碧落の砂時計 今週中にはUPします&5/21拍手お返事。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 暑かったり涼しかったりするためか、風邪ではないのですがオフの疲れが何やら抜けず、体調があんまりよくないです;生活にあまり支障はないのですが、去年の二の舞にはならないよう休み休み執筆しようと思います。でも金魚と期間限定は今週中に予定通りUP予定なので、あと数日お待ちくださいませ。椿続編は6月までお待ちいただくことになります、すみません。

 前回の記事に拍手たくさん(例によって当ブログ比)ありがとうございました…!ご指摘いただき修正する中で、また少し自分自身の内面や自分の作品と向き合うことができました。お付き合いくださる読者様には本当にありがたく、創作ってすごいものだなあと改めて思いました。
 そんな中UPした「はつかだいこん~」。いやはや暴走中ですが、波限氏同様作者も走り出したら止められないようで、2人を甘い世界に浸らせて、このまま濃厚路線で突っ走ります。耐えられそうでしたら、最後まで見届けてやってくださいませ。この作品からアクセスくださった方々、ありがとうございます~。

 それでは続きは、いただいた拍手コメントへのお返事です↓拍手やランキングなどもぽちりとありがとうございます!
(S様からの2回目の拍手コメントは、ついったーのDMで、W様からのメッセージはご記入されていたメールアドレスの方へ、それぞれ返信させていただきましたー。)

 サイトTOPへ

>5/21に「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」に拍手ご感想くださったK様
 こちらの作品もずっとお読みくださっていたんですねー!いえいえいえ、複数の作品をお読みいただいているだけでも恐れ多いうえに、毎回の長文のご感想、書いてくださる方も大変なことと十分承知しておりますのに、今度はこちらの作品へのご感想をいただき、誠に誠にありがとうございます。もちろんのこと、いただく側としては大変励みになっております!
 こちらは仰るとおり、一見ぴゅあぴゅあに見える2人が…というところを書きたかった作品ですので、そこに不思議な空気、魅力を感じていただけましたら幸いですv清矢郎視点編も、知らなかった一面を楽しんでいただけて嬉しいです。お言葉を励みに、次回更新も頑張ります!
 本当に長期連載になってしまっていますが、長いことが嬉しいとのお言葉、遅筆な自分としましては、ほっとしますと共に、そこまで楽しんでいただけて感謝の思いでいっぱいです。確かにENDマークをつけてしまった時点で、幸せな2人の生活は続いていっても作品としての区切りはついてしまいますので…。ただこの連載はまだまだ終わる様子はありませんので、ぷろぽーず編、まだ当分先になりそうですが(楽しみにしていただけてこれまた嬉しいですv)、どうか飽きるまでお付き合いくださいっ。

 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/551-7599a947

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。