心境変化も、ご感想を参考に次話で書くようにしますね。
 どの作品でも「絆」を書きたいことには変わりありませんので、そこを楽しんでいただけましたら大変嬉しいです。また脇役まで気にかけていただき、斯波研スピンオフも読んでみたいとのお言葉にも喜んでしまっております。こちらも時間はかかりますが、実現させたいものです。
 最後に、本当に拙作には勿体無いという言葉でも尽くせないほどのお言葉を添えていただき、こちらの方こそ涙しております。いただいた力を勇気に替えて、しっかりと最後まで書ききります。拙作などでも気晴らしになるようでしたら、いつでも読みに来てやってくださいませ。精魂込めて書きます!

 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/517-39823e26

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。