碧落の砂時計 6/9拍手お返事。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 ネット落ちのお知らせ、今後の更新情報については、前の記事をご覧ください。
 作品へのご意見、ご質問のメッセージをいただきましたので、ネットに繋げなくなる前にお返事をさせていただきますー。「ネムリヒメ。」シリーズについてです↓
 
>6/9「ネムリヒメ。の恋~目覚めて、それから~」に拍手メッセージくださったW様
 いつも作品をお読みくださり、ご感想まで何度も送っていただき本当に本当にありがとうございます!このシリーズ、とても長いのに読み返していただけて、もう感激しております…っ。
 このたびはこちらの作品へ、いくつかの疑問点を挙げていただきありがとうございました。今後の作品作りの参考にさせていただきますと共に、お返事の方もさせてやってください(メッセージの一部を引用させていただきますが、ご了承ください)。
 まず、

 >サッカー部の童貞率98%はもしかして95%の間違いでは?

 についてですが、すみません!自分としてはギャグのつもりでしたが、すごく分かりづらかったですよね…。整数にはならないのは、実は狙って書きました(「計算してみましょう」の部分で、何で整数じゃないんだよ!というツッコミを期待して…)。
 って、意味がわかりませんよね。本文の方も修正させていただきましたが、「(※途中までの経験は、状況に応じて一人未満と計算する)」という一文を書き足しました。
 これでも分かりづらいかもしれませんが、20人の98%を計算すると1人にも満たない…つまりちゅーまでなのか触ったのか、それ未満か、それが何人いるかは分からないけど、ちゃんと卒業した人は1人もいない…ということで悶々としている彼らをご想像ください、というネタになります(汗)どんな風にアンケートを取ったかも含めてご想像いただき、こののほほん?サッカー部の雰囲気を分かっていただければ、と思った次第でした。
 この一文にはそんな意図をこめましたが、とっっても分かりづらくかえって読者様を混乱させてしまったこと、反省いたします。重要な一文でもエピソードでもないため、もしかしたらまた書き直すか削除するかもしれません。そして今後の作品では気をつけていきたいと思います。ご指摘&本当に計算してくださって、ありがとうございました!
 次に、

 >一夜は30過ぎたばかりなのに凄くおばさんって気にしてますよね。その年齢くらいじゃ特に肌も肉体もそんなに老けてないよと言ってあげたい…(中略)一夜と同年代の方が読んだらどう思うのかなと心配になった次第です。

 こちらについてですが本当にそのとおりでして魅力的な大人の女性もたくさんおられますし、私個人も女性の年齢をどうこういうつもりは全くなく、今のところその年代の方からのご意見、苦情等はいただいてはおりません(不快になられた方は、そもそも読まれないかもしれませんが…)。今後その年代の方を不愉快にさせてしまうようなことがあれば、作品内のそういった表現を全部書き直すか、すみませんがこういう風に不安になってしまうのがうちのキャラでして…とご説明させていただくか、などの選択肢になるわけですが、今は後者の方向を考えています。
 一夜も父親の一件から男性不信な一面があり、父親に愛されていなかったのではという不安から自分にも自信がない、父や母のようにいつ急に愛する人がいなくなってしまうか心配が付きまとう、といった深層心理から余計にそういう卑屈な考えになってしまうのではないか、と考えています。
 ただ私の表現力がなく、本文の方で納得していただくことができず、読者様にも違和感があったりご心配をおかけしてしまい本当にすみまんでした。それに「キャラクターが深く考えすぎ」というのはどの作品にも共通していただくお言葉ですので、今後の課題として考えていこうと思います。
 しかしながらキャラを描く際に、そういった考え方の個性を出したいとも思っています。そこをどういう覚悟と信念を持って描くか、自分がいかに柔軟かつ揺るぎない気持ちで皆様のご意見、作品をお読みくださったうえでのお気持ちを受け止めていけるか、そしてどういう姿勢で創作と向き合い、作品公開を続けていくか、精進して突き詰めていきたいです。
 また一夜については現実に彼女と同世代や彼女より年下の女性の考えを聞く中で、あのような表現にしました。ですが更に別の立場の女性から見ていただければ、また違うとらえ方になるということがよく分かりました!今後続編や別の作品を書く際に、自分の視野をできるだけ広げ、表現に生かしていきたいです。
 もちろんのこと自分の周りにも無事にゴールインされた年の差夫婦が何組もいらっしゃいますし、今回のように読者様からもいくつも例を教えていただき、私も皆様のお幸せを嬉しく思い、末永い幸せを心より願っておりますv拙作の方を何度も読み込んでくださったうえ、貴重なご意見や考えさせていただくきっかけを誠にありがとうございました!

 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/563-fea90bae

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。