碧落の砂時計 更新とひとりごとと9/27-29拍手返信。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 「ネムリヒメ。のそしてそれから」更新しましたー。あとがきにも書きましたがこちらはリクエストにお応えし何か思いついたら書く、という形式のためがっつりストーリーが書けず、ネタ小話ばかりで申し訳ありません。というわけで、今回は×××××しているだけ編、です。すみません;趣味です(ぇ)オフライン本の4コマネタの影響ですとこっそりつぶやいてみます。
 そしてまた2ヶ月後以降の更新となりそうで、重ねて申し訳ありません。しょぼくてもモノカキとして、他の作品もがんばっていきたいです!

 今週はPW付期間限定連載の続きUPや下書きを行います。パスについても驚かせてしまったようですみませんが、何卒ご理解ご協力をお願い申し上げます(理由はPW発行メールにてお知らせしてます)。
 なおPC用のブログ壁紙が変わったのは、恒例の期間限定連載仕様にしたためです。でも元からのブログ掲載作品もあるため、なるべくどのお話も読みやすいように…といつもテンプレを選んでいます。シンプルなのがいいんだろうけど、イラストも写真も展示してないブログなので写真かイラストは欲しいんですよね~。

 幻創文庫様のテーマ企画「言葉攻め」原稿(短編の新連載)も10月上旬には上げたいところですが…新作へのリクエスト(キャラやシチュエーションなど)は引き続きゆるく募集中です><。

 あと、たまには更新情報以外のお話も。久々に本をまともに1冊、文字数は少な目ですが2日で読みました。
 仕事で見かけたんですがなんか気になってて、もう一度出会ってやっぱり気になって読むことに。表紙の予想からと全然違う内容でしたが、面白かったー。でもやっぱり小説でも漫画でもないあたり、私はもう;
 でも直感で興味持っただけあって、文学に直接関係のない本だったのに描写のヒントになることがいーっぱいありました。これは自分が「そういう」描き方をする人だから、なんだろうけど。今後どういう風にキャラやお話を作ってみるかの参考だけでなく、自分が今まで書いてきたものの特徴、みたいなのも浮き上がってきました。上手く言えないのですが、時々いただく複数の方で共通したご感想(作品から感じる空気?みたいな)は、そういうことかな、と前よりは見えてきたような気がします。
 また別にリアル本業でも勉強会があり、これまた面白かったー。2つの共通点は人間の心理に繋がるところ、でしょうか。だから「人」(キャラ)を描写するのにどっちも参考になったなあ、と。自分の拙い描写でちゃんと生かせるかは難しいですが;
 今週からは来月からの仕事関係の本を読まなきゃいけないのですが、こちらも創作に関係はなくとも初めて学ぶ分野で自分の糧になるので楽しみでもあり。でも芸術的表現もどっかで感じ取らなければ…。というか創作のことばっか考えてないで、リアル本業もがんばるよ、私っっ!

 というわけで創作もリアル仕事も本業もがんばりますー。続きはいただいた拍手コメントへの返信です↓

 サイトTOPへ
 
>9/27 19時に期間限定連載に拍手コメントくださったK.S様
 いつもいつもコメントありがとうございます~!ほんとひっそり連載なので、励みになっております。最後までまったりした雰囲気では書けない私です(涙)欲望に勝てなくて;いつか本当のほのぼのしたものが書いてみたいのですが…。
 獣の暗示、生かせるか不安もありますが、もしどきどきしながら読み進めていっていただけたらとっても嬉しいです。というよりも、少しでもどきどきしていただけるよう、がんばります!

>9/29 20時に期間限定に拍手コメントくださったK様
 パスワード、今でも覚えていてくださったうえに、こちらの作品にまでご丁寧なコメントを、誠にありがとうございます!
 昭和っぽい、と書きましたが、正しくは昭和生まれの(平成初期の)女子高校生っぽい、でしょうか?失礼いたしました。でも携帯電話がアイテムとして出てくるので、そう書いたものの完全な昭和風にもならないんだなあと思いました。何より作者の古臭さが出てるかなということが言いたくて(涙)
 いずれにせよ、今どきの描写はできないので時代はどのように感じられたとしても、10代の方でも40代の方でもできるだけ違和感なく、作品世界や舞台、キャラの人物にすっと入っていけるような描写を目指したいものです。
 名前も相変わらず変わった名前ですが、気に入っていただけて大変嬉しいです!女性キャラについても少し変わった子だよなあ、共感しづらいよなあと悩むこともありますが、すっごくすっごく嬉しいお言葉をありがとうございました!私でも思いつかない表現を…キャラ作りを…!そういったキャラ、恋を描けるよう精進いたします。お言葉の「非凡さの欠片」を物語やキャラの個性にできるよう、努力します。ほんとそれが大好きな人によって、ですよねv
 ヒントになり、かつ大変励みになるお言葉をこちらこそありがとうございます!最後まで執筆がんばりますっ。

 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/704-432341a2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。