碧落の砂時計 言の葉シリーズUPです&6/19-21アンケート+拍手返信。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 「言の葉を探すなら森の中」第2話UPしましたー。25歳女子と32歳青年のCPですが、まだ手もつないでないという…相変わらず、これからどうしてくれようかと楽しくてたまらない作者です;
 宮森は名前のとおり植物ちっくな、ぼーっとした青年になりそうな予感がし、他の相手役との書き分けが少しでもできたらいいなーと思うのですが、前作では結構攻めていたし、百葉が押せ押せでない以上、彼が何かしないと関係がどうにも進展しないので、今後どうしてやろうかなーといった感じです。つまりはやっぱり書いてて楽しいということでv3年半前に彼らを思いついた時、どうしてこの年齢とこのキャラにしたのかは今振り返ると謎なのですが(苦笑)
 恥ずかしながら数字的なものを見ればちっぽけなものですが、前作が企画テーマに沿ったのに対し、それと関係なく2人のその後を思い切り書いていること自体が楽しいので、お1人にでもお読みいただければ嬉しくてありがたくてたまりません。早速お読みくださった方々、ありがとうございました!

 ブログでの期間限定連載予定の方のキャラも固まってきました。オフ本を6月中にもう少し進めて、7月には下書きを始めて、オフ本を脱稿した9月にはまたパス付連載を始めたいのですが…!がんばる…。

 それでは続きは、アンケートや拍手からいただいたメッセージへの返信です↓
 拍手だけの方もランキングぽちりもありがたいですっ。

 サイトTOPへ
 
>6/19 21時にアンケートで「刺身のつま~」シリーズにコメントくださった方
 刺身のつま~シリーズ、お読みくださったうえにとても嬉しいお言葉まで添えていただき、ありがとうございます!剣も魔法も美麗な精霊も権力者も出てこない、ものすごい庶民派ギャグファンタジー、なうえに妙~にラブラブ(濃ゆい官能表現まで有り;)というもうめっちゃくちゃな設定で読み手様に逃げられてしまいそうですが、そこがツボに入ってくださったとのことで作者の方が感謝感激で平伏しておりますー!暑苦しい返信ですみませんが、本当にありがとうございました。
 他の作品にも興味を持っていただけてありがたいです。ラブコメばかり、ファンタジーばかりではなかったりしますが、どの作品にもほのぼのしたところはありますし、主役2人がらぶらぶしていることは共通していますので、よろしければまたお目を通してやってくださいませvお言葉を励みにこれからも執筆頑張ります。
 
>6/20 20時に「言の葉を探すなら森の中」に拍手メッセージくださったK様
 続編タイトルが縁でこちらの作品までお読みいただけることになり、ありがたい気持ちでいっぱいです。いつもいつもありがとうございます…!このタイトルにしてよかったです♪
 長いお付き合い(と勝手に思っております/汗)の中で、興味を持たれていなかった本編の方まで今回お読みいただけて、ありがたいような、恐縮するような気持ちでわたわたと慌てております。他の作品と少し違うしっとりめの内容のお話ですが、よろしければお付き合いくださいませ~。
 そしてそして、かような作品にまで温かく前向きなお言葉を賜り感激です…!寧ろ考えさせられる言葉ばかりで、一応「言葉」をテーマにしたつもりの作品ですが、まだまだ掘り下げられていないな、と自分の浅さを感じました。流石、K様!まだ短編の量でしかない中から深く読み取っていただいた百葉や宮森の性格、2人の関係性、言葉の受け取り方の難しさ…などなど、今度は私がいただいたご感想を読み込み、今後の展開の参考にさせていただきます!
 それでも少し不思議な雰囲気のカップルに、違和感ないと思っていただけてほっとしています。百葉が宮森に包まれて、百葉の眼差から彼がどんな気持ちを読み取るのか…関係の変化や2人の心理をしっかり書いていきたいものです。最後まで読んでいただける作品になるよう、がんばります!

>6/21 21時に「ネムリヒメ。の恋~目覚めて、それから~」に拍手コメントくださったM様
 続編第1弾、お読みくださったうえに嬉しいお言葉までありがとうございました!ネムリヒメ。シリーズはこちらの続編第1弾のみ文章が古いまま手直しできていないため、そう思っていただけてほっとしております。またこの続編はR18のためキャラや話の内容の雰囲気が本編と幾分違っていたかもしれませんが、それでも楽しんでいただけたこともありがたく思います。
 源二のことも、とっても気に入ってくださってありがとうございましたー!またそんな風に思っていただけるキャラが作れるよう(自分の力じゃ中々…なのですが;)、精進いたしますっ。

 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/680-7c15aea6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。