碧落の砂時計 ほぼ脱稿…!&7/25-26拍手返信。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 …ほんっとーーーにお話書いてなくて、サイトにお越しくださっている方にはとてもとても申し訳ないのですが、楽しんで久々のオフライン活動の方もさせていただいています。これにてオフライン本の希望数アンケートにつきましては、一旦終了とさせていただきます。
 最初にらくがき絵を描いたのが昨年11月でしたが、ここまでかかってようやく私の方の作品紹介イラスト本を無事に印刷所に入稿し、後は完成本の到着を待つばかりとなりました~。途中、更新をお待ちの方からお叱りのお言葉も頂戴し、様々な思い、迷いを抱きましたが創作欲には勝てず、こんな自分でも応援してくださる方もみえて、ゲスト原稿をお寄せくださった方々にも支えられて、ちっぽけなものですがサイト作品のおまけ本が出来上がりました。
 アンケートにて温かい言葉をかけてくださった皆様、このような趣味の活動でも支えてくださる複数の方々に、心より厚く御礼申し上げます…!

 もう1冊の小説本は、サークル桜花堂の相方さんが編集&入稿をしてくださるため、2冊そろってから通販を開始します。遅くとも9/2のイベントには出来上がっているものなので、通販もそのころから始められるよう準備いたします!

 製本企画として作品を提出させていただいた「あやとりうた」様の方も、ついに、ついに本が完成して、主催様のお手元に届いたそうです!こちらも発送は9月からになりますが、予約受付が始まりましたので、興味のある方はぜひぜひお手にとってくださいv9/2のイベントでも販売されていますので、主催様のスペースまたは私のスペース(配布のご許可をいただきました)にて直接手にとっていただければ、これまた幸せですvvスペース№などの詳細は、また後程お知らせします。
 また「おためしうた」という無料で各作品の一部が読める電子書籍がありますので、立ち読み希望の方はそちらもご利用してみてください。
 主催者様、参加者様、本当に本当にありがとうございました…!本はまだ見ていませんが、私なんざの作品まで手をかけた御本にのっけていただけて、ほんと勿体無い話です><。

 というわけでオフラインものはほぼ脱稿したのですが、上記の2人小説本の最終推敲をあと1回(1日)で終わらせて、週末がネット落ちのため、来週からまたサイト更新を再開したいと思います。ただリアルの方が仕事をしながらの転職活動と引っ越し本番、そのほか生きていくための諸々が相変わらずの相変わらずですので、生活の方を第一にしながらゆっくり書いていきたいです。
 次の更新は言葉~もしくは、伊達~となります!と言いつつ、神様SSネタも降りてきているのでもしかしたら急にUPするかもしれません;

 それでは続きは、ネムリヒメ最新話にいただいた拍手コメントへの返信です↓遅くなってしまい、本当に本当にごめんなさい…!
 この間にアンケートにてご回答くださった方々、拍手やランキングぽちりしてくださった方々もありがとうございましたv

 サイトTOPへ
 
>7/25 13時に「ネムリヒメ。のそしてそれから」に拍手コメントくださったH様
 いつもお世話になっております。今でもこちらの作品をお読みくださっているうえに、またしても勿体無いお言葉をありがとうございます…!自分の勝手で更新が遅いわけですが、この待ち時間についてそのように思っていただいているなんて…もうどう御礼を申し上げてよいやら、涙涙です…。納得できないものをUPするのも嫌なので時間をやたらかけていますが、それは作者の都合でしかないのに、H様が思ってくださっていることが本当にもうありがたいやら、申し訳ないやらで…これからも時間はかかりますが、待った甲斐が、と思い続けていただけるよう細く長く、密度の高いものをUPしていけるようがんばりますっ。
 今回は久々に源二視点をお送りしましたが、彼の言葉一つにぞくりとしていただいたなんて、官能モノカキとしてはこれまた至福であったりします…!恋愛や性に絡む欲望についてを、結局私は追求したいのかもしれません。ためらいや葛藤は官能のスパイスといった位置づけでしょうか…?つまりは単なる私の好み?;ですがそこを生々しく、人間らしく感じていただけたこともまたエンドレス感謝感激ですっっ!
 行為中に名前を呼ぶのはどの作品でも共通してしまっているものの、やっぱり好きなようです(笑)共感していただけてとっても嬉しいです!低い声も趣味です;源二のことも好きになっていただけて、本当に本当に嬉しいです(語彙が少なくてすみません;)。
 こんなに応援していただいて、本当に感謝の気持ちをもうどうしたらよいのか分かりませんが、ただひたすら執筆に励んでまいります。オフラインまで手を広げたのに、そちらも応援していただきああもう(エンドレス)。こちらこそ飽きが来るまでよろしくしていただけましたら幸いです。陰ながらH様の「夢」も応援しておりますね♪リアル生活へのご声援にも、元気をいっぱいいただきました~。

>7/26 1時に「ネムリヒメ。のそしてそれから」に拍手コメントくださったKS様
 いつもいつもありがとうございます!S様の作品も時折拝読しているのに、コメントも残さなくて申し訳ありません><若造で一夜が初めてだというのにどうしてああもねちっこいのか、作者も分かりませんが、あのようなへんたい源二でも少しでも楽しんでいただけたのでしたら、とってもとってもありがたいです。何よりこんな作者でも引かれなかったことが嬉しいです~;へんたい作者はこれからもハジケてまいりますので、よろしければまたお付き合いくださいませv
 言葉シリーズも読んでいただけてありがとうございます。どの作品もどこか似通ってしまうのが悩みですが、言葉シリーズとの雰囲気の違いを感じていただけたことに、また励みをいただきました。色々な恋の形を書きたいので、嬉しいお言葉のとおりあちらは可愛く書けるようがんばります…って、そう言いつつ宮森もてくにしゃん化するかもしれません??(うぉい)自分メなどまだまだまだで、S様のような色っぽ可愛いオトナ同士の恋や、ラブコメなのにここぞというところで胸きゅんvみたいなキャラや恋を書けるよう、目標に精進いたします。

>7/26 11時に「ネムリヒメ。のそしてそれから」に拍手コメントくださったKN様
 今回もお読みくださり、誠にありがとうございました…!長くこのシリーズを書いてきていますが、単なるえ●のみの章にも関わらず、2人の変化を感じ取ってくださるだなんて、いつもながら拙い創作世界を深く掘り下げてくださる目線の柔軟さ、鋭さには学ぶところばかりです。また信頼や絆、慈しみなどはありふれたものであっても、これからも拙作には登場するキーワードかなあと思っています。
 源二の内面(年下だからこそ)についてもどんぴしゃり、なお言葉をありがとうございます!そういう気持ちになってしまうのが、10代後半…なのかな?とか勝手に思ってみたりして。KN様にも一夜が羨ましいと思っていただけるほど作品に共感していただけて、大変ありがたく思っております。
 更新間隔についても上記の理由とリアル事情、他の作品も書きたいことから遅くなっていますが、温かいお言葉をありがとうございます…。とにかく無茶をしないよう、がんばり…ます;
 またオフライン本についても、正直なお気持ちをお言葉で聞かせてくださり感謝いたします。お買いになられない自作冊子のために更新をお待たせしてしまっているのに、それでも……なんて!(涙涙)それでも自分メを信じて更新を待ってくださり、ご声援までいただける私は、本当に本当に本当ーーに!幸せ者です。許すも何もそのお気持ちだけで私の方が、元気をいっぱい頂戴しました!
 好きなことばかりしていて申し訳ないほどですがお気持ちを励みと力にして、これからもひたすら(楽しんでv)創作に打ち込んでいきますっ。

 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/687-f482e92b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。