碧落の砂時計 10/1-6アンケートおよび拍手返信。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 期間限定の最終推敲、半分まで来ました。残り2週間以内に済みそうです。
 そちらの連載が無事終わったと言うことで、現在ネムリヒメの続きを久々に書いて推敲中です。今週中にUPできればと思います。残念ながらもうお話が思いつかないので、相変わらずストーリーのない、R18シーンのみのものですが、一応リクいただいた×××編ですので、ストーリーなくても、またえろネタでもOKだよーという方は今しばらくお待ちくださいませ。
 他作品のCPの番外編も書きたい気分ですが…あとは時間が(涙)

 10月はあと、花想う~と恋走~をUPできるようがんばります!もちろん最終推敲も引き続き。
 それでは続きは、アンケートや拍手からいただいたメッセージへの返信です↓

>>INDEXへ
 
>10/6 20時にアンケートから「幻影の金魚は~」のキャラにコメントくださった方
 上記シリーズの方、シリアスな内容でしたが気に入ってくださり、ありがとうございました!特に脇役の夕映に目を留めてくださったとのことで、大変嬉しいです。
 脇役は主人公と対照的にしたいので、彼女は性格も雰囲気もあさぎとは反対のものにしました。なのであさぎにはない長所や儚さが彼女にはあって、そこをもっと掘り下げられればよかったのですが、当時(今も;)の私には難しかったこともあり、彼女のことは詳しく書いていません。
 夕映はおそらく家庭環境の問題もあり、男の人と付き合ったり別れたりをしばらく繰り返してしまいそうですが、自分も人も大切にできる子ではあるので、いずれ大人になった時に本当に彼女を大切にしてくれる人と巡り合って、幸せになって欲しいなあと。いやこの私の作ったキャラですので、もしものもしもで書くことがあればハッピーエンド間違いなしです!おそらく最後は一見地味で大人しいけれど、誠実で頑固な人と結ばれるかなとv
 これからも「生きた」キャラを作っていけるよう、がんばります!
 
>10/1 19時に期間限定連載おまけ小話に拍手コメントくださったMi様
 御礼が遅くなりましたが、このたびも最後まで連載にお付き合いくださったとのこと、本当に本当にありがとうございました!長年のご声援に深く感謝申し上げます。
 おまけ小話までお読みくださり、ありがとうございました!そうなんですよね。数年後を書き、両想い後の空白の期間は読み手様のご想像にお任せしてしまいました。交際期間のエピソードを本編で書くか、続編作るかなど色々考えたのですが、やっぱり本編のモチーフが幻想的で異世界を想起するものだったので、雰囲気を壊さないようにやめてしまいました。
 ですので妄想は大歓迎です!それに私自身、同じ妄想をしていましたvちょっぴり触れたり、人目を忍んでだめなのにちゅーしてどきまぎは、絶対にあったと思いまっす(鼻息)。最終推敲の際に、少しでもそれが想像できる表現を増やせるようにがんばりますね。
 温かいご声援を励みにこれからも執筆がんばりますので、また新作でお会いできたら嬉しく思います。

>10/1 1時に期間限定連載おまけ&ブログ記事に拍手コメントくださったMa様
 すぐにお読みくださったのに御礼が遅くなってすみませんでしたが、おまけ話にまでご丁寧なコメントをくださりありがとうございました!はい、主人公、やりましたvダブルの意味で(笑)
 リクエストと解釈したことがもし失礼でしたらお詫び申し上げますが、「読みたいなあ」と言っていただけると、拙作をそこまで気に入っていただけたことが嬉しくなってしまい、すぐにどうにかしたくなってしまうんですよね…。あらゆる作品でいつも書けるわけじゃないですが、特に今回は今(脱稿前)を逃したら二度と書くことができないわけですから。
 というわけで、「初めて」って1回限りだからか、経験ない子のナニソレを書くのが作者も楽しくて…;こちらも推敲に追われてストーリー性がなく、ただのシーンの切り取りなのは承知しておりますが、それでも受け入れてくださり、楽しんでくださったとの温かいお言葉、誠にありがとうございました!
 ほんと >寝ても覚めても の少年の葛藤を本編でももっともっと表現したいものですが、私の筆力じゃまだまだです(涙)でもそういう少年少女を書くのが楽しくてたまらないへんたいさんなので、今後も挑戦していきたいです!
 また返信の方も、いつもありがたくて一文一文に返信してしまうため、つい長くなってしまうものをご確認くださり、更に勿体無いお言葉をかけてくださり、こちらこそいくら感謝してもし足りないほどです!私こそ心のおもむくままに作品を書いただけなのに、Ma様に楽しんでいただけて、応援していただけるなんて、このうえない幸せ者です。作品に親しみを感じてくださるのも、少しでも共感していただけたのかなと嬉しいことに思います。
 ご声援を力に変え、多くの方に支えていただいていることに感謝し、人様の心により届くような、その世界により没頭できるような作品にしていけるよう、精進していきます。
 
 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/807-18dce267

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。