碧落の砂時計 バトン回答「社大(takao)スペシャルルールでいくぞ」&突発アンケート実施中。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 「伊達じゃない!」第3話、無事UPしていただけましたー。もう作者だけがHEYHEYと楽しんでいる感じですが、よろしければお付き合いくださいませ;

 そしていきなりのアンケート投票を実施しております。前言いましたとおり、次の新作を考えている間にアンケートの入れ替えと御礼SSの追加をしようと思ったのですが、アンケートの前書きのとおりどれを書いていいのか迷いに迷ったため、もう人気投票で決めてしまおう、というわけで急遽投票を受け付けています(投票はこちらから)。
 基本的に自分の書きたいものを書いているため、こうして人様のご意見をお聞きすることはあまりないのですが、今回はSSということでどれも同じくらい書きたい、けれど複数書く時間がないことと、また読んでいただけた御礼のSSですから、アクセス数も少ないことですしご希望のものを書いてみるのもいいかなあと思ったためです。
 でも3つのうちの採用にならなかった作品に投票してくださった方は哀しい気持ちになってしまいますよね、と今更…><でも今回は無理でも他の候補のものは、またいずれ書きたいと思っていますので!
 早速ご協力くださった方々、ありがとうございます。重複投票をできるだけ避けたいので、途中経過は公表しないで、アンケート締め切ったところで発表しますね。

 さて続きましてはバトン回答です。以前も回答してぶっちゃけ微妙だった(というか私が下手なんでしょうね;)なキャラ語りバトンですが、よろしければ追記から↓ご覧くださいませ。
 リスペクトしている作者様の藤井紫様から回していただきました!(携帯からのお客様が多いので、なろうさんの作者ページにリンクさせていただきました。)

 サイトTOPへ
 
 ――さてさて、ある日清矢郎の元に、舞い込んだバイトの話。
『はい、この原稿を君の言葉で語るのが仕事ね。普段どおりの話し方でいいから、感情込めてね。2問目以下は、ここの管理人のことだから。あ、バイト料? この先、あさぎ嬢といちゃこらできる権利でいい? え? 知らなかった? そうさ、俺の腹一つで決まるんだよ。じゃ、ひとつよろしく』
 よく分からないが自身の運命を握る者から指令を受け、大好きなあの子といちゃこらできなきゃ困ると清矢郎。いそいそとこのブログにやってきたところでバトン回答スタートです。(この冒頭はバトンテンプレとは関係ありません。流してください/痛;)

《決まり事(ルール)》

*5日以内に書くように気をつけるべし。破ったものは罰ゲーム。
*バトンを回した人がルールを守っているか確認すること。
*バトンは5人に回すように。
*バトンを回したら相手に報告するように。
*「これから仲良くなりたい人」「ずっと仲良くしていたい方」の5人に回す事。
*バトンの内容勝手に変えるのは駄目
*バトンが回ってきたら「○○さんから回ってきました」と書いておくように。
*バトンはきっちり公開するように。
*『○○○○スペシャルルールでいくぞ』というタイトルで書かねばいけないらしい。(←○の中は管理人名)

◆名前は?


「加納清矢郎……」
 (恥ずかしくてたまらない。というかいちゃこらはしたいけど、何故俺がここに…と思いながら原稿を開く)
「名前の由来は、色んなところで言ってきたけど、とある時代劇観ながらプロット考えてたから、プロット中よく『清十郎』と書き間違えてた。『矢(し)』は一番最初の子供だから、『嚆矢(こうし)』の言葉から。あと真っ直ぐに貫き通すって意味もあるって、お袋から聞いてる。ちなみに管理人は、その後テレビで某有名子役が出てくるようになって、名前が似ているからちょっと申し訳なくなった。実は『加納』は某有名コントのキャラ名から……って、長えよ」(既に疲れてきた)

◆バトンを回す方は?

「『これから仲良くなりたい人』『ずっと仲良くしていたい方』はネット上に大勢居るけど、5人もブログで答えてくれそうな人を知らねえ。あの文学的な作品書くあの人やこの人はこの手のバトンしたとこ見たことねえし、ついったーで相手してもらってる人はブログ持ってねえだろうし……結局何年経ってもいつも同じメンバーで、ごめん。管理人はオンもオフも友達少ないらしい。

ってことで、あさぎのイラスト描いてくれた桐原さん、
長年世話になってる銀さん、
それと、バトン回してくれた藤井さん。
あと毎回この作品に感想くれたり、コメントで応援くれる人たちのことも語りたくなったけど、全員なんて無理だし残り2人なんで選べねえから」

◆上記の人とはどんなきっかけで知り合った?

「桐原さんも感想くれたんだけど、その前に企画で行き会って話したりはしなかったけどど作品は読んでた。藤井さんは、『幻影金魚』シリーズに感想くれたから。銀さんは次の質問で答える」

◆上記の中で一番に知り合った方は?

「銀さん。4年前にサイト登録していた同盟で、お互いの作品の感想を書き合ったことで」

◆5人のいいところを書いてください

「どの方も長く時間をかけて、常に表現を磨く努力をしている。文章も過不足なく表現されてて読み易く憧れているし、勉強になる」

◆喧嘩したことは?

「ないと思うけど、管理人短気だし、鈍感だから知らないうちに傷つけてたり失礼がないか心配してる」

◆イメージカラーは?

「想像力貧困だから、名前やサイト背景なんかで考えちまう。金魚シリーズがなんとなく和風だから、こっからからイメージカラーを選んだ。

桐原さん…「藍白」白に近い僅かに青みがかった色
銀さん…「白磁?」白っぽいけど銀色の光を放ってる感じ
藤井さん…「若紫」藤より少し濃いくらいの紫」

◆最近良かったと思うことを口調指定で

「オンでは拙い作品を読んでくれる人が居ること(感想とかメッセージもらったこと)。オフでは尊敬できる人に囲まれてること」

◆自分の苦手なものにまつわるエピソード

「どっかの落語と一緒で、書いて変な画像送られても嫌だから(画像見ただけでパニック起こしかねん)言わねえ。
他にも苦手なものはたくさんある。ありすぎて、困る。多くていちいち反応して落ち込んで大変だなって周りに言われる。
自分の視野も狭くなるし、作品の幅も狭まるからなんとかしてえんだけど」

◆5人は自分のことどう思ってる?

「分からねえ。分からなくて時々こっちが暴走する。そして嫌われてねえか心配になる」

◆その5人との共通点は?

「物語を書いてること」

◆罰ゲームを決めてください

「……素振り。竹刀がないなら、すり足」

◆バトンを回す方の指定口調は?

「5人も無理だったけど、よかったら。

桐原さん…既に回っているようだけど、もし答えてもらえるならスオウで。
銀さん…同じく既に回ってるかもだけど、トキで。

以上です。お読みいただき、ありがとうございました」


 **********

 ――その後。
「せ、せいちゃん!? どうしたの?」
 何だかよく分からないことを長々と喋らされ、常日頃のバイトよりずうっと疲れてしまった清矢郎。久々に会った恋人の従妹に甘えるようにぎゅうっと抱き付き、肩にかかる髪に顔を埋めるのでした(いいにおい…とか思ってるに違いない)。ちゃんちゃん。


 ここまでお付き合いくださり、ありがとうございました!
 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/613-607cdbdb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。