碧落の砂時計 4/28-5/3拍手およびアンケート返信。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 どうにもこうにも執筆以外の(創作語りや宣伝等の)時間が捻出できず、相も変わらずただ黙々と書いているだけの人ですが、それでもお読みくださる皆様、ありがとうございます!イベント参加や同人誌作りも、今年はリアル事情で時間がとれずに無理そうです…ううっ。よくて冬でしょうか;

 さて制作状況ですが、期間限定連載は第2話までUPしましたー。現在も続きの下書きをしています。こっそり連載なので、どのくらいの数の方が読まれているか見当がつかないのですが、今自分が一番書きたいものなのでこの内容で最後まで書き切ってみます。(今更ながらPC版のブログ背景が変わったのは、いつものことながら期間限定連載に併せてのことだったりします。)
 「恋走情流」は第4話までUPしました。こちらはちびちびと拍手をいただいていてありがたいです。作品からブログにアクセスくださった方も、ありがとうございます。面白いお話を作るのは難しいなあといつも思いますが、自分の読みたいものを書いてまいりますー。

 次の更新は期間限定連載に加えて、幻創文庫作品の花想う人を書きたいです。続編ものはしばらくお休みしていますが、色々な作品を書いていきたいので何卒ご了承ください。
 相も変わらずそっけないブログですが、よろしければまたお読みくださいませ。

 それでは続きは、拍手およびアンケート返信です↓アンケート、チェック項目の回答だけでもとても嬉しいです。それから別名義作品の連載も応援、ありがとうございます!

 >>INDEXへ
 
>4/28 14時に期間限定連載に拍手コメントくださったK様
 こっそり連載に唯一の拍手をありがとうございます(涙)今でも拙作をお読みくださっていて、大変嬉しくありがたく思います。
 何が面白いかとかそういうことを考えず、ただ自分の心の中から湧き出る世界を文字にしています。それを(しかも雰囲気が違う複数の作品にわたって)好きになっていただけることを、心から幸せに思います。
 先生と生徒のR指定なしの長編、は初めて書くので自分ではかなり楽しかったりしますv神秘的…なんて身に余るお言葉ですが、最後までそう思っていただけるようにがんばります!ご声援、感謝いたしますっ。

>5/3 22時にアンケートから「もしかしたらの神様。」シリーズにコメントくださった方
 こちらの作品、お読みくださったうえに好きなシーンを教えてくださり、ありがとうございますv父親と娘のシーンを気に入っていただけたとのことで、恋愛以外のエピソード、人間関係も楽しんでいただけて本当に嬉しいです。
 妻にそっくりな娘だけが残された中年男。そんな微妙な空気と哀愁を作者的に書きたかった回です。寂しかった祇園は、だからこそ「おそろい」で、父親とは対照的で(束縛してくる)、似ているところ(自由奔放)もあって、な早海を選んだのかと思います…と嬉しくてつい語ってしまいました;
 お言葉を励みに、これからも拙いながらも色々な人間ドラマを描いていけるようがんばります!

 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/752-62f921be

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。