碧落の砂時計 更新できずにすみません&愚直というやつです&3/30拍手+メルフォお返事。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 やはり4月だからかオフの方に色々と時間がとられ、ネット落ちでもないのに(その影響もあり)中々執筆ができません。もどかしいです。1週間以上更新できずに申し訳ありません。作品のお届けは来週になってしまいそうですが、1作1作きちんと書いていきたいと思います。
 妄想は相変わらずしております。次の期間限定連載…オフィスラブとか考えていたのに、練り始めたらぜんぜん違う方向になってきたり(でも20代同士で、幼馴染でないカップリングとは決めています)。
 うーん、すみません。リクもいただくのですがそういうものが中々思いつかず、流行りのものにもっと心ときめけばいいのですが…汗汗。そのくせ幻創文庫様、または期間限定連載のその次の連載とかも既に考えていたりします。でへへ。

 でも今は目の前の原稿を、ということで、「ROMANCE」最新話入稿いたしました。UPは来週までしばらくお待ちくださいませ。後編はすみませんが、4/8~の特集用和風FT連載の後になりそうです。これからそちらの短期連載の推敲、入稿にとりかかります!次の更新まで、今しばらくお待ちくださいませ。

 それにしても執筆以外の話題は書いては消してしまいます;ついったーでもここでも。書いた後に、これはわざわざお読みいただくことではないかな、と思ってしまい。今日はえいぷりるふーるですが、自分はそういったユーモアすら持ち合わせておらず、今日も普通のブログですみません;;
 面白い話題、気の利いた粋な言葉が言えずもどかしいですが、それでも制作状況を確認しにきてくださる皆様、かようなブログ記事に拍手くださる1、2名の方、本当に本当にありがとうございます。コラムやエッセイを書くことも大事な練習かと思うのですが、その時間の分執筆をがんばりたいと思います。
 でも弱虫な自分は一対一で語り合のは大好きなためv、稀にいただくコメントが嬉しくそちらの返信では調子こいて語ってしまいます。そちらもいつもお付き合いくださいましてありがとうございます。

 それでは続きはいただいた拍手、メルフォからのメッセージへのお返事です↓
 上記の理由で長文メッセージにはついつい長文の返信になってしまいますが、お読みいただけることが本当に嬉しくありがたいです。
 アンケートで応援メッセージ添えてくださった方も、電子書籍の方までお読みくださりありがとうございました!これからも頑張ります。

 サイトTOPへ
 
>3/30に「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」に拍手ご感想くださったM様
 いつもいつも拙作を読みにきてくださいまして、ありがとうございます!文化祭では甘甘な時間を過ごさせてみましたが、少しでも楽しんでいただけましたら幸いです。
 仰るとおり清矢郎、チャンスを常にうかがってます。無表情の下で、あれでもうかがいまくってます(笑)彼の個性として大人びた我慢強い人を考えていますが、18歳の少年らしさも出したいなあと思っています。というのが彼の行動から分かっていただけるよう、がんばります><
 それはさておき、荒芝!彼もついつい登場させては2人に絡んでいますが、この先どう動かすかはまだあまり考えていません。はてさてどうなることやら…。ちなみに彼の名前は、そういう「荒」らすの意味ではなかったため、ご感想拝見してなるほどー!とこちらが納得してしまいました。少しだけネタバレしちゃいますと、2人の間を「荒らす」のは彼だけではなくてですね……っと、この辺を書くのが何ヵ月後になるのかわかりませんが、それまでお付き合いいただけることを願って執筆頑張ります!いつもいつも応援ありがとうございます。
 
>3/30に「かみさまのて。」に拍手ご感想くださったK様
 いつもこちらの作品にご感想ありがとうございます!ようやくきちんと台詞つきで登場した早海父ですが、悪印象でもまったく構わないですー。彼は典型的な悪役、ボスキャラとしての立ち位置で設定していますので;
 と言いつつも、悪役でもその行動の理由や人柄を、主人公たちの物語の邪魔に程度には書ければと思っています。ですが私の場合、脇キャラについてはいつもさらりと終わらせすぎなので次回だけでどこまでかけるかは分かりませんが、精一杯書いてみます。K様のご感想からキャラの表現とはそのキャラを描くだけでなく、周囲のキャラの視点(そのキャラへの態度や印象)からも表現できるのだな、と改めて気付きました!というわけで、父親だけでなく謎?の女性のこともしっかり描きたいです。参考になるご感想、ありがとうございました。
 私も遠くない未来、帰国しますし、不安や哀しさに心を痛める日々は続いていますが、自分や大事な人々との生活を前を向いてしっかりと支え、自分の心と向かい合って、こうした自己表現を続けていきたいです。K様のお気持ち、自分などにお話くださっていつも嬉しく思います。私も力をいただいております。このようなサイトでよろしければ、またいつでも息抜きにお越しくださいませ。
 
>3/30にメールフォームから「赤いおとしもの」ほかのご感想とメッセージくださったG(Y)様
こちらこそ再びのメッセージありがとうございます!メールにしようかとも思ったのですが、お言葉に甘えて今回はこちらで返信させていただきますv
 ブログやツイッター等ご覧いただけていて、ありがたい限りです。このたびは「赤いおとしもの」をお読みくださいまして、ありがとうございました!確かにあらすじの文章も未熟な私…期待はずれと言われることもしょちゅうです;注意書きはしつつも興味を持っていただけるよう、もっと研究したいものです。
 あらすじのとおりちょっと生々しい内容にも関わらず、温かいお言葉に心より感謝申し上げます。あの短い文章からリアリティを感じていただけたこと、これまた大変嬉しく思います。励みにさせていただき、これからも精進いたします!
 「月姫異聞」も読み返していただき、コメントまでありがとうございましたー!こちらは今はもう書きたくても書けないR指定のないラブコメですので、作者も懐かしく気に入っております。ラストをぼかしてしまうのも自分がよくやることですが、その余韻もよかったと思っていただけてほっとしました。
 神様シリーズも追いかけてくださるとのこと、こちらも重ねて感謝申し上げます。お礼ばかりですみませんが、この感激と温かい応援を力にし、これからも執筆に邁進します!
 休暇の方は終わってしまいましたか?短い時間でもどうかゆっくりなさって、ご自愛くださいませ。自分などの心配もありがとうございます!

 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/523-e554a2a7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。