碧落の砂時計 更新&4/10拍手お返事。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」第45話UPしました。以下あとがきと重複しますが、いよいよ続編オリジナルエピソードです。シリアス展開ですみません。「青竹迷風」の最終話で、数行で終わらせた重い部分を秋~冬編ではじっくり書きたいと思っています。こういった展開でもよろしければ、お付き合いくださいませ。ほのぼのらぶらぶエピソードも後ほど入れられるよう、考えておりますのでっ。
 付き合い始めから数ヶ月経っていますが、旧編と行為の頻度(すみませんすみません)が異なっているのも、本編の特徴です。ただ旧編とあまり異なるのもいけないと思うので、この後は頻度が増えるかと思います(すみませんすみません)。まあ、せいさん次第なのですが;物理的なリアリティをちょっぴり考えた結果、こうなりました。ご承知おきくださいませ。

 また次のサイト更新まで少し間が空きますが、PW付き連載を4月中に開始できるよう、がんばって下書きします!はつかだいこん~もできれば…。

 それでは続きはいただいた拍手ご感想へのお返事です!↓誤字脱字、眼がおかしくなるほどチェックしているのですが、0にできなくてすみません。各作品への拍手もありがとうございます。

 サイトTOPへ
 
>4/10 11時に別館の「もしかしたらの神様。」に拍手ご感想くださったA様
 お読みくださったうえに、とてもとても嬉しいお言葉を残してくださってありがとうございました!続編の方ももうじき完結ですので、またお読みいただけることがありましたら幸いです。お言葉を励みに、今後も執筆がんばります!

>4/10 23時に「かみさまのて。」に拍手ご感想くださったM様
 ついったーの方で先に御礼とお詫びを申し上げましたが、誤字脱字報告いつもいつもありがとうございます。いつも読む手をとめさせてしまってすみません。よりよい文章が届けられるよう、精一杯努力します。失敗ばかりの作者ですが、よろしければまたお付き合いくださいませ。
 それにも関わらず、いつも温かい励ましのお言葉とご感想、ありがとうございます(涙)押し倒し…き、期待どおりでしたか…!ありがとうございます><こういう男性は過去あまり書いていないので、この描写は迷いましたが2人の関係をちょこっと書きたかったので…。
 本当に嫌な意味で似た者親子のようです。自己中心的、というか、きっと早海父も親の愛に恵まれなかった人だろうと、それだけは思います。早海は祇園と出会ったことで、そうはならないといいな…って作者次第なのですが;父も今井と出会ったことで、この先ちったあ幸せになるといいですねえ…とか思ってもみたりします。
 同性の人生の先輩として、早海の成長を少しでも感じていただけたなら幸いです!19歳なので、まだまだ未熟な部分も残したくてああいった表現にしました。でも子は鎹…孫もきっとそうですよね。子供が生まれることで彼ら2人もまた成長するはずですし、父もどんどん年をとっていくわけですからまた関係が変わっていくとは自分も思います。
 最終回にあたり寂しい思いをさせてしまいすみませんが、とにかく最後まできっちり書ききるようがんばります!

 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/526-baf57d76

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。