碧落の砂時計 久しぶりのブログ更新…&11/16拍手返信。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 ついったーでは毎日何事かつぶやいていておりますが、ブログの更新自体は久しぶりですみません。ブログまでチェックくださっている皆様には、本当に本当に感謝しております…!読まれていない方も時々重要なお知らせもありますので、たまにご確認いただけるとありがたいですv
 ブログの方、更新しそびれてたのは、だ、誰も前回の汚いイラストに恥ずかしくなっちゃってとんずらこいてた、とかじゃないよ!(汗)絵下手でも本は発行するよ!(聞いてない)あ、オフ本に掲載予定のSSのネタが決まらず、困ってます…。条件はネットに載せないこと、新作もいいけど既存作の番外編の方がいいかなーという感じです。何かよいお知恵がありましたらお気軽にリクエストください~。実は切実;

 この間に、「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」第59話と、期間限定第4話第5話までUPしましたー。毎回お読みくださる方々、誠に誠にありがとうございます!(※期間限定の方、次話へのリンク(「>>第○話へ」)がほとんどリンクされておらず、あとがきも消さずにそのままで、読みづらくて本当に本当にすみませんでした!今、修正いたしました)
 伊達~第8話も下書き終了していますので、今週末に入稿できるよう推敲、がんばります!らぶらぶシーンには至りませんが、甘甘ですしその手前まではいきますのでっ。

 金魚の方はこのようなお話、展開にも関わらず長い間、お付き合いくださる方もみえてどれだけ感謝してもし足りません。このお話に限らず、更新頻度や宣伝の問題を除いても人様に「読みたい!」と思っていただくようなお話が書けないことをもどかしく思うことはしょっちゅうですが、少しでも読みやすく読み手様に楽しんでいただけることを考慮しつつも、自分の中で書きたいものがあるから、書き続け、発表し続けているわけで、ただただ、今書けるものを書き残していくしかないなと。でもその表現の仕方は、もっともっと洗練させていかなければならないのですが、中々…。
 常に迷いはあるのですが、自分の書きたいものだけは曲げられないので、突き進んでいくしかないなと思います。各作品およびブログ記事への拍手だけでも励みになっております。本当に本当にありがとうございます!

 最後にいつもなろうさんの活動報告から拙ブログの記事へのリンクを貼っているのですが、今日は逆になろうさんの活動報告へリンクしてみようと思います。「I LOVE YOU」を自分なりに日本語訳したらどう告白しますか、というバトンです。
 ありきたり、かつ微妙な回答でもよろしければ、【こちら】よりご覧くださいませー。

 続きはいただいた拍手メッセージへのお返事です↓

 サイトTOPへ
 
 >11/16に「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」に拍手ご感想くださったK様
 前作よりもキャラの年齢が上がり、主題も少し広がって深いところまで踏み込んでみた本作ですが、それでも見捨てずに作品やキャラと真っ直ぐに向かい合ってくださったうえに、あたたかいお声がけを毎回毎回ありがとうございます。
 今回の展開からK様が昔を思い出してくださり、共感していただけたり考察していただけたりしたことは、作者として大変幸せなことです!そのうえあさぎの独特な感覚を、冷静に受け止めていただけたことにもどれだけ感謝してもし足りません。
 今回のあさぎの親への心情は、前作を書いた時からこの子にとって両親との関係が少なからず現在の恋愛観に影響しているなと感じていたため、彼と結婚するまでのひとつの壁として書きました。作者の顔が見えてしまったかもしれないことは表現として反省すべきかもしれませんが、自分の価値観だけでなく色々な文章や作品で語られた親子の関係や人の話なども取り入れて、あくまで「あさぎ親子」の場合としてこんな親子もいるんだなー、子供(=あさぎ)はこんな風に感じてるんだなーと解釈していただけましたら幸いです。
 ただあさぎがまだ子供もいないのにここまで親の気持ちを考えさせられているのは、母親が思ったことを何でも口に出してしまうから、ということもあるかもしれません。だからここまで考えられるかどうかも、人それぞれで違いそうです~。
 またK様ご自身の貴重な体験、昔のお気持ちを教えていただけたことも大変嬉しく、とても参考になりました!脱線なんてとんでもないっ。一文字一文字ありがたく、大切に読ませていただいてます。こうした人様の「生の」声や感情をまた別の作品にかもしれませんが、生かさせていただけたらと力及ぶか分かりませんが考えております。(門限は確かにうちも厳しかったですなあ…遠い眼;)
 あさぎを含めどろどろとした感情を書いているからこそ、清矢郎というキャラは過去の失敗以外はありえないほど清く真っ直ぐに書こう!と決めています。そんな彼のポーカーフェイスが崩れた次回を描くのは、作者も楽しみだったりします(笑)
 そしてそして荒芝へのらぶコール、本当にありがたいです~。登場するのはあと1回?と言いましたが、あと2回でした!結婚式編では予定してませんでしたが(それも楽しそうですねv)、更にそのあたりでひょっこり登場させてもいいかもしれません…??ちょっと考えさせてくださいー。いずれにせよもう残り話数が少なく、登場回数も限られており寂しい思いをさせてしまいすみませんが、彼の出番まで今しばらくお待ちください!
 風邪は先週引いてしまいましたが、おかげさまで熱はほとんど出ずにすみました。K様はいかがお過ごしですか?自分は長引いてしまいましたので、どうかお気を付けくださいませ…。

 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/637-27a260a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。