碧落の砂時計 近況です&3/17-22拍手返信。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 引越しのごたごたで、今週は更新できずにすみませんでした。このようなサイトですが、よろしければまたよろしくしてやってくださいませ。今のところ体調はばっちりです。やっぱり慣れた気候、慣れた食事は体に馴染んでるんだなーと思いました。
 現在は伊達~の推敲中です。どうにか来週中にUPのはこびとなるよう、がんばります!連載お待ちくださっている方々、本当にありがとうございます><
 それが終わったら金魚最終回を書きます。毎日こつこつとがんばりますー。

 それでは遅くなってしまいすみませんが、拍手返信です↓

 サイトTOPへ
 
>3/22 11時に「ネムリヒメ。」に拍手から変換ミス報告くださったN様(イニシャル違っていたらすみません)
 こちらのシリーズ、長編にも関わらずお読みくださり、ありがとうございました。誤字脱字で読む手を止めてしまい申し訳ありませんでしたが、古い作品は読み返すことが少ないため誤字報告はとても助かりました。ありがとうございます!
 また応援メッセージまで添えていただき、感謝申し上げます。小さなエピソードはまだまだあるので、「そしてそれから」もSS集として再び書き始めましたが、こちらも楽しみにしてくださっていてありがとうございます~。時間の都合で連載とまではいかず、中々更新できないことが心苦しいですが、よろしければ次回もお目を通していただけましたら幸いです。4月中にはUPできるようがんばります!

>3/17 21時に「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」に拍手ご感想くださったK様
 返信が遅くなってしまい申し訳ありません。リアル生活であっぷあっぷだった時の更新でしたが、今回もお読みいただいたうえに、温かいお言葉をかけていただき感激しております!
 両親とのやりとり、あさぎの母親に対する感情は書くべきかどうか迷いましたが、リメイク編では書いてみることにしました。書きたいものを書いたものの不安もありましたので、大人の女性であるK様に共感していただけてほっといたしました~。私の描写は感嘆符「!」などつい記号に頼ってしまうため、気を付けなければとも思うのですが、そこに対してリアリティを感じていただけるなんて恐縮です。私こそいただいたご感想のような雰囲気が出せるよう、精進いたします。
 あさぎも性格的に、きっと将来そんな風に後から「なんて口調で言っちゃったんだろう」と思うようになりそうですねvそしてまた繰り返しそうなのもvお父様とのご関係も、あさぎ家と同じようだったのですねー。家庭環境については家によって全く違うもののため、表現が難しいのですが、自分もまだまだ色々な人々に出会い、人の心の動きを感じ取り、学んでいきたいです。
 波乱万丈の物語が書けずこうしたエピソードでエンディングを迎えることになりましたが、やっと、と思っていただけて、長い間2人を見守ってくださっていたこと、これまたありがたく思います。清矢郎はあさぎや他人の前では、あくまでブレない人でありそうです。あさぎを羨ましいと思っていただけて、私が嬉しくなってしまいますー。ただ、 >そうは見えても実際の清矢郎の心の中は、竹薮に嵐が吹き荒れてるかも!? のお言葉には、私も笑ってしまいました;だからこそ、青竹迷風は書くのが楽しいんですよね。またいつか書きたいものです。
 最終回を目前にしてリアル生活のため、中々取り掛かれずにいて申し訳ありませんが、4月上旬にはお届けできるようにしたいです。本当にこれまで毎回のご声援、誠にありがとうございました。今までいただいたお気持ちを力に変えて、最後まで書き切れるよう精一杯頑張ります!

 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/666-f931f606

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。