碧落の砂時計 6/8,16拍手&アンケート返信。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 ブログすら1ヶ月空いてしまって、訪れてくださった方々には申し訳ありません。
 いつもながらの近況報告となりますが、毎日の生活がありまして、夜中2時間ほどの自由時間。体力勝負の仕事なので疲れて眠ってしまうこともありますが、どうにか動ける時は通信教育とか資格とるための勉強とか、仕事でないリアル用事(時には持ち帰り仕事)をしたり。そのへんを最小限に収めて(おい)、捻出した空き時間を創作や執筆にかけてます。
 執筆といっても、目に見えないプロットの時間もありますので、それが難航すると作品も全然書けなくなってしまう、力不足のかなしいところがありますが、あるていどでそれを打ち切って、月に2回、幻創さまの連載と、恋走をそれぞれ更新する目標です。それでも更新を追いかけてくださる方々には心から御礼申し上げます。感謝を力に変えて、がんばります!

 というわけで、幻創さまのFake~第2回入稿しましたので、UPまであと少しお待ちくださいませ。もしお読みくださる方がみえましたら、ありがとうございます。
 オフ本で描いた「むぎちょこ」をご存じの方は、あの2人を想像して読んでいただいてもよいかと。男の子とが更にひねくれてしまいましたが(汗)女の子は髪型をどうしようかなあとまだ悩んでいたり。でも童顔+勝気は、ついショートにしてしまうのが、社大ワールドです。

 幻創文庫様のほう、PC版サイトがリニューアルされて、PCからも問い合わせをすれば会員登録ができるようになったもようです。無料で全部読めますので、未読の方はよろしければどうぞです~。
 こちらももうすぐ丸6年お世話になりますので、作品数もだいぶ増えました。こちらでは官能ものを書くことを目標にしているので、内容がかなり被ってきて、すみませんなところもあるのですが(汗2)、自分の好みのものをにまにまと書き続けてまいります。

 次はプロットを少しやって、恋走の続きを書きます。
 続きはいただいたメッセージへの返信です。返事がだいぶ遅くなってしまったので気付いていただけることはないかもしれませんが、御礼だけでもさせてください><↓

>>INDEXへ
 
>6/8 8時に「幻影金魚」に拍手コメントくださったK様
 お読みくださり、ありがとうございました!お言葉、とっても嬉しかったです。書いてよかったです~。(ちなみに「幻影の金魚は緋色の檸檬水に溺れて」は長いですが、リメイク版でその後の2人がどうなったかまで書いていますので、よろしければご覧くださいませv)

>6/16 21時にアンケートから「幻影金魚」にコメントくださった方
 お読みくださったうえに、このお話を好きになってくださり、ありがとうございました!「あさぎ」の名前、気に入っていただけて嬉しいです。赤い金魚ですが、水の中の青色系統の(でも濃くも真っ青でもない)イメージもあって…漢字にすると少し違う意味になってしまいますが;まだ高校生で近しい関係でもある主人公2人の、不器用な恋のかけひきも楽しんでいただけて幸いです。
 年齢により自分の感じ方も変わってきてしまいましたが、またこういったときめいていただけるお話が書けるよう、精進していきたいです。

 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/826-3ea36443

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。