碧落の砂時計 今後ですが…&3/13-14拍手返信。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 「ほなかにゆれて。」後編UPしていただきましたー。読みきり短編ですので、これでおしまいです。お読みくださった方々、ありがとうございました!
 伊達~の連載をお待ちくださっている方々には申し訳ありませんが、続きをできるだけ早く、と思っています。新章でもらぶらぶしますので(ひたすらえろですが…;)、今しばらくお待ちくださいませ。
 金魚も最終回のほう、頑張ります!完結1回前ということで、複数のコメントをありがとうございました。このようなキャラで、話で、自分は楽しいけど…と迷うこともありましたが、皆様のお言葉がとても励みになりました。書きたいものを書き終えるため、とにかく最後まで突っ走ります!

 …ただ前から申し上げていたとおり、今後はリアル事情で執筆時間がしばらく確保できなさそうです…くすん。なので今までは週2回何かしら更新することが多かったのですが、しばらくは週1回のペースになりそうです。それもできない時もあるかもですが、どうにか時間を捻出したいですっ。それでもお付き合いくださる皆様には深く感謝申し上げます。
 ちなみに宣伝ですが、有料ものはスマフォでない携帯電話からのみですが、毎週連載を続けていただいておりますので、興味のある方はよろしければどうぞです~。>こちら

 というわけでしばらくの間、私生活の方で余裕がなくなることから、あやとりうた企画様の方の下書きを済ませました。1万5千字くらいのお話で、同人誌でも素敵な装丁の本にしていただけるので、推敲もがんばらなきゃです…紙だと書き直せないしっ。
 オフ本熱が燃えているのも、企画様の影響もあり、昔趣味で漫画作ってたなーなんて思い出してしまったのもあり。まだ3/8頁しか進んでいなくて夏までにできるのかと不安もありますが、自己満足でもじびじびとがんばりますっ。ゲスト様からの素敵イラストも頂戴しましたv
 あと誰得でもないのですが;、更新が滞ったら制作途中の絵でもブログにUPするかもです~。

 それからこっそりお問い合わせをいただいたのですが、「ネムリヒメ。のそしてそれから」へのリンクですが、第1話ということで最新話への小さなリンクは作りませんでした。R指定作品ですので初回は注意書きを読んでいただいてからと思い、あのようなリンクとなっています。探しづらくて申し訳ありませんが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。続きは4月中には書きたいですっ。

 それでは続きはいただいた拍手メッセージへの返信です↓携帯から送ってくださった方から先に、返信させていただいています。

 サイトTOPへ
 
>3/13 21時に「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」に拍手ご感想くださったS様
 長きに渡りこの連載にもお付き合いくださり、応援のお言葉をかけ続けてくださり、ありがとうございました!本当に励みになっていました。読者様にどう思われるか以前にこういう主人公やカップリング、ストーリーを書くのが大好きな自分ですが、キャラクターのことも温かく見守っていただけ、2人の成長や絆を拙い表現ながらも感じていただけたことに感激しています。
 両親との一幕は書こうかどうか悩みましたが、説明だけよりも、と思い切って書くことにしました。次回どんな会話になるか楽しみにしていただけて、安堵すると同時に緊張しております。最終回でがっかりされるか不安もありますが、とにかく最後まで思うままに書ききります!更新遅くてすみませんが、いつも励ましのお言葉、ありがとうございますっ。

>3/13 22時に「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」に拍手ご感想くださった方
 ここまで長い連載にお付き合いいただけたうえに、長文でのご丁寧なご感想、誠にありがとうございます!じっとりしたストーリーにも関わらず、受け入れていただけたこと、大変嬉しく思います。
 上記レスにもあるように、両親とのやりとりは書こうかどうか悩んだところですが、2人が結ばれる(結婚する)までの話を書こうと決めたのがこのリメイクでしたので、そこも正面から書いてみることにしました。自分でもああいうシーンや人物を書くのは緊張しますので、臨場感を覚えていただけたことも感激です。ありがとうございます~。
 色々な「お母さん」がいて、家庭によって様々な話や対応を娘に対してするとは思うのですが、どちらかと言えば古風なあさぎ親子に共感してくださった方がみえて、ほっといたしました(む、昔を思い出させてしまいすみません。でもお幸せになられたようで、よかったですv確かに異性の親の方が…のような気は、私もします;)心臓に悪いご対面!あさぎ母も大変なことになっていますが、やっぱり大変なことになるのでしょうか、と書く方もどうなるかと思っているほどです(苦笑)こうしたラストでも楽しみにしていただけて、とても励みになっております。
 最終回を迎え寂しい気持ちにさせてしまい心苦しいですが、これまでのご声援を力に、2人にひとつの結末を迎えさせてやれるようがんばります!また番外編などで元気で幸せでらぶらぶな2人の様子をお見せできれば…と。悶々と悩んでしまうこのカップルを好きになってくださり、それも嬉しかったです。本当にありがとうございました!

>3/13 12時に「ネムリヒメ。のそしてそれから」に拍手ご感想、および3/14 14時にブログに拍手コメントくださったK様
 ネムリヒメシリーズ、久しぶりの2人になりましたが、覚えていてくださったうえに、楽しんでいただけてほっとしております~!源二についてはもうすみませんという感じでして;続編第1弾終了からの2年間のエピソードが実は空白だったことに気付いて、つい書きたくなってしまいました。げ、源二もまあ、一途な18歳、お年頃?の少年ということで…ははは(滝汗)
 R18を読んだ直後に現実の用事に戻るのって、確かに不思議な感じですよね。私の場合、作者としても読み手としても、どんな顔で会えば…と思うことしばしばです;お忙しい中お読みいただき、誠にありがとうございました!
 また最近の生活についても、応援のお言葉、誠にありがとうございますー。私こそ私生活の本業の方にもっと熱意を注ぐべきと思うのに、執筆が常に一番でいけません;逆に忙しければ忙しいほど、ストレスが溜まって書いて発散したくなるのかも。こんな作者ですが、体調に気をつけて、楽しんでがんばります!
 K様の作品は、小説家になろうの方でチェックしていますが、ついったーの方でも更新情報を発信してもらえるので、更新の早いもうひとつのサイト様でも読ませていただいてます。K様の作品目的で登録してしまいたい勢いですが、時間ないだろ自分、と自制しているところで(笑)、読み逃げが多くてすみません。拍手お気付きになられないこともあるとのことで、了解いたしました。何かありましたらメールフォームなどを使わせていただきますね。
 元気の出るお言葉、本当にありがとうございました。メールもお時間のある時で構いませんが、密かに楽しみにしていますv

 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/665-4ebf0593

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。