碧落の砂時計 更新報告と電子書籍新刊と新連載のお話&4/26-27拍手お返事。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 コメントお返事の用事もなく急なお知らせもなかったため、ついブログを更新せずすみませんでした!ついったーの方は1日1度はつぶやいておりますっ。
 遅れましたが、「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」第46話UPしましたー。気が付けば1年半も書いていたものです。半分は超えていると思いますし、ここからはさくさくお話を進める予定ですが、まだまだ何ヶ月も連載は続く予定ですので、よろしければ気長にお付き合いくださいませ~。
 「かみさまのて。」第38話もUP済みです。こちらはあと1回で筆を置かせていただくつもりです。これまで応援、ありがとうございました!個人的にはどの作品も続編ばかり書いていますので、この作品の続きを書くことがあれば、昔から書きたかった斯波研男子メンバーのお話にしたいなあなどとも考えています。祇園と早海のらぶらぶな様子は、またSSなどで書こうと思っていますvでも時期がいつになるか分からずすみませんなのですが…リクエストありがとうございました!
 短期連載のR18和風FT「鬼桃」は第4話までUPしていただきましたー。こちらもあと2話です。次話がGWの影響で少しお待たせしてしまうかもしれませんが、何卒ご了解ください。

 こうして続編ものが中々進まない理由なのですが、ネット小説とは別に、別PNで活動もしておりまして…。というわけで電子書籍の方、本日新刊が発売のはこびになりました!応援くださった方々には、深く深く感謝申し上げます。
 携帯電話オンリーでの有料連載をしていた作品が、1冊まるごとDLできるようになり、PCからでも読めるようになりましたので、よろしければこちらの記事よりご購入の方、検討いただけましたらこのうえない幸いです!(なお電子書籍の方はR指定のない恋愛ものを書いていますので、予めご了承くださいませ。)

 というわけで新作も書きたいことから、PW付きで期間限定の新連載を本日より始めました。夏頃まで週1回で連載予定です。
 またしても山の田舎を舞台に、年上農家青年×20代OL(3歳差。幼馴染設定ではありません)というCPの、誰得!?;なものですが、今度こそほのぼのーな恋愛(甘らぶシーン有りv)を目指しております。興味持ってくださった方は、こちらより目次へとお越しくださいませ(PWは以前使っていたものと同じになります。サイトTOPのメールフォームにて請求を受け付けています)。

 作品への拍手等、いつもありがとうございます!アンケートにて、「失われた一枚」への一言コメントくださった方、ありがとうございました。とても嬉しかったです。
 それでは続きは、いただいた拍手メッセージへのお返事になります↓(返信不要の方もすみません、お礼のみ書かせていただいております。)

 サイトTOPへ
  
>4/27に「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」に拍手ご感想くださったS様
 返信不要とのことですが、お礼のみさせてくださいませ。嬉しいお言葉に元気をいただきました。本当にありがとうございます!そしてぷろぽーず編、本当に何ヶ月も先の話になりそうですが、ご期待いただけて感謝申し上げます。必ず2人を幸せにしますのでv

>4/27に「かみさまのて。」に拍手ご感想くださったK様
 こちらの作品への毎回のご声援、本当に本当にありがとうございました!励みにさせていただいておりました。
 拙いながらもどの作品でもキャラの成長を描きたいと思っていますので、この2人にそれを感じていただけたのでしたら、自分にとっては幸いです!タイトルもいつも悩みますしセンスもないなあと恥ずかしくなることばかりですが、作品を表していると思っていただけたことも嬉しいです。ちなみにこの作品は本編の方のタイトルが先にぽんっと思いつき、こうしたエピソードが生まれました。
 エピローグまで1話としてお楽しみくださるとのお言葉にも感謝感激です。お世話になったのはこちらの方なのに寂しい思いをさせてしまってすみませんが、最終話まできっちりお届けしますと共に、温かい思いを自分の力に変えさせていただき今後も執筆活動に邁進します!

>4/26、27に「かみさまのて。」と「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」に拍手ご感想くださったM様
 2作品とも最新話までお読みくださったうえに、長文での温かいご感想のほど、本当にいつもいつも深く感謝申し上げます!
 神様シリーズの方は毎回のご声援に、大変な励ましをいただきました。最終回にあたり、寂しい思いをさせてしまい申し訳ありません。上記のとおり、今後は斯波研メンバーのお話を書きたいなーと思っているため、読みたいと思っていただけてほっとしております!個性豊かと言っていただけてこれまた安堵…というのもキャラに見分けがつかないと言われた過去もありますので;彼らの話だけでなく主役2人の結婚後のエピソードなど、リクエスト承りましたので~。このカップリングを好きになっていただき、本当に嬉しくありがたく思います!
 重複しますが拙いながらもキャラの成長を書きたいと思っていますので、この作品でそれを少しでも感じていただけましたら私こそ感慨無量です!拙作の作品世界を楽しんでくださり、本当に本当にありがとうございました。この2人なら大丈夫と思っていただけたことも、感激です。
 次に金魚シリーズの方ですが、不安定になっているあさぎですが、今回も共感していただけてこれまたほっとしております。仰るとおり、この2人にせよ他のCPにせよ、皆どこか似た者同士かなと思っています。だから衝突や遠慮からのすれ違いも起こるのでしょうが;清矢郎は過去のあさぎへの負い目や、父親のことなどでかなり頑なになってしまっているなと作者は思い、あのような行動に繋がっています。こちらも彼のそうした心情や成長、抑圧からの爆発など様々な心模様を表現できるよう、今後も頑張ります!
 おにいさまからのアドバイス、私の方が参考になりますよ~!清の字にも伝えておきやす(笑)そんな受身で情けない清矢郎が読者様から嫌われませぬよう、彼にも頑張らせたいものです!個人的には男の子ががばっといくシーンは大大大好物なのですが(笑2)、うちのキャラたちはどうもそうなってくれません;どうしてでしょう。
 というわけでそのアドバイス、早速次回の冬編に採用させていただく予定ですし、今後のらぶらぶ編でもそうなるかもしれませんvいつも自分とは違った視点からの参考になるご意見、誠にありがとうございます!
 そしてそして何ヶ月も先の先の、ぷろぽーず編まで楽しみにしていただき恐縮です…!はい、その時には両親4人とも登場予定です。そこまで長い眼で応援してくださるとのお言葉に感涙しております。できるだけ飽きられないよう、精一杯心を配って執筆していきたいです。
 長文のコメントが嬉しく、お返事も長文になってしまいすみませんでした。次回更新も頑張ります!

 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/533-a3ed0008

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。