碧落の砂時計 9/24-25にいただいたアンケートご質問&メッセージへの返信。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 新アンケートの方、ここ数日は投票もほとんどないため集計結果については10月中に、一度報告させていただきます。もちろんこの後もアンケは置いておきますし、質問もいただければ随時お答えしていきますが、後になるほど数字の割合が変わってきてしまうので。
 少し遅れてしまいすみませんが、今日はキャラへの質問&リクエスト&ご提案5件+応援メッセージへのレスになります。応援メッセージの方にも今回よりお返事を書かせていただいてます。記事末尾に今日よりも前に書いたお返事へのリンクがありますので、くださった方は探してみてください~。

>>9/18~の質問、ご意見、リクエストへの回答はこちらから順番に読めます。

※最初の回答は「ROMANCE」へのご質問のものです。ネタバレを少し含むかもしれませんので、未読の方でストーリーを知りたくない方は④からお読みください。

<「ROMANCE」について>
①涼陰くんは いろんな人から声かけられませんか?
②仕事場ではどんな仕事ぶり?
③空音をどんなふうに見張っていたのですか?


 →ご質問が長かったため3つに分けさせていただきましたー。涼陰のこと、気に入ってくださって、たくさんのご質問ありがとうございます!こちらのほう、後ほど幻創文庫様の方の日記(リアルメッセージ)にも転載させていただきますので、ご了解ください。
 …その前に、こういった内容についてここで答えてしまい、本文には盛り込まないのか、と言われてしまうかもしれませんが、「ROMANCE」には脇役もほとんど出てこなかったように、お話としては盛り上がりにかけるもののタイトルどおり、10年間のその時々の官能の光景を、つまりはどのお話も行為シーンを中心に、有り得なくとも2人だけの閉鎖的で幸せな空気を書きたいと思っていました(だからタイトルの雰囲気が出せるよう、空音視点だけで)。なので番外編を書けばこういった描写ももっと書き込むかもしれませんが、過去の文章に書き入れることはしないつもりです。ひとつよろしくお願いします。

 というわけで①から。他の質問と同様、最終話後のことも含まれていますでしょうか?ええそれはもちろん、声かけられまくってます(ました)よ~。それこそビケーだし大人びてたし、あのおうちでは大人との付き合いも多かったでしょうから、きっと大人の女性にも同世代の女の子にも、先輩後輩にも、小学生の時から声をかけられていたものと思われます(銀平と少し設定が似てますね;)。就職してからももちろんのこと。
 でも小学生の時はそういう「女」をアピールしてくる人が苦手だったんでしょうね(空音に母性を求めているあたりからも)。中学生以降は空音一筋のため、他の人には見向きもしなかったことでしょう。初めても…でしたしv「カマクラ」の時にも語りましたが、あれだけ上手かったのはイメトレでもしていたのでしょうか(うぉい)。
 大学生後半~社会人になってからは、「婚約者がいますんで」「妻以外は興味ありませんので」とすっぱり切り捨てていそうです。

 ②については、このあたりもさらりと流して終わってしまってすみません。もしいつか、続編を書くならこのあたりも書く…かも?(あやしい;)
 彼のことですから当然のこと、有能な社員であると思います。器用で賢いので出来ないことはない、という設定ですので(とにかく高スペックな彼/笑)。上司の人も優秀な人が来てくれたと喜んでくれていそうです。本文からすれば建設コンサルで調査研究から営業まで…とありますが、これは新人だから様々な経験をさせてもらっているのでしょう。それこそ有能なのであっちこっちから声を掛けられて可愛がられて、経験積ませてもらっているみたいです。
 研修期間が終わった後は一旦どこかの部署で長くその業務をすることになるでしょう。でも営業とか得意そう…。でもいろんな部署に呼ばれているってことは、そんなに大きな規模の会社でもなさそうなので、早く出世していくか、ここでのスキルを元に別の会社で挑戦するのか、それは作者もちょっと考えていません。どっちでしょうね~。意外と一途な人なので、このまま真面目に働いて出世してくかも。
 
 ③はラブコメと言いますか、そういったギャグというかファンタジー設定?が好きなため(だから現代恋愛を書いても漫画ちっくになってしまうんだけど…)、方法については涼陰の口からは語られない(よって作者の口からも語れない)ものと思われます。空音が尋ねてもきっと、「内緒で」と唇に指を当てられて(どっちの?)、恐ろしいながらも自分にとって害をなす人ではないと、空音も意外と度胸ありますから、気にしないでおくんだろうと。
 でも想像してみると、盗聴器や盗撮カメラ?と思うと確かに恐ろしい…。探偵でも雇った?とも思ったけど、彼が他の男に(女性かもだけど)空音の私生活を見せるかなあとも思ったり…そう思うと実はハッタリだったんじゃないのかな、とも(笑)真相はご想像にお任せしますv「内緒です」と彼の声で囁かれ、煙に巻かれてやってください…。
 たくさんの楽しいご質問、ありがとうございました!

<続編へのリクエスト>
④げんじと涼陰のさらに幸せな日々を読めたらうれしいです。


→たくさんのご質問に引き続き、嬉しいリクエストまでありがとうございます!更新の方、楽しみにしていただけているというお言葉にも大変励みをいただきました。
 げんじは源二と玄次と両方でしょうか?「ネムリヒメ。」も「カマクラ」も両方リクエストをいただいてますので、いつかは続編SSを書きたいと思っています(ネムリヒメの方を先に書くつもりです)。また「ROMANCE」の方もご質問を拝見していて、社会人編も面白いかもvと思いました。こちらは幻創文庫様の方で今後またテーマ企画等があるようでしたら、そちらのテーマに沿った短編を、ないようでしたら単独で短編を投稿できたらと思います。少しお時間いただきますが、お待ちくださいませ。
 どちらも10歳以上年の離れた女性を好きになった年下キャラですが、気に入ってくださりありがとうございました!またこういう青年キャラも書いてみたいものです。

<質問へのご提案>
⑤キャラクターさんたちへの100の質問みたいな企画を読んでみたいです。


→たくさんの作品をお読みくださったうえに、いつも励ましのお言葉をかけてくださり、誠にありがとうございます。単純なのでむくむくと元気が湧いてきましたー!
 更新報告だけのブログも殺風景ですし、作品作りの参考にもなるし…と、今回、初めて読者様からの質問コーナーみたいなものを設けてみましたが、そういった方法もありますよね!作者やキャラへの100質みたいなのはよくネットでも眼にするので、そういったものを利用するのも楽しそう。思いつきもしませんでした;
 ちなみに今回のアンケートで読者様から質問を募集したのは、この辺境ブログでそういった質問に答えても、皆さん興味ないかもしれないしなー…という恐れがあったことから、いっそ読者様が疑問に思われていることをダイレクトにお答えしたり、参考にさせていただき作品に生かそう!という双方向の交流や作品、サイト作りができればな、という目的からでした。でもいずれは回答も収束するかと思いますので、そういった時で何か話題がないかなーという時は是非やってみたいと思いますv楽しいご提案、ありがとうございました。
 逆にキャラへの質問が100個もあっても読んでくださると仰ってくださることに、深く感謝申し上げます!また執筆の方も、時々ぶつぶつと悩んでしまっていますが、お気遣いいただき恐縮です。需要関係なく書きたいものばかり書いていますが、それでもお付き合いいただけるのでしょうか…><お言葉を励みにこれからも自分のペースで、自分も楽しんでがんがん書いていきたいです!はい、もちろんのことこれからも麺類が一番好きです!(笑)

>>10/7~9分 質問、リクエスト回答(同じく「ROMANCE」関連2件)&メッセージお返事はこちらから

<そのほかの応援メッセージへの御礼>
◎「刺身のつまにもなりゃしねえ。」「はつかだいこんで刺身のつま!」シリーズへの応援コメント


→こちらのシリーズ、ちょっと変わった内容でしたが好きになってくださりありがとうございます!続編の方、もう少しで最終回を迎え申し訳なく思いますが、こちらもまたいつか元気な皆のその後や、主役2人のらぶらぶな様子、脇役の恋の行方??などをお届けできればと考えています!少しお時間いただきますが、お待ちくださいませ~。

◎「はつかだいこんで刺身のつま!」&更新への応援コメントと、大体の更新予告でも参考にしてくださっているとのお言葉

→はじめまして!初コメント、誠にありがとうございます。こちらの作品の方、本編と雰囲気が違うにも関わらず、初夏の恋愛模様をどきどきと追っていただけて大変光栄に思います!遅筆で大変申し訳なく、そのうえリアル生活が予測不能な日々なものですから、更新目標を定めても正確な日付ではなく何度もお越しいただくことになり、読者様には心苦しく思っております。それでも目標の方を参考にしていただけて、月単位の更新でも読みに来ていただけること、深く感謝申し上げます。
 中々思うように時間がとれませんが自分でも更新目標をできるだけ守れるよう頑張りますので、今後ともよろしくお願いいたします。こちらの作品はもう最終回になってしまうのでこれまた申し訳ないのですが、お気遣いのお言葉に感謝し、これからも体調に気をつけ納得のいく物語をじっくり書いていきたいです!

 サイトTOPへ
 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/622-cf8d47c0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。