碧落の砂時計 色々とあと少し、なのですが…&2/16-18拍手返信。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 やっとブログが書けました;今日は手続き云々で遅く出勤できるので、その合間にさくっとっ!
 「言の葉を探すなら森の中」、残り1回となりました。目立たない作品の細々続編連載でしたが、複数の方に応援していただけて本当に嬉しかったです。連載終了後、一発ネムリ~を書けたらなと思っています。新連載は新作か、リクものだけど新作に近い形のものに決めています。その他の作品の続編は、またおいおいということで…。
 期間限定連載の方は最終回をし、今は最終推敲中で更新が滞っている理由だったりします。でも毎日こつこつと進めています。来月の頭には完成させます。こちらも最後までお読みくださった方々、最終回に拍手押してくださった方々、ありがとうございました!

 今は一両日中に幻創文庫様の方の原稿を出そうと、せっぽせっぽとがんばっています。今回は2月のテーマ「甘甘」に合わせましたが、どのカップルも甘甘じゃん!ということで、お嬢様シリーズではなくろまんす番外編をお送りしようかな~と……。こ、これが甘甘?という感じかもしれませんが、甘くも苦しい秘密の恋だった本編の甘さに補完していただければ幸いです。番外編なので相変わらず心理描写中心で少し短めですが、あと少しお待ちくださいませ。
 
 それでは続きは、いただいた拍手コメントへの返信です↓遅くなってすみません。
 アンケートで好きなキャラクターを教えてくださった方々、ありがとうございました!女性の方から女の子主人公たちに票をいただけて嬉しかったですv

 >>INDEXへ
 
>2/16 正午に「ネムリヒメ。」に拍手コメントくださったr様
 こちらを見てくださるかは分かりませんが、コメント誠にありがとうございました!長編にも関わらず一気にお読みいただけたうえに、お言葉がもう嬉しくて嬉しくて…。物語を作る際、特に長編は恋愛以外の出来事も考え、その伏線の回収やキャラの変化、ストーリーが破たんしないか常に気にかける反面、書き込み過ぎかなと心配に思うところもありますので、読後感がよかったようでしたら私の方こそこのうえない幸いです。こちらこそご丁寧な、そして温かいお言葉をありがとうございました。

>2/18 10時に「言の葉を探すなら森の中」に拍手コメントくださった方
 更新後、早速お読みくださったうえに、応援のコメントまでありがとうございます!短いうえに大きな事件もなく、次は予想できそうなラスト…といった感じですが(でも作者は楽しく書いているのですが;)、それでも最終回を楽しみにしていただけること、心よりありがたく思います。
 最後まできっちりと、2人が幸せを掴む姿を書いてやりたいです。今しばらくお待ちくださいませ。ゆっくり連載にも関わらず、ここまでのお付き合いありがとうございました。

>2/18 17-18時に期間限定連載および「言の葉を探すなら森の中」に拍手コメントくださったK様
 最後までお付き合いくださったうえに毎回毎回のご声援やご感想、誠にありがとうございました!私はお言葉どおり、>経験を積んだ大人 を登場させるのが好きなようで;、同じような展開になってしまいいかなーと思いつつも、やっぱり人が成長するのは人の影響(恋人も、恋人以外でも)だと考えるので、こういうキャラを登場させてしまいますvですが彼の発言が同じ大人のK様から見て、主役たちの胸に落ちただろうと少しでも納得していただけるのでしたら、作者としても光栄に思います。やっぱり漫画ちっくでも「生きたキャラ」を書きたいなあと目標にしているので、励みになりました。
 相手役の少年については途中何度も心配をおかけしまして…;今までの作品よりも「いい男」にしなかったので、読者様のご反応はよくないかもですが、やっぱり多様な作品や「生きたキャラ」が書きたくて、これまでと少ーし違うタイプにしてみました。ストーリー上、ハラハラしていただいたことは嬉しいですが、唐突な展開にならないよう今後も気をつけたいと思います。
 それでもこのラストや相手役の変化に温かいお言葉をいただけたこと、少しでも共感していただけたことは、大変嬉しく思います。ご支援を自分の糧にし、これからも精進いたします。作品の雰囲気についても、いつもと少ーし違っていると思っていただけたことや、それでも受け入れていただけて感謝いたしますし、励みとなりました。

 続きますが「言の葉~」も最新更新分へのご感想、ありがとうございます!途中にもコメント頂戴していたように、宮森の態度には微妙なものがあるかなー;とか、今後の作品も含めてとても参考になりました。二人のペースで進んだため「やっと」となりましたが、一緒に喜んでくださり嬉しく思います。
 先の見えているラスト1回ですが、それでも楽しみにしてくださりありがとうございます。寂しがっていただけるのも、小さな続編でも気に入ってくださったことがありがたく…><。ひとつの物語をきちんと完結させたい(キャラの生活はこれからも続いていくけれど)、そして次に書いてくれーと待っている新しいカップルを結ばせてやりたい!というのが自分メの創作の楽しみですので、最終回まで頑張りますとともに、次の連載も早く始められればと思います。よろしければまたお目をとおしてやってくださいませ。
 こちらも長文での返信についなってしまいましたが、最終回までのご声援ありがとうございました!

 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/744-cceaa357

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。