碧落の砂時計 こんなことばっか考えてます。&18禁小説のタイトルについて。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ネムリヒメ。の続編、なんとか日曜日あたりにUPできそうです。でも次回分を下書きしながら、にやけてます&泣いてます。というのも今更ながら、なんってもの書いてんだ、私はっっ!!(泣笑)と。
ほんと、毎話毎話えちいネタばかりよくもまあ…。でも行為シーンはまだないので、R18指定にするにもなるいよなあ、とも思ったり。場合によってはブログ連載に切り替えますが、今のところは投稿サイト様を使わせていただく予定です。

…と悩みつつも今日はご質問をいただいたので回答をします。「R18新連載のタイトルについて」です。

とりあえず新連載の方のタイトルは、そのまんま「ロリポップ」と読みます。ありがちですみません;
Lollipopは棒付きのぺろぺろキャンディーのことです。椿や青竹など直近の連載がかなりシリアスに登場人物が悩んだり、恋愛に枷をつけられていた苦しいものだったので、新連載は明るくてポップな感じにしたい、という思いからこのタイトルにしました。
あほっぽいかもしれませんが、大人同士の恋はこの場合社内恋愛ですから、もちろん禁断や抑制は生じるでしょうが(それも書くのが楽しみだったりv)、経済的、精神的自立がなされていて、相手も自分も恋人がいない状態ならば、かなり自由に「恋愛」そのもの(男女の駆け引き)を楽しめると思うんです。
学生の場合は未成年だったり、進路もどうなるか分からないので、男女の仲と言っても未熟で制約が多いと思うのですが…(それもまた書くのが楽しいのですがvv)。

というわけで今回は、多分今までの作品以上にそういった「制約」がないのではじけたなものが書けるんじゃないのかなあと思いこうしたタイトルにし、自分でもそれが楽しみだったりします。
あと以前、お世話になった方が私の作品をご紹介くださった時に、「キュートでポップなストーリー」でイメージカラーが「刺激的な桃色」だ、という嬉しいお言葉を頂戴しました。そのイメージもあってですv

このタイトルの意味は、響きだけでなく、それこそ子供の舐める棒つきの丸い飴玉。あんな感じの恋を書きたいなあ、という思いもこめています。
もちろん大人同士の恋なので、余計に現実が見えて辛く切ないこともあるでしょう。家庭の事情や病気などの肉体的な問題、責任がすべて自分にかかってくることから、こんなのんきな恋はしていられないこともあると思います。
しかし今回書いてみたいものは前回の日記でも書いたように、そうした現実的な困難よりも、いい年こいた女性が意外なくらい少女もしくは乙女のような恋をしてしまう、というギャップであったりもします。
大人の恋がどんなものか、精神的おこちゃまの私にはきっと一生わかりませんが(苦笑)、恋する瞬間のときめきっていうのは人によるかもしれませんが、何歳であっても一緒なんじゃないかな、と。寧ろ一緒でありたいという夢をもっている人もいるんじゃないかなと(それって自分??;)。
そんなポップでキュートな大人の甘い恋、を子供と甘味のイメージである「棒付きの飴玉」という比喩で表してみた次第です。

長々と寒いこと書いてすみませんが、質問のお答えになっていましたら幸いです。
ちなみに「椿18。」の方はもっと何も考えずにつけました;これ実はPC内で使っていた小説ファイル名でして、下書き段階で「椿と言う名前の女の子の出てくる18禁小説」という意味で記号的につけたものなんですよ(笑)
でタイトルをどうしようかなと悩んだ時に、語呂がいいかな?とまず思い、「椿という女の子の、18歳という年齢での身体の絡んだ恋愛」という意味に変えて、そのままタイトルにしてしまったというわけです…。初連載だったので、変わったタイトルだと目を引くかな、というのもありました;
でもタイトルがそういう意味だったからこそ、ただの官能小説としてだけでなく、「18歳」という大人になる手前の年齢の、「椿」という少女の成長にこだわった内容となった次第です。

つまりは、タイトルセンスなくてごめんなさい!ということで(涙)

以下はいただいた拍手メッセージへのレスです↓
前回の長文語り、読んでくださったうえに拍手押してくださった皆様、ありがとうございます~!!

ブログTOPへ
 
 
>11/26 18時に日記に拍手くださったH様
こちらこそ、お返事読んでくださりありがとうございますv新作の方早速のコメント、感謝申し上げます!
新連載のタイトルの読み方ですが、由来も一緒に今日の日記に書きましたが、こんな回答でよろしかったでしょうか…。お言葉を励みに、これからも更新頑張ります!拙作を楽しみにしてくださり、本当に本当にありがとうございます。

>11/27 0時に日記に拍手くださったみのる様
再びのありがたいご感想に涙しております!新連載、どちらも読んでくださったんですね~。興味持っていただけて、大変嬉しく思います。椿最終回へもコメントありがとうございました。そのように思っていただけて、本当に書いてよかった、と心から安堵しております。
こちらこそ読者様からの励ましがあるからこそ頑張れます!本当にありがとうございましたv
 
 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/89-71e3a1f7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。