碧落の砂時計 8/18-19拍手お返事。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 前回のお知らせ、記事タイトルにぴぴっときた方は、ぜひともご確認くださいませ~。
 伊達~をそろそろ書きたいところですが、最終推敲もあるので、またしばし更新が止まりそうで申し訳ありません。
 「はつかだいこん~」に早速の拍手をくださった皆様、ありがとうございました!金魚の何倍!?みたいな感じですが(苦笑)、きっと今回は波限へのお祝いということで(笑)ありがたく頂戴します。でもたとえ拍手が0になっても、どちらも完結まで書ききりますよー。

 それでは続きはいただいた拍手メッセージへのお返事です↓
 長文のメッセージをいただくとお返事もつい長文になってしまい、すみません。コメント数も少ないため、日付順ではなく読みやすさを考慮し、長文のお返事ほど下部になっておりますのでご了承ください。

 サイトTOPへ
 
>8/19 23時に「はつかだいこんで刺身のつま!」に拍手コメントくださったm様
 このような内容の続編にも関わらずお付き合いくださり、本当にありがとうございます!はい、やっと…でございます。お祝いのお言葉に、赤飯まで!ありがたく頂戴します。いや波限に渡さないと(笑)源助大根と一緒に祝ってやってくださいませv
 こちらの連載はあと少しで終わってしまい申し訳ありませんが、次回更新もがんばりますっ。

>8/19 22時にブログ記事の方へ「はつか~」「伊達~」および期間限定連載に拍手コメントくださったe様
 いつも毎回のご感想ありがとうございます!初夏嬢、遂に…でしたが、e様にもえもえしていただけたのでしたらよかったです。初めての割に…というのはもう創作ということで(汗)波限氏のフィ(何故か省略)は…ど、どうしましょうか(汗2)まだ決めていませんが、ここまで楽しんでいただけたのに、最後でがっくりされないよう頑張ります><
 期間限定連載も最後までお読みくださり、今回も温かいお言葉をかけてくださりありがとうございました!20代男女の恋愛でしたが、爽やかと言っていただけて嬉しかったです。こういう作品もまた書いてみたいです。
 「伊達~」もお読みくださったとのこと…ありがとうございますー!仰るとおりこれまでの作品とは違う雰囲気で書きたくて、読者様には申し訳ないほどですが、こちらも楽しみとのお言葉に大変励まされました。こちらこそいつもいつも元気の出るメッセージをありがとうございます。これからも更新がんばります。

>8/18 22時に「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」に拍手コメントくださったM様
 またしても鋭いご感想のほど、ありがとうございます~。ついったでもつぶやきましたが、今回主題にしたことはあまり突っ込んで書くとかなりどろどろしてくるんですよね。女の子で恋愛しか見えていない子って、女の影がなくても嫉妬しちゃうというか…;(透流はそういう意味ではあさぎと正反対ですよね)
 あさぎはどこかずれた女の子でありながらも、やっぱり金魚が見えるほど思いつめちゃう子なので、そこをどうやって重くなりすぎず表現するかを、この大人になるまでのお話では課題のひとつにしています(前作では「性欲」をライトにファンタジックに表現することを目的としていました)。なので結構書く方は修行と思いつつ、毎回ひーこらゆってます;なのであさぎはまだ恋愛第一なので(それが17歳らしさのつもりでもあるのですが)、どんな大人にするかを私自身もっと考えなきゃいけません。お言葉にまたはっと気付かされました!今後の更新も頑張ります。でもあさぎの成長が今回ちょっとでも見られたなら、よかったです。
 文学少女っぽいと言えばそうですが、仰るとおりおたく?少女っぽくも見えるあさぎ。これは以前より感じていましたが、そういうキャラにしようとは考えていなかったので(彼女はアニメとかは見てない設定なのです~。少女漫画をちょっと読む程度。本は結構読むかな?)、即売会デビュー編はなさそうです(笑/想像したらファンタジック目標の世界観が急に生々しく見えてきました)
 次回の透流番外編、楽しみにしてくださってありがとうございます!1話で収めるつもりですが、後から連載できそう、と思うくらい設定が気に入ってます(おいこれ以上)。金魚本編が終わらないので番外編は1回きりの予定で、仰るとおり恋に落ちてまで、しか書けませんが(そこからが書きたいといえばそうなのですが;)、できるだけ納得いく読みきりにできるよう頑張ります!

>8/19 11時に「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」に拍手コメントくださったK様
 いつも毎回のご感想および、今回のシーンに共感いただきありがとうございます!上記レスにも書かせていただいたように、あさぎはちょっと不思議な女の子でありながらも、17歳の女子高校生でもあるのでそういった一面を書きたいなあと思ったのが今回のエピソードです。前作品は作中も短期間に搾り、性欲を中心にテーマにしましたが、今作は大人になって清矢郎と結ばれるならもう少し、途中に色々な心情変化を入れたいなあと思ったためです。
 K様の仰る光景、懐かしいです。女の子はやっぱりいつの時代もそうなのでしょうか??「2人連れで」「文句言いながら」ってリアルですね~。そんな光景もまた作中で書けたらと思います。刺激とモエをありがとうございました。あ、「アイコンタクト」は今回書きましたが(笑)
 透流の番外編は本編とメリハリをつけるために、違うタイプの女の子の話を書こうと思いましたが、夕映のことも気にしてくださって嬉しいです!仰るとおり夕映はあさぎと反対のちょっとすれた子にしたかったので、作者も彼女のその後が気になっています。今後まだ登場予定はありますので、しばしお待ちくださいv
 そしてそして初めてのコール!荒芝番外編のリク?までありがとうございます~。作者はああいうおっさんを書くのが好きなので、嬉しいです。前も言いましたが、彼は8年前に書いた別の話の脇役で、相手役まで出てくる番外編も書いたんですよ。もう削除してしまいましたが…。なので設定は出来上がっているので、いつかどこかでK様に読んでいただけるようにできればと思います!
 最後に更新頻度のことまでお気使いありがとうございます。今回ついに「無理だー!」と言ってしまいましたが、今でもお読みくださる皆様が優しくて、変わらぬ応援に励みをいただいております。本当にありがとうございます。これからも多少遅くなっても、必ず更新するようがんばります。
 素敵な残暑お見舞いまでありがとうございました!まだまだ暑い日が続きます。K様もどうかご自愛くださいませ。

 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/609-2e66104f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。