碧落の砂時計 ネムリ~とオフ本その後&2/7-11拍手およびアンケートからのコメント+お問い合わせ返信。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 「伊達じゃない!」第12話UPしていただきました!これにて第2部(初体験編;)終了です。第3部で終わるか、第4部になるかは分かりませんが全20話くらいになるかなーと予想しています。
 最近すごく寒いですよね。どんなことからもえろ妄想してしまうこのへんたいさんは(涙)、この寒さにまたひとつえろ妄想をしてしまいました(昔から書いてみたかったネタですが…)。書くなら新キャラでがいいので、R18ですし幻創文庫様用の短編にしようかなと考えています。冬ネタなので今書くしかないため、もしかしたら次回は伊達~をお休みしてそちらを書くかもしれません。ちょっと考えてみます~。書くなら20代の大人同士のらぶ甘ものですv…と言いつつ10代ものになるかも(どっちだよ)。

 前から予告していた「ネムリヒメ。」続編SSですが、今月中にUPできるよう無事に下書きが終わりました。久しぶりに書くため、自分の今一番書きたい2人は…と考えたところ、続編第1弾のすぐ後の、源二18歳夏のお話になりました。って二人の行為シーンが久々に書きたかっただけでありますが(げふん)、今後、過去にリクエストいただいたようなエピソードも書いていければと思っています。ただし更新頻度については他の新作を優先させたいので数ヶ月に一度の思いついた時の不定期更新となりすみませんが、その時はよろしければお付き合いくださいませ。

 オフ本についてもついったーでよく呟いていますが、ゆっくりゆっくり進めています。ゲスト様のイラストがとっても楽しみですv全部で22頁ということで、決定しました。
 なお今回の本は自キャラのらくがきをある方にお渡しするつもりが、描きたいものがたくさんになってきたので、イベントにも出たいし本にした、という経緯でして。イラスト自体も約5年ぶりにか描きますのでリハビリもあり、そもともイラストが苦手なので(なのに描く;)小道具や凝った構図はありません…。「小説のワンシーンを描くのか」という嬉しいご質問をいただきましたが、申し訳ありませんがそれはありません><
 でもこの2人ならこの表情、この構図だ!というものを苦手なりに作者設定で描いていますので、説明を見られなくともこの2人だ、と分かっていただけたら幸いですvという瞬間を夢見て、制作がんばります!またそのうち、アンケートで希望数をお聞きいたします。
 ちなみにミニ小説本も、あやとり企画様以外に正式に作ることになりました。らくがき本の方にネムリヒメサイト未掲載SSを、それ以外にも友人と短編集を作成します。後者も薄い本ですが印刷屋さんに製本してもらうことにしましたv短いの1話だけですが、前にも言った昔に書いた鬼の出てくるオッサン×少女の平安風ファンタジーでR指定ないものを。こちらの手直しもがんばらなきゃ~。発行予定は8月なのですが;

 という間にもう金魚更新がやってきました。できるだけ早くUPできるようがんばるものの、目標日を超えてしまったらごめんなさい…。期間限定の最終推敲も引き続き行っています。
 それでは続きは拍手、アンケートからいただいたメッセージへの返信です↓(神様シリーズへのお問い合わせへの回答が含まれるものを一番先に、あとは返信の長さ順になっています。)

 サイトTOPへ
 
 
>2/10に「かみさまのて。」に拍手コメントおよびお問い合わせくださったN様
 こちらの作品、長編にも関わらず本編から全てお読みくださり、誠にありがとうございました!2人が近付いていく様子や絆を深めていく様を楽しんでいただけたようで、大変嬉しく思います。祇園、丸くなりましたか!作者もただ必死に書いていましたが、彼女の変化が少しでも書けていたのでしたらこれまた感激です。
 作品で感じてくださったことをこうしてご丁寧にお伝えくださりまして、深く感謝申し上げます。恋愛小説という形で主役2人の関係をどのように描くか、人の生き様をどこまで書けるか、拙い表現ながらも日々挑戦しておりますので、そのように感じ取っていただけたことと身に余るお言葉、今後の執筆の励みにいたします。
 最後になりましたが、お問い合わせの「かみさまのて。」以外の番外編ですが、短編になりますがサイトアンケート(こちらをクリック)の御礼SSとして掲載しています。アンケートに答えて(実は未回答でも送信可能ですが、よろしければご協力を…!)「送信ボタン」を押していただけますと、御礼SS目次へのリンクが出てきますので、そちらからお読みくださいませ。祇園就職後の話になります。
 また斯波研メンバーのそれぞれのコイバナみたいなものを書ければ、ともあとがきに書きましたが、それはまだいつになるやら…という感じで、まだ何も書いておらず申し訳ありません。祇園と早海の話に関しましては、今後もアンケート御礼SSなどの形で短いものでもまた書ければ、と考えています。もっと2人の話を読みたいと思ってくださったのに、このような回答で申し訳ありませんが、こちらこそありがとうございました。

>2/11にアンケートから「もしかしたらの神様。」や「ネムリヒメ。」などへメッセージくださった方
 長編作品をたくさんお読みくださったうえに、しかも何度も読み返していただけて…勿体無いお言葉に心より感謝申し上げます!読み返していただけるような物語を書くことは自分も課題にしております。今後の新作もそういった物語となるよう、常に全力で書いていきたいです。
 特に神様シリーズのお2人がお好きとのこと、大変嬉しく思います。ちょっと変わった2人かな、と思っていたので;祇園の変化についても拙い表現でも感じ取ってくださり、素直になった彼女を可愛いと思っていただけて感激です。また一夜もお好きとのこと。女性の方に同性キャラを気に入っていただけることもありがたいことです。
 >どこかぬけてるけど芯のあるキャラ のお言葉も参考にさせていただき、今後も色々なキャラによる色々な物語を紡ぎ続けていけるようがんばります!他の作品にまで興味を持ってくださり、ありがとうございました。買うz数の温かいお言葉、励みとさせていただきますっ。

>2/7に「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」に拍手コメントくださったK様
 お返事が少し遅くなってしまいごめんなさい!お言葉にもう、嬉しくて嬉しくて涙で前が…状態になりそうでした。恥ずかしながら自分メは、更新すれば毎回たくさんの感想が…というような作者ではありませんので、このように毎回毎回、ご丁寧にご感想を頂戴できること、非常に勿体無いことと思っております。本当にありがとうございます。更新の励みにさせていただいております!
 特に今回は2話連続の大量UPだったうえにクライマックスのつもりでしたが、描写も含めて作者だけが盛り上がっているのではなく、こうしてお一人にでも(またきっと、お言葉にされなくとも他の拍手だけでもくださった方にも…)ひとつひとつを丁寧に感じ取って、おぼつかない言葉でも大切にしていただけること、作者冥利に尽きると思っています。そのうえ私などよりも、ご感想でずっと美しい表現に変換してくださるK様に敬服しております…。その文才を分けてください~!読書量の違いも感じますです><
 またどうしても漫画を頭に思い描きながら書いてしまうので、映像をそのまま文章にしたがるのですが、それらひとつひとつも長ったらしい地の文なのに、ひとつひとつを大切に読んでくださったんですね。どれだけ感謝してもし足りません!色々なご意見を頂戴ますが…いえご意見自体少ない連載ですが;、何度も言いますがお一人にでも魅力的だなんて仰っていただき、最後を惜しんでいただけるなんてやっぱり私は果報者です。お気持ちを力に変えて、最後まで執筆ぐぁんばりまっす!
 K様も体調のほう、崩されておりませんか?おかげさまで私は今のところ大丈夫ですっ。むしろ引越しの後の方が気が抜けてしまうかもしれませんね;気をつけます~。
 
 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/652-b125cb6c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。