碧落の砂時計 番外編小話UPしました!&8/26-30アンケート返信。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 リアル生活やイベント準備で更新ができなかったのと、イベント後も家を空ける分少しの間ばたばたすると思うので、取り急ぎ文章をUPします。
 8月はリクものでもネムリヒメシリーズの番外編はUPできなかったのですが、ほんとさくっとした内容の短いものですがこちらも前から時々リクエストを頂戴していたので、神様シリーズと金魚シリーズの番外編(続編)小話を書きました~。
 どちらも相手役の妄想みたいなお話ですみませんが、よろしければ久々の、そしてあれからの2人のらぶらぶな様子(片方はシリアスですが…)をご覧くださいませ。なおどちらもネタバレを含みますので、最後まで読まれていない方は何卒ご注意ください。

 神様シリーズ番外編小話は、【こちら】からどうぞ。前回のアンケ御礼SSと雰囲気を変えて、R15でちょこっとダークです…。こういうルートもありだったけど、早海の言った通りのエンドになったりして??;斯波研メンバーの出てくるような明るい話もまた書きたいのです。

 金魚シリーズ番外編小話は、【こちら】からどうぞ。一応R15ですが、わずかなにきわどい表現がありますのでご注意ください。こちらは清矢郎が相変わらずヘタレというか…。本編がああいう雰囲気ですしリクエストにもありましたので、金魚関係なくほのぼの日常編を目指してみました!

 どちらも後日アンケート御礼SSの方に移動する予定です。アンケートの内容をしばらく大きく変えないため、アンケートに既に答えてくださった方にもお読みいただけるよう、ひとまずこの記事からリンクいたしました。

 それではイベント前の記事はこれで最後になるかと…。イベントの方もがんばってきます!会場でお会いできる方がみえましたら幸いですっ。イベントについては【こちら】の記事をご覧くださいませ。
 9月になったらこちらでPW付の期間限定連載の開始や、通常連載の再開をするつもりです。今後ともがんばりますので、よろしくお願いいたします。

 それでは続きはアンケートからリクエストやメッセージくださった方への返信です↓

 サイトTOPへ
 
>8/26 21時にアンケートより「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」にリクエストくださった方
 こちらの作品、長編にも関わらずお読みくださいまして本当にありがとうございました!リメイク版の方は特にねっとりじっくり書いたものでしたが、この雰囲気を気に入ってくださったこと、とてもとても嬉しいです~。
 ブログにも書きましたように、過去にもあった皆様からの日常小話編へのリクエストをお受けして、早速書いてみました。ご期待に添えないものではないか不安もありますが、同じくリクエストより珍しくほのぼのした2人です…よろしければお目をとおしてやってくださいませ。

>8/30 18時にアンケートから「ネムリヒメ。」シリーズのご感想をくださった方
 全部合わせるととても長い作品だったと思うのですが、最後までお読みくださり誠にありがとうございました!こちらこそ温かいコメントまで残していただき、深く深く感謝申し上げます。他の作品にも興味を持っていただけて、大変嬉しいですっ。
 2人には若さゆえの葛藤もあったかもしれないとコメントから考えさせていただきました。そして恋愛小説ではそれを乗り越えるべくがんばる2人を描くのが楽しいんだな、とも再認識いたしましたv拙い表現から読み込んでいただき恐縮です。いただいたお言葉とお気持ちを励みに、これからも精進いたします。

 
スポンサーサイト

「神様シリーズ」-
早海の夢は、念願だった祇園と恋人になっているからこそでしょ♪
今が幸せなだけに 無意識下で あの頃の鬱屈した想いを夢で 消化しようとしているのかもしれませんね。
長年に亘って 築き上げてしまった 彼の歪んだ(感、恋、思etc+)情は、そう易々と消えないでしょうから...

だけど 彼にとって 絶対的存在の祇園が側に居る限り 靄となって薄らいで行くと、核心を持って 断言させて頂きます!(笑)(≧∇≦)ノ ハーイ♪

「金魚シリーズ」-
将来を見据えて 広いアパートを借りたり、あさぎが来て料理をしてくれる度、思う存分 行為を楽しむ度に 内心は 小踊りして喜んでいる清矢郎!
感情の起伏が少ない彼の中で そうなっていると思うと 可笑しくもあり微笑ましくもあり♪( *´艸`)クスクス♪

あさぎにとって いつも沈着冷静で大人と 美化され過ぎて映っている清矢郎の内が、結構 普通な男な事に 何もかも御見通しな感じの清矢郎の母は 如何思っているのでしょうね~
やっぱり 私と同じ様に 可笑しく微笑ましいと思っているのかな?(o^-^o) ウヒッ

何処までも 早海は早海らしく、清矢郎は清矢郎らしくの作品は、読者の期待にバッチリ応えてらっしゃると思いますよ!
私的には、まさしくドンピシャですから(*^-')b
ほんと 2作品とも 私の好きな作品で 私も清矢郎に負けず 小踊りして喜んでます。
御多忙の中の番外編、しかも2作品をありがとう御座います♪
☆超――*.。((〃'艸'〃))。.*ウレシイ☆...byebye☆

2012.09.02 11:23 URL | けいったん #- [ 編集 ]

 久々の更新にも関わらず、今回も早速お読みくださりありがとうございます!そのうえ2作品ともに温かいお言葉を頂戴し感激しております…。
 神様の方はダークになってしまいましたが、早海らしいと仰っていただきありがたいですっ。今が幸せなだけに…なるほど!確かにそうなのかもしれませんね。だからあの頃の自分が蘇っても今なら向き合える、消化できるのかもしれません。祇園とはどちらがどちらではなく、光(おひさま)と影のようにいてほしいなと作者も思うのでしたv
 金魚の方は仰る通り、あさぎは清矢郎を美化しすぎてるかもですね(笑)本編がシリアスすぎるのでちょっとほのぼの(てかギャグ??)風味にしてみましたが、楽しんでいただけたようでよかったですー。そうなんです、本編でも無表情の下で結構単純なこと考えてました;それを妄想するのが作者も楽しかったり。きっと彼の母親も「あの小さかった、せーくんが」と微笑ましく思っていることでしょう。
 どちらも番外編として楽しんでくださって温かいお言葉をかけていただけたこと、時間のとれない中でのUPだったこともあり深く深く感謝申し上げます。遅筆で申し訳ありませんが、これからも更新がんばりますっ!
 

2012.09.04 01:03 URL | 社大(takao) #KVcJ/2wY [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/693-92d6b757

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。