碧落の砂時計 PWをお持ちの方へ&9/27-30拍手返信。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 ブログのPWをお持ちの方で、先日まで連載していた期間限定連載をお読みくださった方々にお知らせです。リクエストによりおまけ小話をUPしましたので、よろしければご覧くださいませ。
 こちらも来月ネットから削除しますので、ご了承ください。本編のイメージを壊さないか心配なので、前書きの注意をよくお読みのうえお読みください。⇒【こちらからどうぞ】

 週末はいつもPC前に座れず、最近は期間限定連載の最終推敲作業しかできていませんが、今週は何かUPできるようがんばります。
 それでは続きはいただいた拍手メッセージへの返信です↓熱いメッセージを複数頂戴したため、どの返信も長文です。ありがたいことです。拍手だけの方もありがとうございます!

>>INDEXへ
>9/27 23時に「カマクラ」番外編第2弾「しのぶれど。」に拍手コメントくださったS様
 長編作品でしたがお読みくださったうえに、この2人を気に入ってくださりありがとうございます!私としても飄々とした主従関係の2人も好きなのですが、甘甘モード時のギャップも好きなので、甘甘日常編をリクエストしてくださり、とっても嬉しいです。本編がファンタジーなのに、らぶらぶ編ではその世界観を出すのが難しいのが書くのをためらっている理由のひとつですが、それでもよろしければいずれまた2人の番外編を書ければと思います。
 いつになるかお約束ができず、作品の量産もできずにすみませんが、今後の活動およびいつかの番外編もがんばります!

>9/28 18時に期間限定連載に拍手コメントくださったMM様
 5人のカウントにもちろん入っていましたよ~。最後までお読みいただき、ありがとうございました!連載途中や最終回に頂戴したコメントの方にもたくさんの力をいただきました。
 キャラと同じ年代の…という大人の方に、拙作のキャラの生き方、考え方、選ぶ道に共感していただけて光栄ですっ。甘甘な中で、少しでも自分なりの世界観を出し、「生きた」キャラを書きたいと夢見ています。(ある意味似たような作品になってしまっていますが;)お言葉を励みにこれからも、自分の思うままに物語を書き続けていくようがんばります!上記記事のおまけ小話の方も、よろしければご覧くださいませv

>9/27 23時に期間限定連載およびブログ記事から「恋走情流」に拍手コメントくださったM様
 まずは期間限定連載の方ですが、最後までお読みくださったうえに、主役2人へのたくさんの励ましのお言葉をありがとうございました!ご声援にいつも元気をいただいておりました。
 卒業までの2人の関係は、読者様のご想像にお任せしたいところもあったので、あのように数年後の2人を描いてそこまでの点を繋いでいただくような形にしました。なので我慢ばかりでなく、もしかしたら味見くらいはしたかもしれません?ね(笑)
 そんな最後の彼へのご褒美、楽しんでくださったとのことでよかったです。それでも初体験とはまた思いが違うかなあと思い、御礼も兼ねて早速リクエストにお応えしてUPいたしました。ただし前書きにある理由で本編には組み込まず、今ここでしか読めないこと、推敲で時間がとれず物語性がない(雰囲気壊しそうな)ことはお許しくださいませ><
 次回作にもご期待いただき本当にありがたいことです。私にできることはただただ精進することですので、これからも執筆に励みます!
 また「恋走情流」へもコメント返信までご確認くださり、更に作品&走輔への熱いメッセージをありがとうございます!彼もM様にここまで気に入っていただき、幸せ者ですね(涙)拙作にありがちな「何が何でも手を出さない」相手役は、読者様には面白くない展開だよなあと思うことが多いのですが、気に入っていただけて私も幸せですっ。
 >半分は本気じゃなくて 自分も相手も両方共を 試した意味があるような。 については、鋭いです~。あわよくばとなれば嬉しかったけれど、彼女の反応を見るのが目的だったもようです。走輔が暴走して未然にストップして悶える様子や、透流が >天然小悪魔色気添え(いつも表現が秀逸ですv) で女らしくなってしまい、更に走輔が…みたいな感じは、上手く書ければ官能的になるのですが、私の筆力で書きあらわせられるか不安なので、少しでも楽しんでいただけるよう必死でがんばります。
 大事な方のお話もありがとうございます♪そんなリアルにいらっしゃる、しかも素敵な方を拙作から想起していただき、これまた恐縮です。このような青年でよろしければ、いくらでもご堪能くださいませませ。先ほどのとおり、作者がヘタレなので今後の暴走っぷりも大したことないような気がして心配ですが、とにもかくにもキャラが動くまま、最後まで書き切りたいです。何度も繰り返しますが更新が遅い作品ですが楽しみにしてくださり、深く感謝申し上げます。
 
>9/30 11時に期間限定連載に拍手コメントくださったK様
 最後までお読みくださり、毎回毎回励ましのコメントやご丁寧なご感想をお送りくださり、本当に本当にありがとうございました!
 どこでどう終わらせるか、最終話やラストシーンはいつも悩むのですが、無事K様の胸に落ちたようでよかったです~。僅かながらでも彼女の変化や男主人公の方の >全てを受け止めてあげる 姿勢が書き表せていたのでしたら、嬉しく思います。
 ラストの後日談は、どこまで書こうか悩み、初体験編では2人の未来までは分からず、でもあれだけでは足りないような気がしたので、そこも読者様目線で満足していただけて、これまたほっとしています。とはいっても初体験はまた別なものかなあと思い、おまけ小話をUPしましたのでよろしければお目をとおしてやってくださいませ。メモ書きのような追記までしっかりお読みくださり、恐縮です。
 半年もの間、この作品世界にどっぷり浸かってくださり、キャラと一緒になって色んな感情を持ってくださり、貴重なお時間を使って思ったままを伝えてくださり(とんちんかんなんてことないですう~)、私としても幸せな時間を頂戴しました。返信がいつも長くなってしまいすみませんが、丁寧にお読みくださり重ねて感謝申し上げます。
 いつものとおり私にはただただ書くことしかできないのですが、また別の作品でもお目にかかれることを願っています。今回も最後までお付き合い、ありがとうございました!
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/804-cd072ff1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。