碧落の砂時計 よろしければアンケートご協力を~(追記あり)&9/16拍手お返事。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 さて。当サイト第7回目のアンケートを開始しましたー。過去に答えてくださった方には重複する質問もあると思いますが、来てくださる方も定期的に入れ替わりがありと思うため、1年ぶりに集計を取り直し「現在の閲覧者様」にお聞きしたく存じます。お時間ありましたらこちらからご協力をお願いいたします。何度も答えてくださる方、ずっとずっと訪れてくださる方にはどれほど感謝してもし足りません。
 日頃作品をお読みいただける御礼になるかわかりませんが、続編SSの方ご用意しましたので興味ありましたら送信した後の画面よりご覧くださいませ(目次URLが変更になりましたので、ご注意ください)。新作SSについてのアンケートにご協力くださった皆様もありがとうございました。
 お問い合わせ等へのお返事は、アンケ公開当初はありがたくもたくさんの回答を頂戴しますので、それが落ち着いた1~2週間後を予定しています。

 (※追記 第6回アンケートのまとめは、こちらとなります。たくさんのご協力、誠にありがとうございました!)

 さてこれから伊達と金魚を9月中にUPできるかな…。でも来週末からネット落ちなのです!どうにかがんばります。

 それでは続きは、いただいた拍手メッセージへのお返事です↓携帯の方から先にお返事させていただきますー。
 拍手だけの方やランキングぽちりもありがとうございます。大変励みになっております!

 サイトTOPへ
 
>9/16 19時に「はつかだいこんで刺身のつま!」に拍手コメントくださったS様
 いつもいつも拙作をお読みくださり、温かい応援のお言葉までありがとうございます!2人のこと祝っていただけて、作者も嬉しいです~。
 さてさてこの時間、青一郎と源助大根がどうしていたか…というご質問ですが、リクエストにヒントをいただき、もし次回からの後日談編で書けそうだったたら書き込みたいと思っています!お聞きくださり、ありがとうございます。
 ただ青一郎も一見可愛い子なのですが、彼もまた生い立ちから心の中に色々と抱えているかもしれませんし、とにかく波限のことを慕っていますし、健全な男子高校生ですのでもしかしたら複雑な心境があったのかもしれません…そのあたりも書くなら、作品の雰囲気を壊さないよう明るくほのぼのと書きたいですが。お言葉を励みに、次回更新も頑張ります!

>9/16 18時に「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」に拍手コメントくださったK様
 今回地の文が多く、しかも恋愛ターンでもなくあさぎの心情ばかりを描写しましたが、しっかりと読み込んでくださったうえに、すごく共感してくださってとても嬉しかったです。書いている方もこんなんでいいのかな、と不安の中書いていますので、ほっといたしました…。
 >謂れの無い焦燥感や自信 というご表現には、こちらの方が納得させていただきました。ほんと、不思議ですよね。10代後半から20歳くらいまでの時期って…。
 あさぎの弱い面、醜い面も思い切り描いているため、清矢郎に対しても甘えからちょっとかまってちゃんになってしまっていますが、そこにも女性として共感していただけたり、2人のらぶらぶなやりとりを楽しんでいただけたことも大変ありがたく思います。この作品は最後までこんな感じになってしまいますが、よろしければお付き合いくださいませ。
 そして気になった点もご指摘、ありがとうございました!「黒板のいたずら描き」でしたら犯罪(事件)にはならないと思うのですが(女子の台詞のように、クラスの男子がやったことと皆が了解しているので)、もしこれが万が一にも駅の壁に書かれたものであれば、誰が書いたにせよ騒ぎになっただろう…とこういった世の中ですから、あさぎも一瞬恐い想像をしてしまった、という次第です。分かりづらいな、と私も思ったので該当部分を少し書き直させていただきました。自分でも分かりにくいかなと心配だったので疑問点を教えていただけて助かりました。ありがとうございました!これからも執筆頑張ります。

 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/616-f76d1387

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。