碧落の砂時計 ネット落ちのお知らせとイラスト下書きUP第2弾&12/22-24拍手返信。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 期間限定第10話UPしましたー。下書きは13話まで終わりました。連載も残り4~5話。最後まで突っ走りまっす。
 そこでまたネット落ちのお知らせです。12/26~28頃まで半ネット落ち状態となります。ついったーに接続したり、推敲くらいはできるかもしれませんが、この間はお問い合わせ等に答えられないかもしれないほか、その余波でまた金魚の更新が遅れるかもしれませんので、予めご了承くださいませ。UP予告は29日~年内としていますので、できるだけその間に更新できるようがんばります!いつも遅筆ですみませんが、お付き合いくださる天使のような方々、本当にありがとうございます…。

 くりすますですね。期間限定連載の雰囲気にあわせているため、ブログの壁紙が季節はずれで申し訳ありません;
 24日は美容院に行ってきたのですが、スタッフさん(全員女性)の服装がみんな黒のパーティー衣装で、髪飾りから靴からタイツから全部黒で、なんだか美しくてどきどきしましたv
 3ヵ月後にはもうここには住んでいないので、こちらの美容院にも二度と来ることはないんだなあ。ほんと自分なんて切りづらい客だったと思いますが、言葉が通じなくてもプロはプロなんだなーと、その技術と心に何度も感動させていただきました。

 日々の執筆であっぷあっぷで、今年は特にクリスマス企画もしませんでしたが、先日の幻創文庫様の特集ものはクリスマスや年末にあわせて書きましたので、お受け取りいただけましたら幸いです。今回の甘甘な期間限定もデザートみたいなものとしてご賞味くださいませ;
 それでも日頃のお礼に昨日今日で何かしたいなと、プレゼントにもならないけどイラストでもUPしてみようと出来心で思い付き、金魚の2人をちょっぴり描いてみたところ、オフ本(※来年の同人イベントあわせで発行予定の、自作品らくがき本)の方に使えそうなのでやっぱりそっちに回そうかなーということになってしまいました…。というのもこの2人、現段階でデフォルメ絵ばかりでシリアス顔を描いてなかったんですよね。
 でも清矢郎と波限って、そもそも従兄妹同士の恋を、喋る大根がとりもつというラブコメ短編漫画からあの2作に分化させたものなので、画力がないこともあり描き分けしてないんですよね;だから波限を描く以上、同じ本に清矢郎を載せるのもどうかなーとか思いつつ…。源二とも髪型変えてないし(汗)全員夏服ってのもいけないですよね。ははは…(乾いた笑い)

 というわけで、元々は一人くりすます企画として描いたもののオフ本に回したくなり色塗りも間に合わなかった金魚イラスト、です↓下絵段階での汚い線でも、微妙な画力でも大丈夫よんと仰ってくださる方のみ、拡大どうぞです~。珍しく清の字に甘えさせてみました。

 らぶらぶな清矢郎×あさぎ
 
 そ、それでは続きはいただいた拍手メッセージへのお返事です↓携帯の方から先にお返事させていただきました。
 ブログ記事に毎回拍手くださる方もありがとうございます…!

 サイトTOPへ
 
>12/24に期間限定連載に拍手コメントくださったS様
 つぶやきより24日前後もきっとお忙しいことと思っておりましたが、そんな中拙サイトにご来訪くださり、最新更新分を早速お読みくださったうえに、コメントというプレゼントまでありがとうございます~!(感涙)
 甘いだけのスイーツしか出せない当サイトですが、お召し上がりいただけまして感激です。ありがとうございます!こちらこそメリークリスマスです。今年も大変お世話になりました!どうかよいお年をお迎えください☆

>12/22に「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」に拍手コメントくださったK様
 いつもいつも嬉しすぎる、ご丁寧なご感想のほど誠にありがとうございます!毎回の更新の励みをいただいております。
 今回の清矢郎、格好いいと思っていただき恐縮ですっ。彼は結局正攻法しかできない人なのでしょうね。こういうタイプの男性は意外とリアルでは好みが分かれそう?ですが、あさぎのハートはわしづかみにしているもようで、お言葉のとおり「またまたのまたまた」惚れ直したもようです;←ほんと何度も同じ展開ですみません…と言いつつ、大学生編でもまたまたのまたまたのまたまた惚れ直してしまう予定ですがv(おい)
 金魚の幻の末路についてですが、前作の続編「青竹迷風」を書いた頃から、未来まで書くならそうなるだろうなと思い、今のような展開にいたしました。お付き合いくださる読者様もあさぎと一緒になって色々と感じてくださること、あさぎの成長をあたたかく見守っていただけること、本当にありがたく思います。
 また愚痴のようなブログまでお読みくださり、励ましのお言葉まで頂戴し重ねてありがとうございます。プロアマ関係なくパワーのある作家様のお話を読ませていただいたり、創作の面や人として魅力を感じる方とお話させていただくと、創作でも×歳の人としても自分はこんなことでいいのかと不安になってしまうのですが、K様がお忙しい中でも拙ワールドを楽しんでくださり、あたたかいお声をかけてくださることに深く感謝し、それを作品に注ぐ力に変えさせていただき、来年も創作に邁進しますっ。
 何より自分が楽しむために書き続けているのですが、よろしければまた遊びにきてやってくださいませ。K様もどうかよいお年をお迎えください☆

 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/644-1432e23a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。