碧落の砂時計 完結です!&6/2-3拍手お返事。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 別名義で再連載していました「ワスレヤハスル。」がこのたび完結いたしました。連載中に読んでいるよーというお声をアンケート経由でいくつかいただき、本当にたくさんの勇気や励みをいただきました。誠にありがとうございました。投票の方も応援、ありがとうございました!作品はこのまま置いていただけると思いますので、未読の方で興味のある方、よろしければお目をとおしてやってくださいませ。珍しく男性一人称で書いているものです。
 以前にもこちらの作品の続編リクエストをいただいております。また何かしらの形で、短いものになりそうですが書きたいと思っています。今しばらくお待ちくださいませ。

 さて自分も参加予定のオフラインでの製本企画、あやとりうた様の方で、もう1冊事前に薄い本を作られることになったとのことです(詳細はこちら)。私ももう1本、何か掌編を書きたいなと画策中です。イベントに行けないよう~という方で購入を検討してくださる方は、私の方までメールフォームよりご相談くださいませ。

 そして3日に「椿18。」続編の「初蜜。」前編をUPしていただきましたー!前も言いましたが次回後編か、中&後編で終わる行為のみですみませんが夫婦編短編ですが、よろしければお付き合いくださいませ。
 この次の新連載も脳内プロット準備中です。高校生同士の恋愛で、相手役はこれまで朴訥とした少年や青年が多かったので、次は明るめの人にしようかなあとか考えています。朴訥青年の方が需要あるかもですが;、内容もラブコメ目指して!もちろんえろえろでっすv

 期間限定の方もこつこつと書き進めています。書き溜めすると目次の方にサブタイトルを書き足しています。今後の展開が気になる~という方がもしものもしもでいらっしゃいましたら、覗いてやってくださいませ。ただしタイトル&サブタイのセンスはありませんので、予めご了承ください;
 来週末から1週間ネット落ちです。どうにか金魚までは更新したいです。それでは続きはいただいた拍手メッセージへのお返事です↓日付の新しい順になっています。

 サイトTOPへ 
 
>6/3に「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」に拍手コメントくださったy様
 かなり長くなってきましたが、ここまでお読みくださりありがとうございました!別館サイトの「幻影金魚」もお読みくださったのでしょうか?リメイク版にも関わらず、こちらにもお付き合い感謝申し上げます。
 ここからは続編部分になりますので、2人の関係の変化や、あさぎの周囲の人々が起こす事件を書いていきたいです。ゆっくり更新ですのでまだまだ長い連載が続きますが、完結には向かっていますのでよろしければまた読んでやってくださいませ。応援のお言葉、ありがとうございます!

>6/2に「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」に拍手コメントくださったM様
 いつもいつもお読みくださいますうえに、毎回のご感想、誠にありがとうございます!何度も言いますが、どの話でも男性視点の回はどぎまぎしながら書いておりますので、温かいお言葉にただただ感涙の海で平伏すばかりです…。いつも拙い表現から鋭く読み取ってくださるM様の眼力に、敬服しております。
 あああそんな、恐がらないでやってください~。男性の心理については実は私が元お●●だから…って、4月1日でもないのにすみません;(ぇ)。それはさておき(おい)、これまた拙い表現ながらもどんな作品でも、恋する時の胸のドキドキや情熱はきっと男も女も共通しているものがあると勝手に思っていて、性別や年齢、家庭環境、生きてきた環境、生まれついての性質などで少しずつ変わってくるけれど、そんなあたりを意識しながら書きたいなあと思っています。
 なので自分としてもあさぎや清矢郎の気持ちが分かるなあと思う部分と、自分のオフラインの知り合いから自分なりに感じ取って書いた部分があるかな、と。分かりづらいあとがきですみません;ですので彼の心情や行動に共感していただけたこと、思い切って書いてみたけれど、このうえなく嬉しく思います!
 あとあさぎが清矢郎の家に来るのは久々だったっけ?の件ですが、おそらくこのリメイク版ではそうなっていると思います…。作者もリメイク版ではあえて意識して、これまで清矢郎の家に来させず(現実的にすぐにばれてしまいそうだと思ったから;)、今回の彼視点&冬編を彼の家で…にしました。おそらく本編とごっちゃになってしまわれたかと思いますが、リメイク後に設定を変えたことで混乱させてしまい申し訳ありません!もしリメイク版にも付き合ってからの部分で彼の家に上がったというような表現が過去にありましたら、見付けられました時は教えてやってくださいませ~。
 そしてこの冬編は、仰るとおり清矢郎にあさぎに惚れ直してもらおう編でもありました(笑)あさぎ視点だと清矢郎が物分りの良いいい男に見えてしまうように、逆もそうだろうと思ったため、1エピソード彼視点でお送りました。というわけでラブ度レベルアップして2年生&大学生編に入りますvこれからも執筆頑張ります!いつも応援ありがとうございますっ。

 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/558-d1583e8b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。