碧落の砂時計 2/19拍手&アンケート返信。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 「あまらぼ。」ムーン版第5話UPしましたー。リアルの方でいろいろと追われて、最近全く執筆できていませんが少しずつ幻創文庫さんの方の新作が固まってきました。これからプロットなので、もう少し時間がかかりそうなのですが…。勉強とかいろいろしなきゃだし><年度末はいろいろあります。

 それでも拙作を好きになってくださり、お越しくださる方々には、心苦しく思いますが本当にありがとうございます。
 続きはいただいた拍手&アンケートへの返信です↓遅くなってごめんなさい。

>>INDEXへ
>2/19 14時に「かみさまのて。」に拍手コメントくださった方
 お読みくださり、ありがとうございました!完全な大人でもなく、少年少女でもない2人の物語の余韻に浸っていただき、続きが読みたいと思っていただけたこと、とても嬉しいです。ここでネタ切れとなってしまい申し訳ありません。きっとあの後もらぶらぶで、時々波風立って、2人で乗り越えて過ごしていくことでしょうv
 こちらこそ、勿体無いコメントに深く感謝申し上げます。

>2/19 14時にアンケートより「もしかしたらの神様。」シリーズにコメントくださった方
 こちらのシリーズ、気に入ってくださってありがとうございます!主役2人ともを好きになってくださったとのこと、この作品はもう7年近くも前のものになりますが、キャラづくりに今は苦慮しているので、お言葉を励みにまたそういうキャラを作れるようになりたいものです。
 同様に脇役についてもこの頃は、個性があっていっぱい出していたなあと…脇役にも力を入れなきゃなのが、課題です。それはさておき、作者も早海父CPは気に入っているので、あの2人の話ももっと読みたいと思っていただけて嬉しいです。大人の恋愛(それも男性側が50に手が届きそうな!)をまだ書くだけの力量がないのが悲しいですが、女性の方のある程度の年齢だからこその落ち着いた、かつ愛情深い様などをいずれ書いてみたいものです(でもなんだかんだで、らぶらぶな2人ですv)。
 そして光のことも気に入ってくださり、嬉しいですv彼は軽いですが実は真面目なところがありまして、そして向う見ずかつ慎重という二面性があるので、よく女の子と付き合うけれど特定の相手ができなかったりするのです。が、実は光が作者の中で誕生した××年前には既に、彼の恋物語(もちろんきちんと誰かとくっつくものです)を、全く別の話として設定を作ってありました。でも今書くと他の物語と被ってしまうのと、ドシリアスな設定のためお蔵入りに…。そのお話を膨らませて、他と被らないようにしていつか日の目を見せたいなとは思っています。だいぶ先の話になってしまいそうですが、脇役まで気に入ってくださったうえのたくさんのリクエスト、ありがとうございました!これからも執筆がんばりますっ。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/845-ec520099

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。