碧落の砂時計 もがいてるよー。

碧落の砂時計

オリジナル恋愛小説の作品紹介+更新情報+お話置き場。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
※追記です。「月姫異聞」が読みにくかったので、ブログで再掲載を始めました!文章は修正しますが内容は全く変わりません。(実は他の作品も全部修正しています~。現在密かに「ネムリヒメ。」も毎日少しずつやってます…長い…;)

さて現在はネムリヒメ。の続編の下書き中です。また日曜日あたりにUPできることを目標にがんばってます~。
一夜ってこんなにえろえろだった!?とつっこまれそうなほど、今回も懲りずにえろネタ攻めです。相変わらず作者も泣き笑いしていますよ;全話Hネタで突っ走るつもりかよ、私は、みたいな。(呆れられてませんかねえ…とどきどき)
いやもちろん、この連載はただのえろ目的ではなく、10代の未成年の立場では悩まないような30代の女性の生き方と言いますか、大人の「性」に対する葛藤と言いますか、そういったものも書けたらなと考えています。
それこそそういった内容はリンク先様(年齢制限あるので直リンクしませんが、リンク先またはブロともの廣瀬様のページへどうぞ~)でしっかりと取り扱われておいでなので、自分などの書き方としてはやんわりと入口の問題提起だけして、あとはただのらぶらぶになっていくのですが…やはり続編ですから、基本は主役二人の甘らぶ生活が書きたいので、そのあたりはさじ加減を考えながら書いていくつもりです。
でもってやっぱりえちい場面とかも書きたいんですがね;相手役視点の悶々とかもv


さて、今日は(も?)ちょっぴり落ち込み気味です。前から言ってたオフの関係で今までみたいに書けなくなるかもーの件ですが、どんどん具体的にタイムリミットが見えてきちゃいました…。
まだ先のことなのでその時にまたブログに書きますが、とりあえず2月(早ければ1月後半)から、完全に今の作業時間の半分以下になりそう(涙)その後3、4月は多分ほとんど書けない状況…かも!?
5~6月以降は、ほんっとえらいことになりそうで(←今日わかった)、どんな作業環境になるのかまったくもって予測不能、という感じです。(まだはっきりと書けないので、意味不明でごめんなさい)

でも今のように、好きなことを好きなように書けてご反応がいただける、この環境は私にとって何ものにも変えがたい幸せなことなので、どんなに細々とでも執筆やサイトを続けていたい、休止することは嫌だな、ともがいているところです。
とりあえず今から少しずつ、空き時間を作って(更新が今のうちからややゆっくりになるけど)書き溜めていこうと思っています。だからほんと執筆ばかりに時間を使って、前言ってた好きなお話の紹介とか全然できていないし、交流もできてないし不義理になっちゃっていたり、その間にもがんがん更新や挑戦をされている方や文章力のある方を見ると、もっともっと自分もがんばりたいようーと発奮されて、でも同じようにはできなくて苦しくなったり。

週2更新が、これから2週間に1度とかになってしまうかもしれないけど、それじゃつまらないと思われてしまうかもしれないけれど、それでもどうにか書き続けていたいなあと貪欲に思っています。実際、その変化が本当に訪れる半年後に、今の読者様の何割の方がまだ読んでくださっているかは分からないけれど、私自身がそうしたいので。何よりも書きたいものが多すぎて困ってしまう。(リクいただいている続編ものは少なくともみんな書きたいです!)
でも今は世界中でインターネットが使えるから、何処にいても何をしていても、こうしたものが変わらず発信できるので便利な時代になったものですがね…。

不安と悔しさから、また愚痴みたいな感じでごめんなさい(情けねえ)。
いつも拍手ありがとうございますv以下は拍手メッセージのお返事になります!↓

ブログTOPへ 
 
 
>12/4 13時にR18新連載のタイトルについてに拍手くださったH様
回答のほう、読んでくださってありがとうございます!長くなってしまいすみませんでした。
きっと私も憧れているのは同じですよ~。だからああいうのを書いてしまうんでしょうねv自分などの作品でよろしければ、またいつでも仮想空間を楽しんでやってくださいませ♪お心のこもったお言葉、大変嬉しく思います。これからもできる限り、更新頑張ります!
 
 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hekirakunokazamidori.blog106.fc2.com/tb.php/92-a5c5b6a5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。